デジカメを処分する方法を一挙ご紹介! 廃棄のポイントについて

“デジカメ”として親しまれているデジタルカメラは、日常生活を記録するときに大活躍する電子機器の1つです。古いデジカメや要らなくなったものを処分したいのに、「デジカメをどのように処分すればいいのか」「中古でも買取額がつくのか」など、悩む方は多いことでしょう。上手に処分するためにも、正しい方法を把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、デジカメの処分方法や下取り・リサイクル・回収業者に依頼するポイントなどについて詳しく説明します。

  1. デジカメを処分したいとき、どうすべきか?
  2. デジカメの処分方法~自分で捨てる場合
  3. デジカメの処分方法~販売業者の下取りの場合
  4. デジカメの処分方法~リサイクルする場合
  5. デジカメの処分方法~電子機器専門の回収業者に頼む場合
  6. デジカメの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、デジカメを正しく処分するために必要な情報と知識を得ることができます。処分に悩んでいる方はぜひチェックしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.デジカメを処分したいとき、どうすべきか?

買い替えで要らなくなったものや壊れたデジカメは、どうやって処分すればいいのでしょうか。処分方法や小型家電リサイクル法・ゴミの分類・データ問題について説明します。

1-1.方法はいくつあるか?

デジカメの処分方法はさまざまです。主に、自治体による回収・販売業者での引き取り・リサイクル・回収業者に依頼する方法などが挙げられるでしょう。ほかにも、ネットオークションへの出品や欲しがっている知人や友人に譲るという方法もあります。それぞれのメリット・デメリットをきちんと把握して、状況に合ったベストな方法を選ぶことが大切です。

1-2.小型家電リサイクル法について

デジカメやゲーム機器などの使用済み小型電子機器の再資源化を促進するために制定されたのが、小型家電リサイクル法です。小型家電にはレアメタル・銅など再資源化可能な素材が豊富に含まれています。適正なリサイクルを実施することで、有効資源が再利用でき、ゴミの減量化にもつながるのです。小型家電リサイクル法の対象になっている電子機器は、自治体によって処分方法が決められています。

1-3.デジカメは何ゴミか?

ほとんどの自治体では、“不燃ゴミ”に分類されています。一辺が30センチメートル以上のものは粗大ゴミに分類されますが、デジカメは小さめなので粗大ゴミにはならないでしょう。自治体によってゴミの種類が異なるため、事前にホームページなどで確認してください。

1-4.デジカメに残るデータ問題は?

処分する際は、デジカメに差し込むメモリーカードを必ず抜き取っておかなければなりません。また、デジカメの種類によってはカメラ本体に画像データなどの個人情報が記録されている場合があります。本体にデータが残っている場合は、以下の方法で削除してください。

  1. メモリーカードを抜き、画像データの初期化を行う
  2. プライバシーに関連しない画像を、記録領域がいっぱいになるまで撮影する
  3. 再度、初期化と消去を行う

2.デジカメの処分方法~自分で捨てる場合

デジカメを自分で捨てる場合、自治体で回収してもらう方法があります。回収方法・チェックリスト・電池処理などについて詳しくチェックしていきましょう。

2-1.自治体回収について

まずは、自治体のホームページなどでゴミの分類を確認しましょう。自治体の中には、小型家電を回収するための専用ボックスを公共施設に設置しているところがあります。回収専用ボックスに入れるだけで、無料で処分が可能です。ただし、必ずしもすべての自治体に置かれているわけではありません。

2-2.分類チェック

デジカメのゴミの分類や出し方は自治体によって異なります。たとえば、大阪市の場合、カメラは普通ゴミです。東京都大田区では不燃ゴミに分類されています。自分が住んでいる地域では、どの種類に分類されているのか、ホームページでチェックしておきましょう。

2-3.デジカメの電池処理

デジカメの電池・バッテリーは分別して廃棄しなければなりません。近くの電気販売店に持っていけば、回収してもらえます。販売店の中には、電池・バッテリー類の回収ボックスを設置しているところもあるのでぜひチェックしてみてください。また、自治体によっては、燃えないゴミ・有害ゴミとして回収しているところもあります。

