不用品回収を依頼したい?粗大ゴミがスッキリ片付く方法!

不用品回収を依頼したい場合は、不用品回収についての知識を身に付けることが重要です。不用品の処分は、皆さんが思っている以上にハードな作業。仕分けや処分に必要な時間や手間は、甘く見積もってはいけません。不用品は、自分で処分することもできますが業者に依頼することも可能です。今回は、不用品回収について失敗しないためにも深く学んでいきましょう。

  1. 不用品回収の基礎知識を身に付けよう
  2. 不用品回収の注意点を学ぼう
  3. 不用品回収のさまざまな方法を学ぼう
  4. 不用品回収のトラブルをチェック
  5. 不用品回収とリサイクルの深い関係
  6. ​不用品回収の業者の選び方を解説

皆さんには、記事を読むことで不用品回収についての深い知識が身に付きます。最もコストパフォーマンスの良い方法を選ぶためにも、また、良いサービスを受けるためにも、しっかり学んでください。

1.不用品回収の基礎知識を身に付けよう

まずは、不用品回収の基礎知識を身に付けましょう。不用品の定義や、どんなものが不用品になるのかについてお話しします。

1-1.不用品とは何?

そもそも、不用品とは何でしょうか。不用品とは、正確には用が無くなったものという意味になります。つまり、所有者にとって必要でなくなったものという意味になるでしょう。中には、まだ使えるけれど必要ではないものも含みます。しかし、元の所有者にとっては必要でなくても、ほかの人にとっては必要になる可能性を秘めているのが不用品なのです。

1-2.粗大ゴミにはどんな種類がある?

粗大ゴミには、どんな種類があるのでしょうか。主な粗大ゴミには、大きな家具や家電製品、布団類・ベッドやじゅうたんなどがあります。いずれも、燃えるゴミや燃えないゴミとしては大き過ぎるものになるでしょう。ただし、正確には地方自治体によって厳密なサイズ指定があります。実際に粗大ゴミとなる種類やサイズについては、お住まいの地方自治体が提示した条件を確認してくださいね。

1-3.家電

家電には、寿命があります。古い家電は、いずれ壊れることになるでしょう。また、壊れていなくても新しい製品を買ったタイミングで不用品になることもあります。特に、大型の家電は不用品として扱うことが多いでしょう。たとえば、冷蔵庫や洗濯機ですね。冷蔵庫や洗濯機は置き場所を取るため、まだ使用できる状態の物でも不用品として処分を検討することになるでしょう。また、テレビやエアコンも、買い替えにより不用品となりやすい家電です。皆さんのなかには、ブラウン管テレビを処分することなく所有している人もいるのではないでしょうか。家電の引き取りは、不用品回収の中でも需要が高いことに間違いありません。

1-4.パソコン

パソコンも、不用品となりやすい性質があるでしょう。パソコンも、数年程度で機械部品が寿命を迎えます。しかも、通常のゴミとして出してはいけない決まりがあるので不用品回収の依頼をする人が多いのでしょう。パソコンに関しては、壊れたから不用品になる場合と、新製品を買ったことで古い方が不用品となる場合の2つのパターンがあります。

1-5.そのほかの特殊な不用品回収

そのほか、特殊な不用品としては包丁などの刃物や食器類があります。刃物は、燃えないゴミとして地方自治体に回収を依頼することも可能です。しかし、回収に出したときにケガをしないために準備が大変になるでしょう。また、食器類もワレモノですから当然ながら、ゴミに出すときに手間がかかります。不用品として、業者に依頼をする人も増えているのが現状でしょう。このほかにも、季節を過ぎた灯油や使いかけのスプレー缶なども、特殊な不用品と言えます。灯油やスプレー缶も、危険物の部類になるので不用品として回収を依頼するときは注意してください。

