家具の選び方で失敗したくない! 上手にレイアウトするコツも伝授!

「家具を購入したいけど失敗したくないので、選び方のポイントを知りたい」とお考えではないでしょうか。 家具は種類もタイプもさまざまにあるので、どんな基準で選んでいいのかよく分からず、迷ってしまいますよね。せっかく購入するのなら、さまざまなポイントをチェックして満足度の高い家具を選びたいものです。

そこで今回は、家具の選び方について詳しく解説します。

  1. 家具を選ぶ前にチェックしておくことは?
  2. 家具を選ぶときのポイント
  3. 家具をセンスよくカラーコーディネートするポイント
  4. 家具を上手にレイアウトするコツは?
  5. 家具の選び方に関するよくある質問

この記事を読むことで、家具を選ぶポイントやレイアウトのコツなどがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

 

1.家具を選ぶ前にチェックしておくことは?

最初に、家具を選ぶ前にチェックすべきことを見ていきましょう。

1-1.必要な家具の種類

家具選びの前に、どんな家具が必要か確認しておきましょう。今ある家具に買い足すのか、買い替えるのかによっても異なるはずです。場合によっては、複数の家具を同時に購入することもあるでしょう。どんな種類の家具が欲しいのか考えた後で、色や素材など具体的な条件を細かく検討していくことをおすすめします。

1-2.間取りの広さや窓・扉の位置

間取りの広さや窓・扉の位置を正確に測定してください。いつも目にしていても、正確な広さや位置を把握できているとは限りません。部屋によっては、隅に柱が出ている、壁と床の境界に化粧板を貼っているなど、細かな条件が異なるものです。きちんと測定しておかないと、家具をレイアウトしたときに使いづらくなってしまいます。

1-3.どの程度予算を出せるか

家具選びの予算も重要なポイントです。予算が限られている場合、なるべくリーズナブルに購入できる方法を選ぶ必要があります。また、家具が安くなるタイミングを考えることも大切です。同じ家具でも、業者やタイミングによって購入金額に随分と差が出ます。普段から業者のホームページやチラシをチェックして、セール情報を見逃さないことも大切です。

2.家具を選ぶときのポイント

家具を選ぶときの主なポイントを詳しく見ていきましょう。 

2-1.家具のサイズをきちんと測定する

家具選びに欠かすことができないポイントが、家具のサイズをきちんと測ることです。いくら気に入った家具でも、部屋に設置できない、うまくレイアウトできないというのでは困ります。家具を選ぶときは、配置場所を想定し、設置可能なサイズを割り出しておきましょう。なお、家具の形状や種類によっては、設置場所に余裕を持っておく必要があります。購入してから慌てることがないよう、注意してください。

2-2.家具の素材も重要なポイント

家具に使われている素材も、きちんとチェックして選びましょう。家具の素材によって随分と使い心地や性能に差が出るのでじっくり検討してください。たとえば、ナチュラルな風合いや高級感を求めるなら、木材やガラスを使用した家具がおすすめします。プラスチック製や集積材(再生紙や木片などを圧縮したもの)を使用した家具は耐久性に劣りますが、安価に入手できるのがメリットです。それぞれのメリット・デメリットをよく理解して選ぶといいでしょう。

2-3.求める機能性を満たしているか

家具を選ぶ際に、求める機能性を満たしているかも重要なポイントです。今使っている家具にどんな不満があるのかをチェックし、解消できるものを選ぶと間違いありません。たとえば、収納家具を選ぶときは収納量の多さだけでなく、引き出しなどの使い勝手もきちんと確認しておきましょう。ベッドなどの寝具は、寝心地やお手入れのしやすさも見ておく必要があります。そのほかにも、折りたたみ式や可動式の家具なら、狭いスペースを有効活用できるでしょう。価格が安くても機能性が低いと使うたびに不満がつのり、結局早く買い替えることになるのでおすすめしません。

2-4.耐久性もしっかりチェックしよう

家具を選ぶときは、耐久性もチェックしておくべきです。家具は、購入後数年程度は使用することになります。耐久性に乏しい家具では、買い替え頻度が高くなり、出費や手間がかさむのがデメリットです。初期費用が高くても耐久性の高い家具を選べば、長い間状態よく使え、手入れも楽に済むなど多くのメリットがあります。予算を考えながら、なるべく耐久性の高い家具を選ぶといいでしょう。

3.家具をセンスよくカラーコーディネートするポイント

家具をセンスよくカラーコーディネートする主なポイントをご紹介しましょう。

3-1.実現したいイメージに合った色合わせをする

家具をカラーコーディネートするときは、理想のイメージを実現する色調を考慮することが大切です。たとえば、以下を参考にしてください。

  • ナチュラル風:ベージュ・白・茶色などの自然をイメージする色を中心にする
  • カントリー風:ナチュラル風のカラーに赤や緑を加える
  • シティモダン風:白や黒のモノトーン色がメイン
  • 南国リゾート風:茶色をベースに、ターコイズブルーや緑・黄色などをアクセントにする
  • オリエンタル風:濃い茶色に紫・赤などをポイントにして組み合わせる

