モニターの買い替えで最適な時期や方法は? 詳しく解説!

モニターは、必要な情報をビジュアルで表現してくれるため、日々の生活や仕事に欠かすことができないものです。しかし、モニターにも寿命があります。また、不具合などでも買い替えを考えている人もいることでしょう。そこで、今回は、モニターの買い替えに最適な時期や方法をはじめ、古いものをお得に処分する方法まで詳しく解説します。

  1. モニターの基礎知識
  2. モニターの買い替えについて
  3. モニターの買い替えに伴う処分について
  4. モニターの処分を回収業者に依頼する場合
  5. モニターの買い替えに関するよくある質問

この記事を読むことで、モニターの買い替えで適切な時期が分かり、不要になったものもお得に処分できます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


1.モニターの基礎知識

最初に、モニターの基礎知識を学びましょう。種類や寿命についても解説します。

1-1.モニターとはどんなもの?

モニターとは、映像や音声を映し出す機器のことです。用途はさまざまで、パソコン用・テレビ放送受信用・実験データ表示用などがあり、ディスプレイと呼ばれることもあります。モニターがあることで、さまざまな情報を視覚で確認し、活用できるのです。

1-2.モニターの種類

モニターには、主に以下のような種類があります。

  • CRT(ブラウン管)モニター
  • 液晶モニター
  • プラズマモニター

1-3.モニターの寿命について

液晶モニターは寿命が長いと言われていますが、約10年が目安です。実際には、完全に寿命を迎える前に、画面が暗くなる・筋が入る・色ムラが出るなどの不具合が出ます。また、電源のONとOFFを繰り返す・24時間使い続けるなど、機器に負担をかける使い方をすると寿命が短くなるので覚えておきましょう。

2.モニターの買い替えについて

モニターの買い替えについて、タイミングや方法・流れなどを解説します。

2-1.モニターを買い替えるタイミング

以下の症状が出ている場合、モニターを買い替えるタイミングと言えます。寿命が近づいているので速やかに買い替えを検討しましょう。

  1. 画面に線が入る
  2. 明るさ調整をしても暗い
  3. 色ムラがある
  4. 画像がぼやける

2-2.モニターは修理できる?

たとえば、メーカーの保証期間内なら可能性は高いでしょう。また、保証期間外であっても簡単な部品交換で故障が直る場合もあります。しかし、経年変化による劣化が広範囲にわたっていたり、補修部品が生産完了し在庫が欠品していたりする場合は、不可能です。修理可能な場合でも、費用が高くつくときは買い替えることも考えましょう。

2-3.モニターの買い替え方法や流れ

モニターを買い替えるのなら、完全に故障する前にしましょう。故障する前なら、余裕を持って機種を選ぶことができます。また、内部データの消去など必要な作業をする時間もあるでしょう。どんな機種がいいのか具体的な機能をリストアップし、複数の業者を比較して料金や保証内容などを比較してベストなところで購入してください。なお、買い替える場合は、同時に古いモニターの処分ができないか確認しておきましょう。無料で処分できるのなら利用するとお得です。

3.モニターの買い替えに伴う処分について

モニターの買い替えには、古いものの処分がつきものです。どんな処分方法があるのかについて、注意点などを含め詳しく解説します。

3-1.モニターの処分について

モニターの処分で主な方法を解説します。

3-1-1.自治体に依頼する

モニターでも、パソコン用のものは一般ゴミとして取り扱うことができません。パソコン用モニターは、パソコンリサイクル法によって指定があり、メーカーが責任を持って回収することを基本としているからです。なお、テレビ放送用のモニターでも、家電リサイクル法の指定があるため、ゴミとして出すことはできません。

3-1-2.家電量販店に回収してもらう

モニターを家電量販店で買い替える場合、古いものを回収してもらえることがあります。新規購入者向けのサービスとして行っていることが多いので、調べてみましょう。回収方法は、店頭持ち込み・指定業者による回収などとなります。詳しくは、家電量販店の担当窓口に問い合わせてください。

3-1-3.メーカーに回収してもらう

パソコン用モニターの場合は、パソコンリサイクル法の指定品目であるため、メーカーに回収依頼が可能です。PCリサイクルマークがついているものは無料・ついていないものは有料にて回収してもらえます。有料回収となる場合は、以下を参考にしてください。

  • CRTモニター:1台3,240円(税込み)
  • 液晶モニター:1台4,320円(税込み)

3-1-4.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者でも、不要になったモニターの処分を依頼できます。ただし、業者によってCRTモニターは回収対象外となることがあるので注意してください。また、液晶モニターで画面が割れているものも除外とする場合があります。詳しくは、業者に確認してください。

3-1-5.リサイクルを考える

まだ新しくて状態のいいものは、積極的にリサイクルを考えましょう。たとえば、リサイクルショップやインターネットオークションなどでリセールすることをおすすめします。

3-2.モニターの買い替えに伴う処分に関する注意点

モニターを処分するときは、内部データが残っていないか確認しましょう。モニター内部にHDD(ハードディスクドライブ)を内蔵しているものは、個人データが残っている場合があります。必ず消去してから処分してください。なお、必要なデータは別途バックアップを取ってから消去しましょう。

