一番簡単な方法はどれ? 家電リサイクルの対象機器と処分方法

平成10年に施行された「特定家庭用機器再商品化法(通称:家電リサイクル法)」をご存知でしょうか。
この法律により、対象機器には資源の有効利用のためにリサイクルが義務付けられました。
施行前は自治体で粗大ごみとして回収されていましたが、施行後は自治体での回収を行っていません。
では、いらなくなった対象機器はどうやって処分するのでしょうか。
対象機器とその処分方法をまとめてみました。

家電リサイクル法対象機器は?

対象になるのはこちら

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

この4品目が対象になっています。
これらは法施行前は自治体で回収・処理されていましたが、今は回収されません。
リサイクル料金を支払って、引き取ってもらう必要があります。

処分する方法って?

リサイクル対象商品を処分する方法は、以下の方法があります。

<家電を買い替える場合>

同じ種類の家電を買い替える場合は、購入したお店に引き取ってもらえます。
リサイクル料金とお店の定めた収集運搬料金を支払い、新しい家電を運んでもらった際に引き取ってもらいましょう。

<家電を処分する場合>

  • 家電を購入したお店に依頼する

家電を処分する場合は、その家電を購入したお店に依頼しましょう。
過去にその家電を販売している小売店(家電量販店)には、引き取り義務があるので確実に引き取ってもらえます。
その際もリサイクル料金とお店の定めた収集運搬料金を支払う必要があります。

  • リサイクル業者にお願いする

まだ新しい場合はリサイクルショップにお願いすれば無料で引き取ってくれる場合もあります。
近隣のリサイクル業者を調べ、見積もりを依頼しましょう。
電話で詳細を伝えれば、買い取ってもらえるかどうかを確認できる場合もあります。

  • 不用品回収業者にお願いする

不用品回収業者にお願いすれば、有料で引き取ってもらえます。
不用品回収業者が近くにある場合は、電話をして見積もりを依頼しましょう。
引越などでまとめて処分したい場合や大型・小型の家電も一緒に処分したい場合・時間がない場合は廃品回収業者が最も便利です。

  • 指定引き取り場所へ搬入する

リサイクル対象商品は、自治体指定の引取所へ持っていくと引き取ってもらえます。
事前にリサイクル料金を払う必要があります。

1. 引き取ってもらう製品の情報を確認する。

  • 製造メーカー
  • テレビの画面サイズ
  • 冷蔵庫・冷凍庫はリットル数

↑これらを確認しておきます。

2.郵便局で家電リサイクル券をもらい、所定事項を記入

3.製品情報を元にリサイクル料金を確認し、家電リサイクル券に付いている払い込み用紙でリサイクル料金を振り込みます。

4.指定引取所へ持ち込みます。

郵便局で入手したリサイクル券を持って引取所に持ち込みます。
収集を希望する場合は、許可を得た業者に依頼すると引き取ってもらえる自治体もあります。

どの処分方法がお得?

処分方法はいろいろありますが、やはり便利なのはプロの業者にお願いすることです。
指定引取所へ持ち込むという方法は正直手間がかかってめんどくさいという人が多く、ほとんどの人が家電量販店やリサイクル業者・廃品回収業者に引き取ってもらっています。
家電を買い替える場合は新しい家電の購入先の家電店へ。
処分する場合はリサイクル・廃品回収業者へお願いすると便利です。

家電リサイクル対象機器の処分方法まとめ

  • リサイクル対象商品は「テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(乾燥機)・エアコン」の4品目
  • 家電を買い替える場合は新しい家電を購入したお店へ依頼
  • 処分する場合は「指定引取所への持ち込み」「リサイクル業者へ依頼」「廃品回収業者へ依頼」の3種類から選ぶ

処分方法はいろいろありますが、買い替えるときは買い替えたお店へ、処分する場合はリサイクル・廃品回収業者への依頼が便利です。
まだ新しいから買い取ってもらえないかな・・・という時は、リサイクル業者に見積もりをお願いしましょう。
一刻も早く処分したい! という場合はお金を出して廃品回収業者へ依頼すると最も早く処分でき、回収もしてもらえるので非常に便利です。