モニターを買い替える場合はどうすべき? 買い替え時期などをご紹介

パソコンのモニターは比較的超寿命とされています。しかし、故障やトラブルが多くなれば、買い替えなども検討しなければなりません。
モニターの買い替え時期は、誰もが悩むポイントです。買い替えるべき症状や寿命などは、あらかじめ知っておくべきでしょう。また、古いモニターの処分方法も合わせて覚えておく必要があります。
今回は、モニターの買い替え時期に関する情報についてです。

  1. モニターとは?
  2. モニターの買い替えについて
  3. モニターの買い替え・処分について
  4. モニターの処分・回収業者に頼む場合
  5. モニターの処分でよくある質問
  6. まとめ

快適なパソコン環境を維持するためにも、適切な時期の買い替えが重要です。この記事を読むことで、モニターの買い替えを考えるきっかけになるでしょう。

1.モニターとは?

まず、モニターに関する基礎知識からご紹介します。

1-1.どんなものか?

モニターとは、パソコンの動作画面を表示する機器です。モニターと一体型のパソコンもあります。モニターには寿命があり、古くなると故障やトラブルが多くなるものです。定期的な修理や買い替えの必要があります。

1-2.種類

モニターにはいくつかの種類があります。液晶モニター・ブラウン管モニター・有機ELモニターなどです。液晶モニターや有機ELモニターは鮮明な画像が特徴で、薄型となっています。ブラウン管モニターは厚みがあり、大型なのが特徴です。CRTモニターとも呼ばれています。

1-3.寿命について

液晶モニターの寿命は、およそ10年とされています。液晶に搭載されたバックライトの寿命と関連しており、30,000時間が経過すると故障やトラブルが多くなるとされているのです。
ブラウン管モニターの場合、液晶モニターより使用できる時間が短く、10,000時間が目安となっています。

2.モニターの買い替えについて

モニターに異常が起こるようになった場合、修理や買い替えを検討しなければなりません。買い替え時期などを考えていきましょう。

2-1.買い替えのタイミングについて

モニターは、画面に線が出る・暗い・映らなくなる・色ムラなどが挙げられます。横線が出て消えず、非常に見えにくい状態になるでしょう。暗い画面から一転し、明るくなることもあり、画面の輝度が安定しないことも故障のサインです。いずれも買い替え時期を迎えています。

2-2.修理はできるのか?

古いモニターの場合、コンデンサーの劣化が考えられます。コンデンサーの交換で直るケースもありますが、使用年数が長いモニターは修理費用も高額になることがほとんどです。修理の値段を考えるなら、買い替えたほうが安く済むこともあるでしょう。

2-3.買い替え方法・流れ

モニターだけの買い替えなら、難しい手続きや設定は必要ありません。新しいモニターを購入し、パソコンに接続して使用するだけです。ただし、古いモニターを処分する必要があります。買い替え時に引き取ってもらうか、別途処分を検討しなければなりません。

3.モニターの買い替え・処分について

モニターの買い替え後は、古いモニターの処分方法を考えなければなりません。処分ルートについてご紹介します。

3-1.処分について

3-1-1.自治体

自治体では、モニターの回収は行っていない場合がほとんどです。PCリサイクル法が関連しているためで、モニターに含まれるレアメタルを有効活用することを目的に、メーカーによる回収を推進しています。自治体での処分が難しいため、ほかのルートで処分することを考えなければなりません。

3-1-2.家電量販店

買い替えと同時に、家電量販店に引き取ってもらう方法もあります。家電量販店を通して、メーカー回収を依頼するやり方です。モニターの処分依頼時に、リサイクルに関する書類などに必要事項を記載します。店舗ごとに規定が異なるため、あらかじめリサイクル料金や回収費用については確認しておきましょう。

3-1-3.メーカー

PCリサイクル法では、メーカーによる回収を義務づけているため、メーカーに直接回収してもらう方法もおすすめです。各メーカーのホームページよりリサイクル回収の申し込みをしましょう。リサイクル料金を支払い後、配送伝票を受け取ってから発送手配をしてください。リサイクル料金は、液晶モニターで3,240円前後、ブラウン管モニターで4,320円前後となります。

3-1-4.回収業者

回収業者では、モニターの種類やメーカーを問わず、回収を実施しています。古いものでも対応してもらえ、処分に困っている方にとって便利な方法です。モニター以外にも処分を検討している場合でも、同時回収ができます。

