脱毛器は買取してもらえる? 中古市場も活発って本当?

自分で手軽に脱毛を行える脱毛器は、女性だけでなく男性にも人気です。脱毛器はいろいろな種類が出ている上、数年ごとに新モデルが出ます。「脱毛器が不要になったが、捨てるのももったいない」という方も多いことでしょう。
そこで、今回は中古の脱毛器の買取について解説します。

  1. 脱毛器とは?
  2. 脱毛器の買取について
  3. 脱毛器以外のものも一緒に売却したい場合は?
  4. 脱毛器の買取に関するよくある質問

この記事を読めば、脱毛器の処分方法に頭を悩ますことはありません。不要になった脱毛器の処分方法に困っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.脱毛器とは?

脱毛器とは、その名の通り脱毛ができる美容器具の一種です。業務用から家庭用までその種類はたくさんあります。一昔前までは電気カミソリのようなシェーバータイプのものが主流でしたが、現在は広範囲の脱毛を一気に行うことができるフラッシュタイプの脱毛器や、永久脱毛に近い効果を得られるレーザー脱毛器が主流です。
家庭用レーザー脱毛器の値段相場は、シェーバータイプが数千~1万円前後、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛ができる機械は数万円となっています。決して安くはありませんが、家庭用のものを購入すればエステや美容外科に通うよりも費用がかからず、自宅で脱毛が行える手軽さから売り上げは伸び続けているのです。
脱毛器はいろいろなメーカーから販売されています。特にケノンから発売されているフラッシュ脱毛器は人気が高く、脱毛器の代名詞的な存在です。
ケノンから発売されている脱毛器は、数年ごとにバーションアップを行うため、最新型の方がより高性能となっています。そのため、定期的に買い替えるという方も多いでしょう。
また、ケノン以外にも大手家電メーカーからも脱毛器は販売されています。また、顔用やわき用など用途別の脱毛器や、男性のひげ用脱毛器なども販売されていいるのです。

2.脱毛器の買取について

この項では、脱毛器の買取について解説します。買取に条件などはあるのでしょうか?

2-1.脱毛器の中古市場について

フラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器は定期的に新機種が出る上に値段も高いため、中古市場も活発です。美容機器専用のリサイクルショップなどもあり、買取を強化している機種もあります。前項でご紹介したケノンの脱毛器は、中古品でも人気が高い商品です。

2-2.買取不可の脱毛器について

シェーバータイプの脱毛器は直接肌に触れるものですから、中古品は買取不可のところが多くなっています。ただし、未使用品は売却できるので、買ったけれども一度も使わなかったというものは売却してもよいでしょう。また、フラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器もバージョンが古すぎるものは売却できません。リサイクルショップの中には「このバージョンまでなら買取ができます」と告知を出しているところもあるので、参考にしましょう。

2-3.脱毛器を買い取ってくれるところとは?

脱毛器は、リサイクルショップで買い取りをしています。通常のリサイクルショップでも買取を行っていますし、前述のとおり美容機器専門のリサイクルショップもありますので、利用してみてもよいでしょう。最近ではインターネットで査定を行い、郵送で商品を送れば代金を振り込んでくれる業者もあります。
また、ヤフーオークションをはじめとするインターネットオークションでも、脱毛器の取り引きが盛んです。オークションでは多少型が古くても落札されることがありますので、「リサイクルショップでは売却できなかった」という場合に利用するのもよいでしょう。

2-4.高く買い取ってもらうコツ

買取対象の脱毛器は、問題なく使用できることが条件です。壊れているものや調子の悪いものは買い取ってもらえないので注意しましょう。査定を受ける前に、外箱や説明書などの付属品を全部そろえておくと高値がつきやすくなります。また、脱毛器は新しいほど値段が高くなりやすいですので、不要になったら即売却しましょう。特に、ケノンの商品は高値がつきやすくなっています。買取相場は数百円~数千円と幅があるので、まずは査定をしてもらいましょう。

インターネットオークションの場合は、メーカー・年式・使用状態などを正確に記載し、多方向から撮影した写真を添付すると入札者も安心です。名もないメーカーのものでも安価なら入札者が出やすいでしょう。しかしやはり、有名メーカーのもののほうが人気です。

3.脱毛器以外のものも一緒に売却したい場合は?

脱毛器以外の家具や家電もまとめて売却したいという場合は、買取業者を利用してみましょう。引っ越しで不用品がたくさん出たが、単に捨てるのはもったいないという場合や、親の家を整理していたら不用品がたくさん出たという場合にもおすすめです。業者の中には買取以外にも、有料で不用品回収を同時に行っている業者もあります。「売れるものは売って、残りは回収してほしい」という方にも便利です。

不用品を買い取ってくれる業者や、回収業者はインターネットを検索すればすぐに見つかります。町中を軽トラックで流しながら不用品の回収や買取を呼びかけている業者もありますが、「別名目で高額の金銭を要求された」などのトラブルが多いので、利用しないほうがいいでしょう。優良な業者は、早ければその日のうちに査定を行って見積もりを作ってくれます。見積もりに納得したら、契約しましょう。不用品をまとめて売却できるチャンスです。

4.脱毛器の買取に関するよくある質問

Q.販売から何年くらいまでの脱毛器が売却できますか?
A.3〜5年を1つの目安にしましょう。バージョンが3つ以上古い脱毛器は買取できない、というリサイクルショップもあります。

Q.使用したシェーバー型脱毛器は、どこでも売却できませんか?
A.衛生面で問題がありますので、買い取ってくれる業者は少ないでしょう。

Q.脱毛器や美顔器をセットで売れば高値がつきやすいですか?
A.ものによります。古いものですとどうしても値段がつきにくいでしょう。

Q.不用品買取業者は家まで来てくれるのですか?
A.はい。大型家具や家電と脱毛器を一緒に売却したい場合は、家まで査定に来てくれます。ただし、出張費などがかかるケースもあるでしょう。

Q.一度に何台もの脱毛器を売却することは可能ですか?
A.はい。問題ありません。

5.おわりに

いかがでしたか。今回は脱毛器の買取について解説しました。脱毛器も家電と同じように古くなるほど高級品でも値段がつきにくくなります。不要になったらできるだけ早く売却しましょう。「買ったけど使わない」と分かった時点で査定に持っていくのが高く売却するコツです。