2.不用品回収の注意点を学ぼう

不用品回収を依頼することにも、いくつかの注意点があります。後で失敗したと思わないためにも、しっかり学んでください。

2-1.不用品は仕分けや処分の作業が大変

不用品は、仕分けや処分にかかわる作業が大変なことを理解しましょう。特に、処分する不用品の量が多い場合は、仕分けをするだけでも疲れてしまいます。さらに不用品を分別(ふんべつ)して処分することは、時間も労力も多く使うことになるでしょう。実際に不用品処分を自分でやった人は、次回は業者に依頼したいと考えているケースが多いです。

2-2.地方自治体によって不用品処分のルールが異なる

地方自治体によって、不用品処分のルールが異なることを理解しておきましょう。たとえば、A市では燃えないゴミとして分別(ふんべつ)するものが、B市では粗大ゴミになることもあります。また、回収日時や条件も、地方自治体によって異なるでしょう。自分が住んでいる地域では、どのようなルールで回収や処分を行っているのか調べてみてください。

2-3.不用品回収が無料ではなく有料になりやすいケースは?

不用品回収を依頼するときに、有料になりやすいケースがあります。たとえば、古いパソコンでしょう。パソコンはPCリサイクル法という法律で、ゴミとして扱ってはいけないことになっているからです。ただし、パソコンを無料回収している業者もあるので覚えておきましょう。また、大量に不用品がある場合も処分を依頼する量に比例して有料になることが多くなります。

3.不用品回収のさまざまな方法を学ぼう

不用品回収にも、さまざまな方法があります。自分で処分する場合と業者に依頼する場合では、どんな方法があるのかメリットやデメリットはどうなのかなど詳しくお話ししましょう。

3-1.自分で処分する場合のメリットとデメリット

自分で不用品を処分する場合は、地方自治体にゴミとして回収してもらうかリサイクルショップに売る方法を選ぶことができます。それぞれの場合で、メリットとデメリットも解説しましょう。

3-1-1.地方自治体のゴミ回収や廃品回収

不用品を処分する方法として、地方自治体のゴミ回収や廃品回収に出すこともできます。不用品の素材や大きさなどによって、燃えるゴミ・燃えないゴミ・粗大ゴミなどに分別(ふんべつ)してから出しましょう。地方自治体にゴミとして回収依頼をするメリットは、気楽に出すことができる点でしょう。デメリットは、指定の日時に、指定の方法で出す必要がある点と粗大ゴミの回収は有料になる点です。

3-1-2.リサイクルショップへ引き取り・買い取り依頼

不用品の中でも、中古品やコレクション品として需要があるものは、リサイクルショップに引き取り・買い取り依頼をすると良いでしょう。特に、不要品でも家電製品などで使用感が少ないものや、コレクション品でマニアが多くいる分野のものは、需要が高いです。メリットとして、想像以上の高値で買い取りになる可能性があるので積極的に検討してください。ただし、リサイクルショップの場合は、中古品として需要の無いものにかんしては不用品でも引き取りができない点がデメリットと言えます。

3-2.業者に処分を依頼する場合のメリットとデメリット

では、業者に処分を依頼する場合には、どんな方法があるでしょうか。それぞれのメリットとデメリットについても、考えてみましょう。

3-2-1.引越し業者

引越し業者に不用品回収を依頼する場合は、業者によって無料サービスで行うところもあれば完全に有料となるところもあるでしょう。メリットは、引越しを行うのと同じタイミングで不用品の処分ができることです。デメリットとしては、引越し業者によっては不用品回収自体を行っていないことがある点でしょうね。いずれにしても、引越しは不用品回収を依頼するタイミングになることは間違い無いので、古いテレビを処分したり家具を処分したりなどを検討することになると覚えておいてください。