3-2.リサイクルについて

モニターの年式やメーカーによっては、リサイクルできるものもあります。製造から3年以内の高年式なモニターは、買い取りも可能です。有名メーカーほど、中古需要はあります。リセールやリサイクルショップの査定を受け、再利用することも検討しましょう。ただし、故障やトラブルがあるものはリサイクルできません。

3-3.注意点

モニターを早く廃棄したいからと、自治体のゴミに混入して出してはいけません。ゴミの分別は厳しくなっており、正しく捨てることが求められます。リサイクルが推進されているため、メーカー・家電量販店・回収業者などを利用してリサイクルを行いましょう。

4.モニターの処分・回収業者に頼む場合

モニターの処分は、回収業者の利用が便利だとお伝えしました。業者の選び方やメリットなどを覚えておきましょう。

4-1.業者選びのポイント

回収業者を選ぶときは、対応の早さや丁寧さなどが重要です。リサイクルに関する理念をしっかり持ち、資源の有効活用や再利用を積極的に行う業者を選びましょう。利用しやすい回収方法かもポイントです。

4-2.メリット・デメリット

回収業者では、さまざまなモニターの回収を行っているため、古くてもリサイクル回収ができるのがメリットです。家の不用品も一緒に処分したいなら、同時回収もできて一掃できるのがメリットでしょう。デメリットは、リサイクル時に回収費用が発生する場合もあるということです。回収日時に自由度がある分、ほかの方法より費用が高くなる場合があることも想定しなければなりません。中には、再資源化に力を入れることで収益を得る仕組みを構築し、無料でリサイクルを実施している業者もあります。業者を選ぶ際のポイントにしてください。

4-3.料金

前述したとおり、費用がかかる業者もあれば、送料無料で回収する業者もあります。業者ごとに設定が異なるため、依頼前にリサーチしておくといいでしょう。宅配回収に力を入れ、リサイクルできるルートを確保している業者は、送料の負担なく回収してくれる場合もあります。費用負担がないというのは、利用者にとって便利な方法です。

4-4.回収方法

業者の回収方法は、大きく分けて3つあります。宅配回収・持ち込み回収・出張回収です。宅配回収は自宅からモニターを発送するだけで手配が完了し、送料がかからない場合もあります。持ち込みは店舗に持参し、回収してもらう方法です。出張回収の場合、回収する品目が一定数以上などの条件を設定している業者もあり、事前の確認が必要となります。

4-5.回収業者についての注意点

無料回収をアナウンスする業者は多くいます。しかし、リサイクルに必要な古物商の許可を得ずに、違法行為に手を染めているケースもあるのです。不法投棄なども社会問題となっており、料金請求にまつわるトラブルも増えています。きちんと許可番号を持った業者を選びましょう。

5.モニターの処分でよくある質問

モニターの処分時は、さまざまな疑問が生じます。質問集を参考にしてください。

Q.モニターと一緒に周辺機器もメーカー回収ができるのか?
A.周辺機器はメーカー回収の対象外となります。プリンターやルーターなども処分したいという場合、回収業者などを利用してください。

Q.モニターの寿命を延ばすためにできることは?
A.頻繁にモニターをオンオフしている場合、寿命が短くなる傾向にあります。モニターの負荷を考え、まめに電源が切れるように設定しないことがポイントです。

Q.モニターの故障かどうかを判断するにはどうすべきか?
A.ほかにモニターがある場合、パソコンを接続してみましょう。正常に映るようなら、モニターの故障と捉(とら)えてください。修理可能かどうかは、症状によって異なります。

Q.ヒビ割れがあるモニターは処分すべきか?
A.ヒビ割れがあるモニターは、なるべく早く買い替えをすべきでしょう。なぜなら、割れた部分から湿気などを吸収し、見えない部分までダメージを与える可能性が高くなるからです。ヒビ割れがある部分を保護してからリサイクル回収に出してください。

Q.ブラウン管モニターは回収できない可能性がある?
A.業者により、ブラウン管モニターは取り扱っていない場合があります。取扱品目は事前に確認しておきましょう。

6.まとめ

いかがでしたか? モニターの処分は、PCリサイクル法に基づいたリサイクルが推進されているため、自治体では受けつけてもらえない場合がほとんどです。買い替えの場合は、家電量販店での引き取りが手軽な方法ですが、リサイクル料金が発生します。モニターの買い替え時期を迎えている方は、古いモニターの処分方法を考えてから買い替えましょう。