家電を買い替える最適な時期・タイミングはいつ?

みなさん、家電の買い替えに最適な時期をご存じですか? 家電は「壊れた時に買い替えよう」という考えでは、電気代などの問題で大きく損をする可能性があります。そこで、今回は「家電の買い替えに最適なタイミング」について詳しくご説明します。

  1. 家電の買い替え・最適な時期やタイミングは?
  2. こんなに違う! 新型家電の買い替えで節約に大きく貢献
  3. 家電の買い替えは省エネルギーをベースに考える
  4. 不具合・故障のある家電は早めに直す
  5. 家電の買い替え・古くなった家電はどうする?

1.家電の買い替え・最適な時期やタイミングは?

使える間は、捨てずに使い続けようとする姿勢は「モノを大切にする」という観点では、大切なことです。ただ、電気代のことを考え「節電を心掛けたい」という方は、効率良く家電の買い替えを検討する必要があります。

2.こんなに違う! 新型家電の買い替えで節約に大きく貢献

省エネに大きく貢献してくれる家電には、以下のものが上げられます。

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 乾燥機
  • 洗濯機
  • 照明器具など

こうした家電の買い替え・見直しだけで、年間数千円〜一万円ほど電気代が安くなるケースもあります。節電を重要視される方は、ぜひ「省エネ家電」への買い替えを検討してみてください。

3.家電の買い替えは省エネルギーをベースに考える

熱を発するものや長時間使用するものは、省エネルギーに貢献してくれる製品を使用してください。また、電力を多く必要とするものは、節約効果の高い製品へ買い替えを検討しましょう。反対に、短時間しか使わないような家電は、無理に買い替える必要はありません。

3-1.進化し続ける新型家電

家電は年々進化しており、わずか数年の違いでも、省エネ効果の高さは大きく異なります。故障をしていない、もう少し使えそうな家電でも「電力を消費し過ぎる」ものは、買い替えを検討する必要があるでしょう。

4.不具合・故障のある家電は早めに直す

故障をしている家電をそのまま、数年も使い続けるのは大変危険です。操作や動作で不具合を感じたら、早めに修理に出すようにしましょう。保証期間であれば、無料で交換や修理に応じてもらえます。また、家電量販店の保証制度を利用して、無料で修理や交換に出すことも可能です。 ただし、古い家電の修理には費用が高くなることも多く、この場合は「買い替えた方が安い」ということも多いです。新古購入か修理か、双方を比較してから修理に出してください。

5.家電の買い替え・古くなった家電はどうする?

5-1.家電量販店で引き取りを依頼する

家電量販店で「新しい家電」を購入する場合は、古い家電の引き取りを依頼しましょう。ただ、この場合は「リサイクル料」や、引き取り手数料などを別に支払う必要があるので注意しましょう。

5-2.自治体に引き取りを依頼する

家電によって価格は異なりますが、3,000円〜5,000円前後で古い家電を「粗大ごみ」として回収してもらえます。月に2回〜4回程ある「収集日」に合わせて予約・処分をしましょう。

5-3.プロの不用品回収業者に依頼を行う

不用品回収を専門に行う業者であれば、家電一品からでも、好きな時間や曜日に合わせて回収に来てくれます。また、リサイクルできる家電なら、その場で高価買い取りにも応じてくれるのでムダな出費も省けます。 古い家電の引き取りを「リーズナブルに済ませたい!」という方は、プロの不用品回収業者に、家電の引き取りを依頼しましょう。