故障? 修理? プリンターの買い替え時期や廃棄処分方法まとめ

写真やハガキ・事務処理など、家庭でもプリンターを使って印刷する方が増えてきています。プリンターを頻繁に使う方や、高機能なものに買い替えたいという方も少なくありません。そこで今回は、プリンターを買い替えるにあたって、古いプリンターの処分方法やお得なポイントなどをご紹介します。

  1. プリンターの買い替えについて
  2. プリンターの買い替え方法
  3. プリンターの買い替え時は、残ったデータに注意
  4. プリンター処分~回収業者に頼む場合
  5. よくある質問
  6. まとめ

プリンターの買い替え時期について知りたい方・プリンターが故障したかも? という方・プリンターの処分方法が分からないという方・なるべく楽に安くプリンターを処分したい方にはぴったりの記事になっています。一つでもあてはまった方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

1.プリンターの買い替えについて

1-1.プリンターの買い替える時期とは?

プリンターは、以下のような症状が出てきたら買い替え時期と言えます。

  • 印刷が荒い
  • 異音がする
  • 不具合やエラーの頻度が高くなってきた
  • 寿命が近づいてきた
  • 修理用部品がメーカーにそろっていない

1-2.プリンターを修理する場合

まだ新しいものや保証期限内のプリンターは、買い替えよりも修理に出したほうが安く済む場合があります。保証書の有無と、故障内容をよくチェックしてみましょう。故障の状況については、HPや説明書などのFAQで解決する場合もあります。サポートセンターに電話をすると丁寧に対応してくれるでしょう。

2.プリンターの買い替え方法

2-1.買い替えの流れ

プリンターを買い替える場合は、古いプリンターの処分方法を決める必要があるでしょう。自治体で処分する・リサイクルに出す・不用品回収業者を利用するなど、さまざまな方法があるので、次項よりご紹介します。

2-2.プリンターの処分について

2-2-1.プリンターを自治体回収に出す

プリンターを粗大ゴミとして自治体回収に出すには、下記のような流れとなります。

  • 市や区のHPなどで、粗大ゴミ申請を行う
  • 粗大ゴミ処理券・シールを購入する(スーパーやコンビニなど)
  • 回収日になったら、プリンターを回収場所まで持って行く

プリンターの粗大ゴミ料金の相場は1,000円程度です。点数ごとに料金がかかるので注意しましょう。

2-2-2.プリンターを家電量販店の下取りに出す

家電量販店が下取りサービスを行っている場合、無料~数百円の手数料でプリンターを引き取ってもらえることがあります。店舗でプリンターを買う際は、事前に下取り有無を確認しておくといいでしょう。店舗や型番によっては、新しいプリンターの価格から割引してもらえることもあります。

2-2-3.不用品回収業者

プリンター以外にも不用品がある場合は、回収業者の利用もおすすめです。1点や2点の回収では高くついてしまいがちですが、複数点をまとめて処分すればかえってお得になることがあります。また、自分で回収場所や店舗などで運搬が難しい場合には、回収業者の出張サービスを利用しましょう。家にいながらにしてプリンターを処分することができます。

2-2-4.リサイクルについて

家電を取り扱っているリサイクルショップにプリンターを持ち込むことで、買い取り価格を査定してもらうことができます。新しいものや美品のもの、大手メーカーのものは買い取りしてもらえる可能性があるでしょう。故障品や汚れがひどいものは買い取り不可となることがほとんどなのでご注意ください。

2-3.インクなどの周辺部品について

インクカートリッジやコピー用紙は、以下のような処分方法があります。

  • 家電量販店や自治体のリサイクルボックスに投入する
  • 買い取り・回収時に一緒に預ける
  • 自治体のゴミ区分にしたがって捨てる(不燃ゴミ・機械ゴミ・古紙・資源ゴミなど)

純正品のインクカートリッジは、新品で買うと高額なので、未使用のものがあれば人に譲ってあげると喜ばれるでしょう。

3.プリンターの買い替え時は、残ったデータに注意

3-1.データの残るプリンターもある

プリンターによっては、内蔵メモリにデータが残っている場合もあります。プリンターを手放す前に、必ずデータの有無を確認し、あれば消去しましょう。

3-2.チェック方法

お持ちのプリンターがメモリを内蔵しているかどうかは、説明書や型番を検索することで調べることができます。仕様のページに「内蔵メモリ」という項目があれば、データを消去する必要があるのです。

3-3.データ削除の必要性

プリンター内に重要なデータが残っていることはあまりないと思われがちです。しかし、住所・氏名・クレジットカード情報など金融に関すること、うっかり漏れてしまうと困るデータもないとはいいきれません。内蔵メモリがある場合は、説明書などの手順にしたがってしっかりデータを消去しましょう。

3-4.付属品にも注意!

