素材によって使い分けよう! ソファの掃除の仕方あれこれ

ごろりと横になってくつろいだり、お客様と座っておしゃべりをしたり、ソファは生活に欠かすことのできない便利な家具ですよね。
しかし、長年使っているとどうしても汚れが目立ってきてしまいます。
「でも、ソファってどうやって掃除をすればいいんだろう?」
こうしたお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、素材別のソファのお掃除の仕方をご紹介します。

ソファの掃除をする前に

ソファの掃除をする前に、自宅のソファの素材を確かめましょう。
目立たない場所にタグがついていることが多いのでそれを見れば素材が分かります。
ソファに使われている素材の代表的なものが「布」「本革」「合皮」ですが、それぞれお手入れ方法が違うのです。

布張りのソファの掃除の仕方

布張りのソファは基本的に掃除機で汚れを吸い取りましょう。
しかし、そのままかければ傷がついてしまいます。
掃除機についているブラシ型ノズルで撫でるようにかけていけば、ホコリや綿くず、お菓子の食べカスなども簡単にとることができます。
汚れがひどい場合は重曹を振りかけ、軽くたたいてしばらく置き汚れを吸着させた後に掃除機で吸い込むとよいでしょう。
ポリエステル素材の場合は水拭きができますので、おしゃれ着用洗剤などを薄くお湯に溶かしたもので雑巾を絞り、ポンポンとたたくように拭いていきます。
仕上げは乾いた布で同じように叩き拭きをして水気を吸い取りましょう。

合皮製ソファの掃除の仕方

合皮は不用意に掃除機をかけると傷がついてしまいます。
ほこりが目立つ場合はハンディモップをつかいましょう。
軽くなでるように拭けばホコリを取り除くことができます。
合皮の長所は水拭きができる、という所ですので汚れがひどい場合は布製のソファと同じように洗剤を溶かした水で拭き掃除をするとよいでしょう。
こちらも洗剤分を残さないように仕上げは乾いた布で拭き取ります。

本革製ソファの掃除の仕方

本革は目に沿ってやさしくハンディモップをかけてあげるとホコリなどの軽い汚れは簡単に取ることができます。
お手入れ用品としてブラシがついている場合はそれでブラッシングをしてあげてください。
汚れがひどい場合はぬるま湯や革専用のクリーナーを使って掃除をします。
クリーナーの場合は相性がありますので、目立たないところに試し使いをして、色落ちなどがないかどうか確かめてから使用してください。

汚れを防ぐために工夫をしよう

ソファは座っていればどうしても汚れてきてしまいます。
それを防ぐためにはカバーをかけて使用してみましょう。
真っ白な「いかにもカバーです」といったものを使うと味気ないですが、部屋のインテリアに合わせた布をかけるとオシャレな感じになりますよ。

この記事が役に立ったと思ったら下のボタンを押してシェアをお願いします☆