2-4.メリット・デメリット

自治体で処分するメリットは、処分費用が抑えられることです。回収ボックスが設置されている自治体では、無料で処分できます。不燃ゴミの場合も袋に入ればいいのでお金はかかりません。ただし、粗大ゴミの場合は200円~500円ほどかかる場合もあります。

3.デジカメの処分方法~販売業者の下取りの場合

古いものから新しいものに買い替える場合は、販売業者の下取りサービスが利用できます。下取りとは何なのか、手数料やメリット・デメリットなどについてチェックしておきましょう。

3-1.販売業者の下取りについて

下取りとは、価値のあるデジカメをお店が買い取って、購入価格から買取額を差し引くサービスのことです。そのため、価値が高くつくものほど新商品を安く購入できます。ただし、新品状態に近いもの・人気のあるメーカーや種類・壊れていないものなど、販売業者によって下取り条件が異なるので注意が必要です。

3-2.通販業者の場合

通販業者の中にはデジカメの下取りを行っているところがあります。通販業者の場合も下取りの条件があるので、事前にホームページなどで確認してください。ほとんどの場合、新しい商品の配達と同時に回収を行います。その際は、送料などの手数料がかかることがあるため、下取りを依頼する前に手数料も確認しておいたほうがいいでしょう。

3-3.手数料について

某通販業者の下取り手数料は540円となっています。販売業者・通販業者どちらとも、手数料がかかる可能性があるので要注意です。中には、下取り金額よりも手数料のほうが高いという悪徳業者も存在しています。

3-4.メリット・デメリット

下取りの大きなメリットは、処分と購入が同時にできることです。新しいデジカメが欲しい方にはぴったりの方法となるでしょう。また、下取り額が高ければ、新商品が安く手に入る可能性もあります。しかし、すべての販売業者・通販業者が下取りを行っているとは限りません。古いものや壊れているものは下取り不可となる可能性があるため、事前に確認してください。

4.デジカメの処分方法~リサイクルする場合

有用資源が含まれているデジタルカメラは、リサイクルの価値が高いものです。また、まだ使えるデジカメは買い取ってもらえる可能性があります。そこで、リサイクル方法について詳しく見ていきましょう。

4-1.中古デジカメの現状とは

小型軽量で扱いやすいデジカメは多くの方が利用しています。中古カメラ市場において、最も人気が高いのは一眼レフカメラですが、デジカメも需要はあるのです。ただし、やはり人気の高い一眼レフよりも買取額は低くなってしまうでしょう。また、デジカメは1~3年程度で新しいモデルが発売されています。発売年月日から時間が経過するほど、価値も下がるのです。

4-2.価格がつくデジカメの種類とは

価格がつくデジカメは、発売年月日から3年以内のものです。3年以上経過しているデジカメは価格がつかない可能性が高くなります。また、デジカメの中でも一眼レフタイプが人気です。中古としての需要も高いため、想像以上の価格がつくこともあるでしょう。

4-3.専門店での買取

専門店はカメラにかんする知識が豊富です。詳しいスタッフが査定を行うため、適切な買取額を提示してくれるでしょう。ただし、壊れているものや販売年月日が3年以上経過しているものは買取不可になります。また、専門店によっては査定料がかかるところもあるので気をつけてください。出張買取・宅配買取・店頭買取と方法もさまざまで、店舗によって方法が異なるでしょう。

4-4.ネットオークション

パソコンやスマートフォンでも気軽に利用できるネットオークションの利用者が増えています。ネットオークションは自分で出品額を設定できる点がメリットです。買い手が見つかれば、すぐに取り引きができるでしょう。ただし、写真のアップや商品説明・梱包(こんぽう)作業などを自分で行わなければなりません。また、「商品を送ったのに入金がない」「商品にケチをつけられた」という取引相手とのトラブルも起きています。

