工業用内視鏡ならお任せ! 購入・処分で知っておくべきコツを伝授!

「工業用内視鏡」は、細かな部分や手が届かない部分の観察をするために欠かすことができない理化学機器のひとつです。目的に合わせて最適なものを選ぶことで、メリットを最大限に受けることができるでしょう。しかし、どんなものを選ぶべきかよくわからない人もいるはずです。そこで、今回は、工業用内視鏡の購入や処分で知っておくべきこと詳しく解説します。

  1. 工業用内視鏡の基礎知識を学ぼう
  2. 工業用内視鏡の種類や使い方について
  3. 工業用内視鏡の購入や処分について
  4. 工業用内視鏡に関するよくある質問

この記事を読むことで、工業用内視鏡の基本がわかり、適切なものを購入・処分することができます。新品だけでなく、中古品やレンタルの利用のメリットも理解できるでしょう。まずは、記事をひとつずつ理解しながら読み進めてみてください。

 


不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.工業用内視鏡の基礎知識を学ぼう

最初に、工業用内視鏡の基礎知識を学びます。構造や原理を理解するだけでなく、目的や必要性も確認しておきましょう。

1-1.工業用内視鏡とは?

工業用内視鏡とは、物体の小さなすき間から内部の状況を細かく把握するために使用するものです。肉眼では見づらいごく小さな傷や不純物などを発見できるため、製品の品質管理分野で大きな役割を果たしています。工業用内視鏡は医療用内視鏡と違い、人体内部を観察するものではありません。しかし、工業製品の検査などの目的を果たすためにも精密さは必要不可欠です。

1-2.工業用内視鏡の構造や原理を学ぼう

工業用内視鏡には、ケーブルの先端に小型の静止画カメラやビデオカメラがついています。物体のすき間から挿入後、検査部分に到達した後、周辺部分の映像を写し出しているのです。映像は専用機器につなぐことで記録できるため、後日の研究・検証に役立てることができます。

1-3.工業用内視鏡の目的

工業用内視鏡の目的は、主に以下のようなものがあります。

  • 製品の内部状況の把握
  • 製品の欠陥検査
  • エンジンや配管の内部検査
  • 亀裂部分の内部検査

企業の研究室や品質検査室、工事現場などで使われ、人間の目が届かないような部分の確認に大きな役目を果たしているのです。

1-4.工業用内視鏡の必要性について

工業用内視鏡があることで、製品の不具合などを発見し除去することができます。また、製品の改善のためのヒントにもなるでしょう。工業用内視鏡は、製品の品質管理だけでなく、開発分野にも欠かすことができないのです。目的に合った工業用内視鏡を使いこなすことで、よい製品を作り出すことができると言えます。

2.工業用内視鏡の種類や使い方について

工業用内視鏡の種類や使い方を学びましょう。どんな種類やメーカーがあるのかなど、解説します。

2-1.工業用内視鏡の主な種類

工業用内視鏡には、主に以下のような種類があります。

  • 工業用ビデオスコープ:先端のカメラが被写体内部の映像を捉え、モニターなどで確認・記録できるタイプ
  • 工業用軟性鏡:ファイバーが自由自在に動くため方向転換が可能
  • 工業用硬性鏡:一定方向に挿入できるが方向転換はできない

2-2.工業用内視鏡の主なメーカーや特徴

工業用内視鏡の主なメーカーは、以下となります。それぞれの主な特徴も併せて参考にしてください。

  • 松電舎:理化学機器の総合メーカーで高品質・低価格が企業理念
  • 太陽機工:簡易型工業用内視鏡が主力
  • 三菱電線工業:耐放射線用の工業用内視鏡を製造
  • オリンパス:多種類の工業用内視鏡を取り扱う精密機器の総合メーカー
  • センテック:管内検査などに使用する工業用内視鏡で有名
  • モリテックス:工業用硬性鏡・軟性鏡の2種類展開
  • タスコ:機械工具を中心に製造販売をしているメーカーで軟性内視鏡を主に扱う
  • プラムネット:軟性内視鏡などを中心に取り扱うメーカー
  • カールストルツ:医療用内視鏡に強いメーカーで工業用のものの高い評価を誇る

2-3.工業用内視鏡の基本的な使い方

工業用内視鏡の基本的な使い方は、以下を参考にしてください。

  • 工業用の内視鏡の電源を入れる
  • 対象物の観察したい部分に直接挿入する
  • 内部の映像を目視観察もしくはモニターに映し出して記録する

なお、軟性鏡なら内部で自由に方向転換できるため、広範囲の観察が可能です。

2-4.工業用内視鏡の種類や使い方に関する注意点

工業用内視鏡の種類は、目的に合ったものを選ぶことが大切です。また、何よりも品質を重視しましょう。予算を重視し過ぎると、要求する品質レベルに合わないものを購入しがちです。何のために購入するのかを見失わないでください。また、適当な使い方をすると不具合や故障の原因になります。工業用内視鏡は優れた機器ですが、精密機械でもあるので取り扱いには注意してください。常にメンテナンスを怠ることなく、ベストの状態で維持しておきましょう。

3.工業用内視鏡の購入や処分について

工業用内視鏡の購入や処分に必要な知識を身に付けましょう。中古品の購入やレンタルなどについても解説します。

3-1.業者や機種選びのポイントを学ぼう

工業用内視鏡の購入や処分は、専門知識や販売実績が豊富な業者を選びましょう。きちんとした専門知識の裏付けがあるからこそ、最適な機種を提案できるからです。また、豊富な機種を取り扱っていることも条件と言えます。いい業者でも、希望の機種がなければ意味がありません。豊富な機種の中から、最適なものを選んでこそ満足できる結果に結びつきます。なお、機種を選ぶときには、目的に合ったものを選んでください。価格が安いなどの理由だけで深く考えずに購入すると失敗します。

