マットレスの処分方法と注意点について

マットレスのようにサイズや厚さのあるものは、不要品として処分をするのも大変です。
ここでは、不要になったマットレスの処分方法についてご紹介したいと思います。
引っ越しや買い替えで不要なマットレスをお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

マットレスのリサイクルについて

不要品の中でも家具や家電は、比較的処分がしやすいかもしれません。特に、家電の場合は中古品の需要が大きいため、リサイクル(売買)のしやすい商品と言えるでしょう。

しかし、マットレスのように「消耗品として使われる商品」は、中古市場でも買い手の付きにくい商品です。

カーペットやラグなどのあるマットレスは、クリーニングをすれば中古での買い取りも(多少)期待ができます。ただ、ベッドに敷くマットレスは汗を吸収する商品です。このため(衛生的な問題もあり)リサイクルショップに持ち込みをしても「買取が難しい」というのが現状です……。

マットレスを処分する方法

自治体に回収を依頼する

自治体によって条件は異なりますが、スプリングなしのマットレスは1,000円前後、スプリングの入ったマットレスは2,000円以上の処分費用(回収費用)が必要になります。また、低反発素材のマットレスも同じく、1,000円〜2,000円ほどの費用が掛かります。

まずは、自治体のゴミ回収センターに連絡を取り、回収日を確認してから、最寄りのコンビニや指定される店舗で「リサイクル券」を購入しておいてください。(回収日当日は)ゴミ収集場所にマットレスを置いておけば、そのまま回収・処分をしてもらえます。

買い替えを検討中の方は?

これから「新しいマットレスを購入する」という方は、購入する店舗で不要なマットレスの引取・回収ができるか確認してみましょう。店舗によって受けられるサービスは異なりますが、無料で回収できる店舗もあるようです。また、有料回収の場合は1,000円〜3,000円までの費用で、マットレスを処分してくれるはずです。

不要品回収のプロに任せる

持ち運びの大変なマットレスは「不要品回収のプロ」に任せるのが良いアイデアと言えます。マットレス以外の不要品があれば、セットで回収を依頼することで、格安に処分できるかもしれません。

最初にご紹介した「家電や家具などの不要品」と合わせて回収することで、買取価格が付く可能性も高いです。買取できる商品があれば、自治体や店舗に回収を依頼するよりも、格安の費用でマットレスの回収が行えます。

また、万が一買取できない商品でも「不要品回収のプロ」なら、どこよりもリーズナブルな費用で不要なマットレスの回収・処分をしてくれるので安心です。

マットレスを処分する際、注意点とは?

エアマットレス、ウォーターマットレスのような特殊な素材は、空気や水を抜いてから回収・処分に出しましょう。
処分のしやすい状態にしておけば、ゴミ出しや回収も楽になります。