5.デジカメの処分方法~電子機器専門の回収業者に頼む場合

電子機器専門の回収業者に依頼するのも処分方法の1つです。業者選びのポイントやメリット・デメリット、料金などについて詳しく説明します。

5-1.業者選びのポイント

どの回収業者に依頼すればいいのかわからない……と悩んでいる方は多いでしょう。そんなときは、以下のポイントに注目してみてください。

  • 丁寧かつスピーディーな対応
  • 高価買取を行っている
  • 出張費・査定費がすべて無料
  • 大量買取にも対応
  • 無料見積もり・相談を受けつけている
  • 古物商営業許可を取得している

5-2.メリット・デメリット

電子機器専門の回収業者は、電子機器にかんする知識が豊富です。そのため、製造年月日や商品の状態など細かく査定を行い、適切な買取価格を提示してくれます。デジカメ以外にも処分したい電子機器があれば、まとめて買取可能です。出張買取を利用すれば、自宅にスタッフがやってきて査定を行います。ただし、中には高い査定費・出張費を請求する業者も存在しているため、サービス内容やスタッフの対応などをきちんとチェックしておかなければなりません。

5-3.料金

買取可能なデジカメであれば処分費用はかかりません。買取不可になった場合は、回収費用が必要になります。回収費用は業者によって異なりますが、およそ2,000円~3,000円です。回収費用がいくらになるのか、無料見積もりを依頼して確認しましょう。

5-4.回収方法

買取・回収方法は業者によって異なります。主に、出張・郵送・持ち込みの3つの方法になるでしょう。近くにお店がある方は直接持ち込むといいですよ。すぐに査定を行ってくれます。大量に買取・処分を依頼したい方は出張、自分のペースで作業をすすめていきたい方は郵送がおすすめです。ライフスタイルに合った方法を選ぶといいでしょう。

6.デジカメの処分に関するよくある質問

デジカメの処分にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.交換レンズやACアダプターなどの付属品はどうすべきか?
A.付属品を一緒に査定に出すことで、買取額が高くなる可能性があります。もし、ケーブル・充電器などの付属品がある場合はデジカメ本体と一緒に査定に出してください。

Q.高価買取のポイントとは?
A.査定前に、できるだけデジカメ本体をキレイに掃除しておきましょう。やわらかい布でホコリをふき取ってください。また、メーカー・発売年月日・製造番号などわかる場合はメモをしておくといいでしょう。査定員に伝えたほうが査定をスムーズにすすめることができます。

Q.買取額はいくらぐらいか?
A.新品状態に近いもの・製造月日から1年以内のものなどは、高値で取り引きできる可能性があります。人気メーカーのものですと、新品状態に近もので約2万円弱になるでしょう。販売当初の金額の5%~10%が買取額になります。ただし、業者によって買取額は異なるので査定額を比較してみてください。

Q.人気のあるメーカーや種類とは?
A.デジカメで人気のあるメーカーは、キャノン・ソニー・オリンパス・ニコン・ペンタックスです。この中でも特に、キャノンとニコンに人気が集まっています。最近では、おしゃれなデザインやコンパクトサイズのデジカメが人気です。

Q.悪徳業者の特徴とは?
A.悪徳業者はきちんと査定を行わず、いい加減な対応が特徴です。また、古物商許可証を取得していないケースも見られます。そのため、ホームページにきちんと許可番号が記載されているか、スタッフの対応が丁寧かなど詳しくチェックしてください。

まとめ

いかがでしたか? デジカメの処分は自治体・販売業者や通販業者による下取り・リサイクル・買取回収業者などさまざまな方法があります。それぞれのメリットやデメリットをきちんと把握しておけば、最適なやり方で処分ができるはずです。また、デジカメに差し込むメモリーカードはきちんと抜き取っておかなければなりません。デジカメ本体に含まれているデータも消去が必要です。写真の悪用や悪徳業者とのトラブルを防ぐためにも、きちんと正しい処分方法を把握しておきましょう。ライフスタイルやデジカメの状態に合ったベストな方法で処分してくださいね。