使用済み電池の捨て方について知りたい方へ

消耗品である「電池」は使えなくなってしまったらどのように捨てていますか?
燃えるゴミとして捨てていいのか、それとも特別な捨て方があるのか…迷っている人も多いでしょう。
正しい方法で捨てなければ自然を壊してしまう恐れもあるのでしっかり知識を身につけておかなければなりません。
使い捨て電池の正しい捨て方について解説していきます。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

電気店の回収ボックスを利用しよう

乾電池の処分について悩んでいる人が多いのか、市町村のホームページでは電気店の回収ボックスの利用をオススメしているところが多くみられます。
町にある電気店や大型家電量販店には必ず使用済み電池を回収するためのボックスが用意されているはずです。
そこに使用済みの乾電池を入れましょう。
お店にいけばスタッフに尋ねるとどこに置いてあるのか教えてくれます。
後はそのボックスに使用済み電池を入れるだけです。
仕事前に立ち寄ったり、何かほかの家電製品を購入するときについでに使用済みの電池を持ち運ぶと良いでしょう。
電気店の回収ボックスの利用はお金がかからないので安心してください。
1番気軽に捨てることができる方法ではないのでしょうか。

自治体によって違う捨て方

使用済み電池の捨て方は自治体によって違います。
例えば、ある地域では市町村内のあちこちに置いている回収ボックスに入れてくださいと促しているところもあり、また違う地域では、「有害ゴミ」「不燃ゴミ」として捨ててくださいと表示しているところもあるのです。
自治体のゴミとして捨てるときは、必ずホームページをチェックして確認してください。
その際、適切な捨て方について指示されています。
ビニール袋にまとめていれて「電池」と表に記しておかなければならないこともあるので要注意です。
使用済み電池をそのままゴミ箱に捨てて処分する人やポイ捨てをしている人もよくみかけますが、それは絶対にしてはいけない捨て方です。
自然環境を破壊してしまいますし、発火する恐れもあるため注意して捨てなければなりません。

捨てるときの注意点

使用済み電池を捨てるとき、注意しておかなければならないことがあります。
それは捨てるまえにプラス極とマイナス極をきちんとビニールテープで絶縁しておくことです。
ビニール袋に入れて封をしてもOK。
そのまま捨ててしまうと破裂・発火し、事故につながることもあるので注意してください。
詳しいやり方はインターネットで検索すれば出てくるでしょう。
ビニール袋にまとめる方法は誰でもできることです。
たった少しのことが大きな大事故を防ぐことができます。使用済み電池を捨てるときは必ず正しい方法で捨ててください。

まとめ

使用済み乾電池の捨て方は主に2つの方法が挙げられます。

  • 電気店や町内においてある回収ボックスを利用する
  • 自治体の捨て方に沿って捨てる

どちらかというと、電気店の回収ボックスを利用する人が多いようです。
ほとんどの電気店に回収ボックスは設置されていますし、町内にもさまざまな施設に置かれていると思います。
ホームページをみると設置場所を確認することができるのでぜひチェックしてください。