3-2-2.流しの回収業者

皆さんがお住まいの近所にも、流しの回収業者が軽トラックで走っていることがあるでしょう。よく、「不用品は何でも無料で回収します」などと流しながら走っていますよね。確かに、無料で何でも回収してくれる業者の可能性もあるでしょう。親切な業者の場合は、本当に無料で不用品を引き取ってくれることも。無料で不用品回収ができる点は、メリットと言えますね。ただし、流しの不用品回収業者の中には不法投棄を行ったり、無料回収を言いながらも理由を付けて有料で回収しようとしたりする悪徳業者もいるでしょう。不用品回収業者は、流しで回っているところ以外で検討することをおすすめします。

4.不用品回収のトラブルをチェック

不用品回収は、理解が浅いままで依頼するとトラブルが起きやすいものです。ここでは、不用品回収でどのようなトラブルについてお話ししましょう。

4-1.よくあるトラブルを紹介

不用品回収で、よくあるトラブル例を紹介します。

4-1-1.見積もりよりも多い費用の請求があった

不用品回収では、見積もりよりも費用が多くなることはよくあることです。なので、見積もりはあくまでも目安と考えておいた方が良いでしょう。しかし、説明を求めても適当な回答しか返ってこない業者もあります。中には、安い見積もりを出しておいて契約を取る業者もいるでしょう。でも、大切なお金のことです。どうして費用が高くなったのかについては、納得がいくまで説明してもらいましょう。

4-1-2.無料回収と聞いていたのに有料回収だった

無料で回収できると聞いていたのに、実際には有料で回収になったということもよくあるトラブルと言えるでしょう。無料で回収できる品目と有料で回収する品目の認識にズレがあった場合に、起きやすいトラブルと言えます。有料回収となる理由を、業者にきちんと確認してください。納得がいかない場合は、回収を拒否することも考えましょう。

4-1-3.不用品回収依頼していないものまで回収してしまった

悪徳業者は、回収を依頼していないものまで強引に回収してしまうことがあります。たとえば、金・銀・プラチナなどの金属製品を回収する目的の業者もいるので注意してください。依頼していないものまで無理に回収することは、明らかに業者側の横暴です。皆さんは、断固として拒否してください。もしも、回収を拒否することで何らかの脅しがあった場合は、国民生活センターや警察に相談しましょう。

4-2.不用品回収のトラブルはどこへ相談する?

不用品回収でトラブルが起こった場合は、どこに相談すればいいのかについて確認しておきましょう。業者に対するサービスの苦情は、主に国民生活センターに相談してください。もしも、脅迫(きょうはく)などがあった場合は、最寄りの警察に相談しても良いでしょう。とにかく、トラブルが起きて自分たちで解決に至らない場合は、第三者に入ってもらうことが最良の方法と言えます。国民生活センターの相談窓口ページへのリンクを貼っておきますので、参考にしてください。

国民生活センター:http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

4-3.不用品回収業者とトラブルが発生したときの賢い対応法

万が一、トラブルが発生した場合でも慌てないでください。まずは、状況を正確に掴(つか)むことから始めましょう。トラブルが起きた状態を客観的に見るためには、どのような状況でどんなトラブルが発生したか、をメモしながら記録することをおすすめします。不用品回収業者との間のトラブルについては、まず当事者同士で話し合いをしましょう。話し合いを行っても解決しない場合は、国民センターなどに連絡して間に入ってもらってください。いずれにしても、感情的にならないことが大切です。

5.不用品回収とリサイクルの深い関係

不用品回収とリサイクルの間には、深い関係があります。不用品として回収したものがどのようにリサイクルに回るのか、学びましょう。

5-1.不用品のリサイクルとリユースを学ぼう

リサイクルとは、回収した製品を何らかの形で再資源化することを言います。対して、リユースは繰り返し使うという意味になるので覚えておいてくださいね。故障などで使えなくなった製品は、リサイクルに。まだ使える製品は、リユースになると認識すると良いでしょう。

5-2.リサイクル家電4品目について理解しよう

法律によって、製造したメーカーによるリサイクルが義務になっている品目があることを覚えておきましょう。いわゆる、リサイクル家電4品目と呼ばれるものですね。リサイクル家電4品目は以下になるので覚えてください。