3-2.工業用内視鏡の購入目的を確認しよう

どんなに優れた工業用内視鏡であっても、購入目的が定まっていてこそ意味があるものです。安易に購入しても使い道がわからない、使う場所がないというのでは困ります。まずは、工業用内視鏡の購入目的をきちんと確認しておきましょう。

3-3.工業用内視鏡の価格について

工業用内視鏡の価格は、新品で購入した場合、1台に付き数万円程度です。高性能タイプとなると数十万円するものもあります。高精密・高機能なタイプほど価格も高くなるものです。複数台の購入で安くなることもあるので、大量購入の場合は業者に相談してみるといいでしょう。

3-4.中古品の工業用内視鏡を購入する方法もある

工業用内視鏡は、中古品を購入する方法も検討してください。たとえば、ほしい機種が高額で予算オーバーであるときなど、中古品で状態のいいものを安価で入手すれば問題は解決します。ただし、必ずしも希望の機種があるとは限りません。しかし、工業用内視鏡の知識が豊富な業者に相談してみる価値はあります。希望の条件に沿ったものを、提案もしくは探してくれることでしょう。

3-5.工業用内視鏡をレンタルする方法もある

工業用内視器用は、レンタルできることがあります。レンタルなら、必要な期間だけ希望の機種を使うことができて便利です。また、工業用内視鏡の購入前にテスト使用をする目的でのレンタルもいいでしょう。本格的に購入する前に、実機をいろいろと試したい場合は特に有意義です。まずは、理化学機器のレンタル業者に問い合わせてみましょう。

3-6.工業用内視鏡の買い取りについて

不要になった工業用内視鏡は、業者に買い取りしてもらうこともできます。実際の買い取ってもらえる金額は、機種や状態によってまちまちです。まずは、中古の理化学機器を買い取っている業者に連絡して、見積もりをもらってみましょう。買い取りができれば、処分する手間が省け、新品を購入する代金に充てることができてお得です。

3-7.工業用内視鏡の購入や処分に関する注意点

工業用内視鏡の購入や処分は、計画的に進めましょう。自社の業務に最大の利益をもたらすためには、いつどんな機種を購入するかだけでなく、使用期限(買い替えのタイミング)も計画しておくことが大切です。また、信頼できる業者に購入と処分を相談しましょう。悪徳業者の中には、業務や目的に合わないものでも売り上げ確保のために強引にすすめてくるところもあるので注意してください。

4.工業用内視鏡に関するよくある質問

最後に、工業用内視鏡に関するよくある質問に回答します。購入前の疑問や不安を解決するためにもそれぞれ目をとおしておいてください。

4-1.工業用内視鏡のメンテナンスはどうすればいいですか?

工業用内視鏡は、使用するたびにきちんとクリーニングし、決まった場所に収納してください。本格的なメンテナンスは、業者に依頼した方がいいでしょう。不具合を直すはずが、取り返しが付かない状態になることもあります。定期的に業者にメンテナンスを依頼するといいでしょう。

4-2.工業用内視鏡を高額買い取りしてもらうためにできることは?

工業用内視鏡の高額買い取りのためには、以下のポイントに気を付けてください。

  • クリーニングをしておく
  • 付属品や箱を揃(そろ)えておく
  • できるだけ高額買い取りをしている業者に依頼する

なお、業者によっては「工業用内視鏡の高額買い取りキャンペーン」を独自に行っていることもあるので確認してみましょう。

4-3.工業用内視鏡を中古品で購入するときのデメリットは?         

工業用内視鏡を中古品で購入する場合は、保証が付いていないもしくは短期間であることがほとんどです。そのため、新品のような手厚い保証やアフターサービスは期待できません。しかし、業者によっては独自の保証サービスを付けていたり、不具合が出たときは誠意を持って対応していたりするところもあります。中古品で購入するときは、デメリットを最小限にするためにも業者選びをきちんとしておきましょう。

4-4.工業用内視鏡の寿命は何年ですか?

工業用内視鏡は、3~4年程度となります。使用頻度が高い場合は、寿命も短くなり故障しやすくなるので注意しましょう。不具合が頻発するようになったら寿命と考えて早期交換を検討してください。なお、3~4年経過すると技術の進化により高性能なものが続々と出てくるものです。買い替えのタイミングとしてもちょうどいい時期だと考えましょう。

4-5.工業用内視鏡を購入前提で無料レンタルできませんか?

業者によっては、新規購入を前提にテスト機器のレンタルをしている場合もあります。しかし、無料ではなく有料となる場合が多いものです。キャンペーンやサービスなどで数日間の無料レンタルを行う可能性はあります。また、大量購入を検討している場合に限り、特別にできることもあるので業者に問い合わせてみましょう。

まとめ

今回は、工業用内視鏡について詳しく解説しました。工業用内視鏡は、私たちの身の回りで想像以上に使われているものです。業務目的に合ったものを選ぶためにも、基本を学ぶことを大きな意味があります。しかし、工業用内視鏡にもさまざまなタイプがあるため、何を選ぶべきか迷ったときは、信頼できる業者に相談しましょう。経験や実績が豊富な業者であれば、適切なものを提案してくれるはずです。なお、工業用内視鏡は中古品の購入やレンタルする方法もあります。新品購入よりも安く、手軽に試してみることができるので、ぜひ検討してみてください。