3-2.アクセントカラーを少量加える

家具のベースカラーに、アクセントカラーを少量加えることでセンスよく仕上がります。アクセントカラーでは、赤・青・黄・緑・紫などハッキリした色が代表的です。また、暖色ベースなら寒色、寒色ベースなら暖色を選ぶのもいいでしょう。アクセントカラーは、あくまでも少量使うことで生きます。大量に使うと全体にまとまりがなくなり、理想のイメージから遠ざかるので注意しましょう。

3-3.色数を抑えることが大切

色数を抑えてカラーコーディネートすると、上品かつセンスよく仕上がります。多色使いでも楽しいイメージになりますが、落ち着きがなくなるのがデメリットです。まずは、広い面積に使うベースカラーを1色決め、サブカラーを1~2色選ぶといいでしょう。それぞれの色のトーンを統一すれば、ますますセンスのいい配色になります。

3-4.インテリア雑誌やモデルハウスなどの実例を参考にする

家具のカラーコーディネートを決めるときは、インテリア雑誌やモデルハウスなどの実例を参考にすることをおすすめします。多くの実例を目にすることで、理想のイメージを描きやすくなるものです。気に入ったパターンがあったらストックしておき、家具選びやカラーコーディネートのお手本にしましょう。

4.家具を上手にレイアウトするコツは?

家具をレイアウトするときのコツを詳しく見ていきましょう。

4-1.動線を考える

家具をレイアウトするときは、動線を考えることが大切です。適当にレイアウトしてしまうと動線が機能せず、移動しづらかったり使いづらかったりします。せっかくお気に入りの家具を選んでも、生活しにくいのでは意味がありません。実際にレイアウトする前に、どんな順番でどんな動きが発生するか、きちんと考えておきましょう。

4-2.大きな家具から配置していく

家具のレイアウトは、大きな家具から配置していくのがおすすめです。大きな家具を最初に配置し、そのほかの家具をレイアウトしましょう。最後に大きな家具を配置しようとしても、スペースが足りなくなることがあります。また、家具を移動しづらいので設置するのも一苦労でしょう。

4-3.家具の高さや色をそろえる

家具の高さや色をそろえてレイアウトすると、スッキリ見えます。特に、十分な広さがない部屋で高い効果を実感できるでしょう。空間を広く見せたいときは、背の低い家具を並べることがおすすめです。背の高い家具は、部屋の隅や壁側に沿ってレイアウトするといいでしょう。

4-4.窓や扉の位置に注意する

窓や扉の位置に注意してレイアウトすることも大切です。背の高い家具を窓の前に置くと、日当たりや風とおしが悪くなってしまいます。また、直射日光が当たる位置では、家具の色あせや傷みの原因になるので注意が必要です。さらに、扉の開閉に影響しないように考える必要があります。家具をレイアウトした後、扉の開閉がしづらくなることがないようにしましょう。

5.家具の選び方に関するよくある質問

最後に、家具の選び方に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.好きなブランドで家具をそろえてもいい?
A.特に問題ありません。さらにシリーズでそろえれば統一感があり、部屋にレイアウトしても違和感なくなじむことでしょう。

Q.子ども部屋の家具を選ぶときのポイントは?
A.安全性を第一に選ぶことがポイントです。ガラス製やプラスチック製などの家具は、ものによっては破損しやすいので注意してください。また、勉強机などは、成長に合わせて使い方をアレンジできると便利でしょう。さらに、子どもにも好みを尊重し、一緒に家具選びをすることをおすすめします。

Q.将来買取に出すことを考えて家具を選ぶのはダメ?
A.問題ありません。有名ブランドの家具で状態のいいものは、中古でも高値で取り引きされています。普段からキレイに使うように心がければ、有利な条件で買取してもらえることでしょう。

Q.高価な家具ほど耐久性に優れる?
A.一概には言えません。高価な家具でも、素材や作りによっては耐久性に乏しいこともあります。また、使用環境や使い方により、想定するほどの耐久性が期待できないこともあるでしょう。

Q.家具は定期的に買い替えたほうがいい?
A.いいえ。必ずしも定期的に買い替える必要はありません。不具合などにより使いづらい、素材が劣化して見た目が悪くなったなど、などを目安に買い替えるといいでしょう。

まとめ

今回は、家具の選び方について詳しく解説しました。家具を選ぶときは、好きな色・デザインだけを重視すると失敗しやすいので注意しましょう。まずは、どんな種類の家具が欲しいのかを考え、部屋の間取りや条件などを確認しておくことが必要です。実際の家具選びでは、家具のサイズ・デザイン・素材・機能性・耐久性など、さまざまなポイントをチェックしてください。さらに、カラーコーディネートを考え、レイアウトにも配慮することで理想的な部屋に仕上がることでしょう。