ロジックアナライザの導入・処分ならお任せ! 最もお得な方法を解説!

デジタル回路設計は、あらゆる電化製品において重要です。設計ミスがあると、製品として成り立ちません。しかし、ロジックアナライザを使用することで、電子回路の状態を細かく分析することができます。ロジックアナライザは、デジタル回路設計において必要性の高い計測器なのです。今回は、ロジックアナライザの導入や処分にかんして、詳しく解説します。

  1. ロジックアナライザの基礎知識
  2. ロジックアナライザをもっと詳しく
  3. ロジックアナライザの導入や処分について
  4. ロジックアナライザに関するよくある質問

この記事を読むことで、ロジックアナライザについて深く理解でき、目的に合った機種を選べるようになります。お得に導入する方法もわかり、とても役に立つ内容なのでぜひ読んでみてください。


1.ロジックアナライザの基礎知識

最初に、ロジックアナライザの基礎知識として、仕様・目的・必要性・最近の傾向などを解説します。

1-1.ロジックアナライザとは

ロジックアナライザとは、デジタル回路に流れる信号を視覚化するものです。ロジックアナライザが存在することによって、信号の流れを正確に把握できます。また、システムなどの動作確認が簡単にできるようになったのです。

1-2.ロジックアナライザの仕様

ロジックアナライザは、デジタル回路に流れる信号の読み出しや視覚化が主な機能です。そのため、デジタル回路の物理的な欠陥や異常を検知することはできない仕様になっています。電子回路設計において、物理的に問題のないものを使うことが基本です。高性能なロジックアナライザであっても、万能ではないことを覚えておきましょう。

1-3.ロジックアナライザの目的

ロジックアナライザの目的について、何ができるか・どこで使うか・どんなときに使うかなど、詳しく解説します。

1-3-1.ロジックアナライザは何ができる?

ロジックアナライザは、以下のようなことができます。

  • デジタル回路の動作確認
  • デジタル回路内の信号の視覚化
  • デジタル回路内の信号のパターン読み出し

1-3-2.ロジックアナライザはどこで使う?

ロジックアナライザは、デジタル回路設計分野で活躍します。実際に回路を組んだ後、期待どおりの動作をしているか、どんな信号を発しているのかを確認する必要があるのです。

1-3-3.ロジックアナライザはどんなときに使う?

ロジックアナライザは、デジタル回路から発する電子信号を視覚化したいと気に使います。目に見えないデータを視覚化することで、ループ信号やエラーを見つけ出すことが可能です。企業では、製品の試作時のテストや製品化した後の品質管理などでロジックアナライザの力を発揮できます。

1-4.ロジックアナライザの必要性

ロジックアナライザは、デジタル電子回路設計が正しくできているかどうかの判断をするために必要性が高い機器です。デジタル電子回路内の信号は、そのままでは目に見えるものではありません。信号の出方や特徴をデータ化し、視覚的にわかりやすくする必要があるのです。ロジックアナライザがあることで、高度なデジタル電子回路開発を進めることができます。

1-5.ロジックアナライザの最近の傾向

デジタル回路基板は、進化し続け、複雑な処理が可能になっています。そのため、ロジックアナライザにかんしても、高機能化を求められる傾向がますます高まっているのです。正確なデータ測定は、製品の精度を高め、生産の安定に欠かすことができません。今後も、ロジックアナライザには、より高精度・高機能化が求められるでしょう。

2.ロジックアナライザをもっと詳しく

ロジックアナライザについて、主なメーカーと特徴をはじめ、基本的な使い方や注意点を学びましょう。

2-1. ロジックアナライザの主なメーカーと特徴

ロジックアナライザの主なメーカーおよび特徴は、以下を参考にしてください。現時点では、以下のメーカーが主要2社となります。

  • キーサイト・テクノロジー:世界最高水準の計測器を供給する老舗大手メーカー
  • テクトロニクス:オシロスコープやロジックアナライザを供給する計測器メーカー

2-2.ロジックアナライザの基本的な使い方

ロジックアナライザの基本的な使い方は、以下のとおりです。機種によっては、操作ボタンが異なることがあります。また、より高度な機能を使いたい場合は、それぞれの機種の使用説明書を参考にしてください。

  1. 本体の電源を入れる
  2. サンプリング開始のボタンを押してデジタル電子回路の波形を表示する
  3. ​キャプチャボタンを押してデータを取り出す
  4. サンプリング停止ボタンを押して終了する

2-3.ロジックアナライザに関する注意点

高性能なロジックアナライザを入手しても、正しく使わないと意味がなくなってしまいます。まずは、使い方をマスターしましょう。また、強い衝撃を与えたり水濡(ぬ)れなどがあったりすると故障の原因になります。高性能な機種ほどデリケートなので、取り扱いには十分に注意してください。

3.ロジックアナライザの導入や処分について

ロジックアナライザの導入や処分について、詳しく解説します。業者選びのポイントや購入方法についても併せて理解しておきましょう。

3-1.業者や商品選びのポイントを解説

まずは、信頼できる業者の選び方をマスターしましょう。具体的には、以下のポイントをチェックしてください。

  • ロジックアナライザをはじめ計測器に関する豊富な知識がある
  • 顧客の要望をよく聞き、適切な機種を提案できる
  • 販売価格がリーズナブル
  • 不要になったロジックアナライザの買い取りもしている
  • 顧客からの信頼が厚い・評判がいい
  • アフターフォローがしっかりしている