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

このほか、パソコンもPCリサイクル法に基づいて、製造したメーカーがリサイクルを目的に回収する義務があります。

5-3.リサイクルやリユースをするときの注意点

不用品をリサイクルやリユースするときにも、注意したい点があります。たとえば、パソコンなどに個人情報が内部に残っている場合があるでしょう。個人情報流出を避けるためにも、リサイクルやリユースに回す前にきちんと内部情報を消す作業を行ってください。また、リサイクルやリユースを考えている場合は、できるだけきれいに掃除をしてから出しましょう。きれいな状態で出すことで、次に使用する人が中古品でも気分良く使うことができるでしょう。

6.不用品回収の業者の選び方を解説

不用品回収で失敗しないためには、業者の選び方が重要になるでしょう。そこで、良い業者を選ぶために必要なチェックポイントをまとめてみました。

6-1.プロに依頼するメリットはたくさん

不用品回収は、不用品回収の経験が豊富なプロの業者に依頼しましょう。理由は、メリットがたくさんあるからです。主なメリットとしては、以下のような点があります。

  • 指定日時・指定場所に回収依頼ができる
  • たくさんの不要品回収を依頼することができる
  • 買い取り対象になると回収費用と相殺(そうさい)できる
  • 不用品を仕分けたり運んだりする手間がかからない

業者に依頼することは、回収費用が必要にはなりますが、時間と手間を大幅に節約できる点が大きなメリットとなるでしょう。さらに、作業による疲労を味わう必要がありません。不用品回収をプロに依頼するメリットは、大きいと言えるでしょう。

6-2.業者選びのポイントを学ぼう

良い業者を選ぶためのポイントも、いくつかあります。主なポイントを書きますので、参考にしてください。

  • 不用品回収の実績が豊富にある
  • 質問や依頼に対する対応が親切
  • 的確な見積もりを出してくれる
  • 契約を急がない
  • 利用者の評判や評価が良い

特に、対応が親切であることや、利用者の評判や評価が良いことは、実際のサービスが良質だからこそのポイントでしょう。契約するまでは、ニコニコと良い対応でも契約をした途端に無愛想になる業者もいるので注意してください。契約を取ることだけ考えているような業者は、利用者の評判や評価も悪いのでチェックしてみましょう。

6-3.業者に依頼するときのコツ

不用品回収を業者に依頼するときのコツは、以下の点をまとめて伝えることです。

  • 回収希望日時
  • 不用品の内容と量
  • 希望する回収方法
  • 予算

特に、電話やメールでのやり取りだけの時点では、現状をきちんと伝えることが大切でしょう。また、業者に依頼する時点で予算についても伝えておいた方がベストです。実際にどれくらいの費用がかかるかについては、業者から見積もりをもらってチェックしてみましょう。

6-4.不要品回収の料金や相場を確認しよう

不用品回収の料金は、業者ごとに異なります。ただし、料金が高額でも、サービスの質が良いとは限りません。自分が希望するサービスの質と内容と、料金を比べて納得する業者と契約をしてください。ただし、実際に必要となる費用については作業終了後に判明するケースもあるでしょう。見積もりは、あくまでも見積もりであって、実際に必要になる費用と同じ金額になるとは限らない点を理解してくださいね。見積もりをもらって、相場より高過ぎる場合は慎重に検討しましょう。

まとめ

さて、今回は不用品回収についてさまざまな角度からご紹介しましたが理解できたでしょうか。不用品回収は、自分で行う方法と業者に依頼する方法を選ぶことができます。しかし、手間や時間の点や効率の良さを考えると、信頼できる不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。ただし、不用品回収業者も選び方を間違えると失敗します。記事でもお話ししましたが、実績が豊富で対応や利用者からの評判などが良い業者を選んで依頼してくださいね。