4.モニターの処分を回収業者に依頼する場合

モニターの処分は、回収業者に依頼すると何かと便利です。信頼できる業者の選び方をはじめ、賢く利用するためのポイントを解説します。

4-1.回収業者選びのポイントを解説

モニターの回収を依頼するためには、信頼できる業者を選ぶことが重要です。主に、以下のポイントが当てはまれば安心できます。

  • モニターの回収実績が豊富
  • 資源リサイクルに力を入れている
  • 状態のいいものは買い取りもしている
  • 回収費用がリーズナブル
  • 見積もり・相談は無料
  • 希望の場所・日時指定ができる
  • スタッフの受け応えが親切で顧客からの評判もいい
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可などを得ている

4-2.モニターの処分を回収業者に依頼する場合のメリットとデメリット

回収業者に依頼した場合のメリット・デメリットについて学びましょう。

4-2-1.メリット

  • 自分で運ばなくてもいい
  • モニター以外の不用品も回収できる
  • 故障していても回収できる
  • 日時・場所指定ができる

4-2-2.デメリット

  • 回収費用がかかる
  • 業者選びを慎重に行う必要がある(悪質業者が存在するため)

4-3.モニターの処分料金について

回収業者にモニターの処分を依頼した場合、1台につき数千円程度の費用がかかります。モニター1台だけを処分依頼すると割高になることもあるでしょう。ほかの不用品や買い取り対象品と同時に処分依頼をするとお得に処分できます。まずは、業者に見積もりをもらって検討してください。

4-4.モニターの回収方法

業者では、以下のような方法でモニターを回収しています。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便を利用して業者に送付する
  • 出張回収:依頼者が場所と日時を指定し、業者が回収する

モニターは重さがあり精密機器でもあるため、落下などによる破損が心配です。宅配回収もしくは、出張回収をおすすめします。

4-5.回収業者に関する注意点

回収業者の中には、悪質なところも多いので注意が必要です。たとえば、古物商許可や産業廃棄物収集運搬許可など必要な許可を得ておらず、違法営業を行っている業者もあります。また、許可を得ていても、電話勧誘や住宅街を営業車で巡回しているところには注意しましょう。無料回収を言いながら、自宅に無理やり上がり込んで貴金属類などを不当に安い価格で買い取る「押し買い」が増えています。モニターの処分は、自分の目で選び、信頼できると確信した業者に依頼しましょう。

5.モニターの買い替えに関するよくある質問

最後に、モニターの買い替えに関するよくある質問に回答します。実際にほかの皆さんが疑問に思うことはとても役に立つことでしょう。

Q.モニターを複数台買い替えるときの注意点は?
A.できるだけ1回で処分できる方法を選ぶと楽です。メーカーに処分依頼をする場合、1台ごとに手続きが必要になるだけでなく、最長2週間程度待つ可能性があります。たとえば、不用品回収業者に依頼すれば、1回で処分でき、場所と日時を指定できて便利です。まとめて処分することで、回収費用もお得になるので検討してみましょう。

Q.モニターをリセールする際に高額で買い取ってもらうコツは?
A.できるだけ高額で買い取ってもらうためには、以下のポイントに気をつけてください。

  • キレイにクリーニングしておく
  • 保証書・付属品などをそろえておく
  • できるだけ早い時期に売る(新しいモデルが出ると中古相場が下がるため)
  • 高額でリセールできる方法を選ぶ

なお、ネットオークションは、タイミングがよければ思わぬ高額で落札してもらえることがあります。ただし、取り引きに慣れていないと個人トラブルに巻き込まれる可能性がある点は理解しておきましょう。

Q.CRTモニターは需要がないのでしょうか?
A.日本では、現在、地上デジタル放送が普及しています。地上デジタル放送のメリットを生かすには、液晶テレビやプラズマテレビなどが向いているため、CRTモニターは需要がありません。また、消費電力の大きさや広い設置場所を必要とする点からも、時代に合わなくなってきていると言えます。しかし、海外向けの輸出に力を入れている業者なら回収に力を入れていることもあるので調べてみるといいでしょう。

Q.業者で回収したモニターはどのように処分するのですか?
A.状態のいいものは、クリーニングおよび簡単な調整をして中古品として再販します。中古品として再販できないものや故障しているものは、分解して資源リサイクルに回すのです。いずれにしても、きちんとした業者なら、不法廃棄をすることなく有効にリサイクルしているので安心してください。

Q.新しいモニターでも買い取り不可のケースがあると聞きましたが?
A.新しくても、海外製の粗悪品・無名メーカーのもの・盗品の疑いがあるものは、買い取りしてもらえません。業者が買い取りをするのは、中古品として再販する目的があるからです。そのため、新しくても中古市場で需要がないものは買い取り不可となります。ただし、業者によって買い取り基準が異なるので確認してみましょう。

まとめ

今回は、モニターの買い替え時期や方法について詳しく解説しました。どんなタイミングで買い替えるかだけでなく、不要になったものの処分方法に関しても深い知識が身についたことでしょう。なお、モニターには、レアメタルなどの大切な資源が含まれています。適切な処分をすることで、限りある資源を有効活用しましょう。モニターの処分は便利でお得な不用品回収業者に依頼することをおすすめします。信頼できる業者に依頼することで、お得に処分できて満足できることでしょう。