3-2.ロジックアナライザの導入目的

ロジックアナライザを導入するときは、目的をきちんと確認しておきましょう。目的によって、適する機種が異なるからです。業者に相談するにも、どんな目的で使用するかハッキリしていると選びやすくなります。高性能なものであればいい、といったあやふやな考えはやめましょう。

3-3.ロジックアナライザの価格

ロジックアナライザも、メーカーや機能によって価格が異なります。目安としては、新品で1台数万円から数十万円程度です。予算と機能のバランスも参考にしながら選びましょう。なお、新品にこだわらなければ、中古品やレンタルで安く使用する方法もあります。

3-4.中古で購入する方法もある

ロジックアナライザは、中古で購入することも考えてみましょう。中古計測器販売業者で、状態のいいものが見つかればとてもお得に導入できます。新品であることにこだわらない・できるだけいいものを安く導入したいなどの場合は、メリットが大きいといえるでしょう。信頼できる業者に相談して、要望に合うものを提案してもらいましょう。

3-5.レンタルで導入する方法もある

ロジックアナライザを一時的に試してみたいときには、レンタルで導入する方法も検討してみましょう。レンタルなら、高価な機種を安価に試すことができるメリットがあります。ただし、希望どおりのものがレンタル品で出ているとは限りません。また、使用期限があるため、長期間使い続けるとコストがかかるものです。レンタルは、あくまでも一時的なお試し用と考えてください。

3-6.不要になったロジックアナライザの買い取りについて

不要になったロジックアナライザは、状態がよければ買い取りに出すことができます。中古計測器販売業者に査定の相談をしてみましょう。業者では、ロジックアナライザの状態や中古市場での需要などを考慮し、査定金額を計算します。金額に納得した場合は、買い取りしてもらいましょう。

3-7.ロジックアナライザの導入や処分に関する注意点

ロジックアナライザの導入や処分は、経験豊富な業者に相談することが大切です。数多くの導入実績があれば、どんな機種がいいのか適切なアドバイスをもらえます。ロジックアナライザを取り扱っていることだけで判断しないでください。中には、知識が乏しく、適切な機器の提案ができなかったりいい加減な査定により不当に安い買い取り価格を提示してきたりするところもあります。ロジックアナライザの導入や処分を相談するときは、業者選びに手を抜かないようにしましょう。

4.ロジックアナライザに関するよくある質問

最後に、ロジックアナライザに関するよくある質問に回答します。導入の際の参考にしてください。

4-1.ロジックアナライザでよくある故障は?

ロジックアナライザの故障は、以下のようなものがあります。

  • データの出力ができない
  • サンプリングの開始・停止がずれる(タイミングが合わない)
  • 画面表示が乱れる
  • 画面に何も表示できない
  • 電源が入らない

4-2.ロジックアナライザの寿命は何年ですか?

ロジックアナライザの寿命は、約5年です。従って、新品で購入後、5年を経過しているものは寿命がきたものと考えて新しいものとの交換を検討してください。なお、使用回数が特に多い場合は、5年よりも寿命が短くなる場合があります。不具合が頻繁に起こるようになったときは、寿命です。

4-3.レンタルで導入したロジックアナライザをそのまま買い取りできますか?

業者との契約によります。レンタル品は、あくまでもレンタル専用として貸し出している場合は、買い取りできないこともあるでしょう。また、レンタル品は新品と比べて寿命が短くなります。早めに寿命がくる可能性もあるので注意してください。そのまま買い取りができる場合は、保証の内容についても確認しておきましょう。

4-4.ロジックアナライザを中古で導入した場合の保証は?

新品と異なり、中古品のロジックアナライザにはメーカー保証が付きません。そのため、故障のときの修理は全額負担です。ただし、中古計測器販売業者の中には、商品によっては独自の動作保証(1~3か月程度)を付けている場合があります。詳しくは、業者に確認してください。

4-5.ロジックアナライザを業者に高額で買い取りしてもらうための条件は?

不要になったロジックアナライザを高額で買い取りしてもらいたいときは、以下のポイントに注意しましょう。

  • キレイに掃除しておく
  • 付属品や説明書をそろえておく
  • できるだけ早く買い取りに出す
  • ロジックアナライザを高額で買い取りしている業者に依頼する

まとめ

今回は、ロジックアナライザの導入・処分について詳しく解説しました。デジタル回路設計を進めるためには、思ったとおりの設計になっているか・効果が期待できるか、などを確認する必要があります。ロジックアナライザを導入することで、信号の読み出しやパターン化・比較化などが簡単になるため、設計がスムーズに進むことでしょう。目的に合った機種を選ぶためにも、ロジックアナライザに詳しい計測器専門業者からの導入がおすすめです。なお、新品のほかにも、中古品やレンタルで導入する方法もあります。まずは試してみたい、といった場合には中古品のロジックアナライザが最適な場合もあるので業者に相談してみましょう。