プリンターの内蔵メモリ以外にも、注意すべきことがあります。

  • 印刷用紙の残り
  • USBメモリ・SDカードなど、外部メモリが刺さりっぱなしになっていないか
  • インクリボンの残り(転写式の場合、印字した文字が見えてしまうことがある)

特に、最近の外部メモリはサイズが小さいので、うっかり見逃してしまうこともあります。プリンターの内部を開けて、しっかりとチェックしましょう。

4.プリンター処分~回収業者に頼む場合

4-1.回収業者選びのポイント

プリンターを回収業者に預ける場合は、下記のポイントをチェックしましょう。

  • 料金が分かりやすいこと
  • 無料見積もりを出してもらえること
  • 買い取りを並行して行っていること(買い取り希望の場合)
  • 出張回収を行っていること
  • 資格や事業所など、身分がしっかりしていること

4-2.回収業者を利用するメリット・デメリット

不用品回収業者のメリット・デメリットをご紹介します。

4-2-1.メリット

  • 家にいたままプリンターを処分できる
  • 買い取り価格がつけば、処分費用をおさえることができる
  • 不用品をまとめて回収に出せば、総合的にお得になることがある

4-2-2.デメリット

  • 少ない点数の場合は処分費用が高くなりやすい
  • 悪質な業者などを見抜く必要がある

4-3.回収料金

プリンターの回収料金は2,000円前後が相場となっています。その他出張費がかかる場合もあるでしょう。個別料金で依頼すると、出張費と併せて5,000円程度かかり高額になってしまうことがあります。そこで、パック料金を提供している業者の利用もおすすめです。業者によっては、カゴ車や軽トラックに詰み放題で1万円といったサービスがありますので、不用品が多い・自分で持ち運べない場合は検討してみてもよいでしょう。

4-4.回収方法

不用品回収業者に回収を依頼する流れは主に以下のとおりです。

  • 無料見積もりを依頼する
  • 見積書をチェックする
  • 訪問日を決める
  • 訪問・査定
  • 料金に納得がいけば支払・プリンターの引き渡し(買い取り可能の場合は料金受け取り)

4-5.回収業者についての注意点

最近では、さまざまな回収業者が営業しており、中には悪質なところもあるので注意してください。無料回収をうたいながら、あとになって高額な料金を請求したり、回収したプリンターなどを不法投棄されたりといった被害も多発しています。無料廃品回収車などは相手にしないようにしましょう。

5.よくある質問

Q.プリンターを高く売るポイントは?

A.新しいもの・美品・有名メーカーのプリンターは、買い取り価格がつきやすい傾向があります。買い取りに出す前によく掃除をしておきましょう。またインクやコピー用紙などの消耗品のほか、保証書や外箱など付属品をそろえておくと、買い取り価格がアップしやすくなります。

Q.悪質な業者を見抜くポイントは?

A.向こうから営業・勧誘に来たり、市内を巡回している業者は利用しないようにしましょう。また、見積書など料金に関することを書面で提示しなかったり、事業所や資格が不明なところも避けたいものです。

Q.プリンターのほか、パソコンやディスプレーなどもまるごと処分したい

A.パソコンは、PCリサイクル法の対象となっているため、粗大ゴミとして捨てることができません。メーカー回収や家電量販店の引き取り・回収業者などが選択肢としてあげられます。点数によっては、回収業者の利用が最もお得になることがありますので、一度無料見積もりを依頼してもよいでしょう。料金に納得がいかない場合はキャンセルすることができます。

Q.プリンタ-の寿命は何年くらいですか?

A.プリンターの寿命は5年程度となっています。使用頻度が高ければ寿命はさらに短くなるでしょう。また、メーカーによる修理保証や部品の保有期間は約7年となっているので、これを過ぎて故障した場合は修理が出きず、買い替えることになります。

Q.プリンターを買い替えるので、古いものを人に譲りたいのですが

A.中古プリンターの個人的な譲渡はトラブルの元になるため、相手も割り切って譲り受けるという場合以外は避けましょう。買い取りは専門の業者に依頼するのがおすすめです。

6.まとめ

プリンターの買い替えや処分方法についてご紹介しました。プリンターを処分する方法はさまざまです。売りたい・リサイクルに出したい・なるべく楽に処分したい、など希望にそった方法を選んでみてください。使っているプリンターの型番を検索することで、中古価格や需要などを知れる場合もあります。買い替え前に、古いプリンターの適切な処分方法を決めておくと後々面倒が少なくなるでしょう。