査定額はどれぐらい? 買取対象となる工具は?

バイクや自動車、DIYなどの作業で必要となる工具。特に、自分で家具などを作る人には重宝するでしょう。しかし、新しい工具を買えば古いものは不用です。そこで、買取や査定の知識を付けておきましょう。この記事では、工具の買取についてまとめました。

  1. 買取対象となる工具について
  2. 買取価格の相場について
  3. 買取先を探すときの注意点
  4. 売れない工具を処分するには
  5. まとめ

1.買取対象となる工具について

1-1.買取対象となる工具

工具とは、電動ドリルなど大掛かりな作業を簡単にできる機械のことです。チェーンソーやハンマーなどが当てはまります。以下のようなものは、買取対象となる工具です。

  • 穴あけ・ネジ締め・貼り付け工具…ドリル、インパクト、コンクリートハンマーなど。
  • 切断・曲げ工具…切断機、ジグソー、鉄筋カッターなど。
  • 研磨・研削工具…ベルトサンダ、コンクリートカンナなど。
  • 切削・ホゾ穴・大入れ工具…カンナ、チェーンノミ、研磨式カンナ刃など。
  • エア・ガス・くぎ打ち工具…ネジ打ち機、エアタンク、コイルネイラ、エアくぎ抜きなど。
  • エンジン工具…エンジンドリル、エンジン除雪機、エンジンポンプなど。
  • 計測工具…セオドライト、ランドレッグ、レーザーレベルなど。

1-2.高値が付く工具とは

工具にも高値が付くものがあります。では、どのような工具ならば高値が付くのでしょうか。
工具にも流行や新製品があります。製造年月が新しいもののほうが高値となるのです。少し古くても人気商品であれば一定の金額が付くと思いましょう。買取のときは、状態の良しあしも影響します。本体の傷や使用感が少ないほうが高値となるのです。また、説明書やケースが付いていればバッチリ。説明書だけでなく付属品やバッテリー、コードなども高価買取対象です。

2.買取価格の相場について

2-1.工具の相場とは

各工具には、需要に合わせて買取相場が決まっています。もちろん、状態や商品によっても価格は変動するので注意しましょう。今回は、特に人気のある工具について買取相場を紹介します。

  • くぎ打ち機…約40000円~7000円
  • インパクトドライバー…約30000円~4000円
  • 発電機…約150000円~6000円
  • 丸のこ…約15000円~5000円
  • ハンマードリル…約40000円~5000円
  • ボードカッター…30000円~10000円
  • ドリル…約50000円~2500円
  • レンチ…約25000円~5000円
  • 充電式ニブラ…約20000円~6000円
  • チェーンソー…約50000円~3000円
  • 全ネジカッター…約80000円~7000円

値段は状態やメーカーによって大きく変動するものです。相場通りの値段になるのか事前に確認しておきましょう。

2-2.人気のある工具

工具の中にも人気商品があります。需要のある工具ならば一般的な工具よりも高値となるのを知っておきましょう。

  • 穴あけ・締め付け・研磨などピットを交換することで多種多様な機能を果たすドリルドライバーやハンマードリル。
  • 木材を切断する電動チェーンソーや丸のこ。
  • 木材の表面処理を簡単に行える電動カンナ。

以上のような工具は、ほかの工具に比べて人気商品となっています。ぜひ、売るときの参考にしてみてください。

3.買取先を探すときの注意点

工具の買取を探すときは、事前に注意しておきたいことがあります。その注意点について確認しておきましょう。

3-1.リサイクルショップにいきなり持っていかない

工具を売るとき、リサイクルショップでまとめて処分しようと考える人もいます。しかし、いきなり持っていくのはおすすめしません。リサイクルショップでは、工具の買取を日ごろ行っていない可能性があります。日ごろ買取をしていない商品は需要がありません。そのため、買取価格が下がる可能性が高いです。売ろうとしている工具がブランドものやプロ用工具であっても査定結果は低くなります。リサイクルショップに工具が見当たらない場合は、売却を見送りましょう。実際の価格より低い値段、もしくは処分扱いとなります。

3-2.相場を知っておく

工具は頻繁に買い替えるものではありません。工具をよく使う人も耐久性のある商品を使う傾向にあります。そのため、工具の相場が知らない内に変化していることも多いです。工具を買取に出すときは、事前に相場をチェックしておきましょう。相場をチェックするのは、ネットなどで大丈夫です。万全にしておきたいときは、工具の買取をしている業者に問い合わせてみましょう。

3-3.見積もりを取ってもらう

工具の買取を依頼するときは、事前に見積もりを取ってもらうようにします。見積もりを取ってもらえば大体の買取金額がわかるのです。また、見積もりを3社ほどに出してもらえれば相場も見えてきます。気を付けたいのは、見積もりをしない業者です。見積もりは、依頼者に対して金額を提示する大事な作業。また、業者の買取実績を示す場でもあります。きちんと見積もりが出せない業者は、きちんと買取を行っていない証拠です。見積もりができない会社には、買取依頼をしないようにしましょう。

4.売れない工具を処分するには

工具の中には、故障や需要の関係から売れないものがあります。そのような工具は、処分するしかありません。使わない工具は、いつまでも置いておきたくないですよね。そこで、効率よく工具を処分できる方法について知っておきましょう。

4-1.自治体にて処分する

工具は自治体にごみとして出せます。しかし、地域によって分別方法が異なるので確認しておきましょう。基本的には、不燃ごみや粗大ごみとして処分します。また、工具によっては自分で解体する必要があるのです。工具は刃があったり硬かったりするので注意して作業しましょう。

4-2.買取専門業者に依頼する

最も簡単な方法は、買取専門業者に依頼する方法です。買取専門業者ならばまとめて工具を引き取ってくれます。買取専門業者に依頼すれば分別の必要はありません。業者側が分別をしてくれます。また、依頼者の都合に合わせて日時指定ができるのです。忙しい現代人にも便利なサービスとなっています。

買取専門業者ならば自分で工具を運ぶ必要もありません。業者が自宅まで取りに来てくれます。大量に工具があったとしても安心して依頼できるのです。家に眠る工具があれば買取専門業者に依頼しましょう。

4-3.オークションで売りに出してみる

まだ使える工具ならばオークションに出してみるのもおすすめです。人気のあるメーカー・ブランドならばオークションにて買い手が見つかります。状態がよければ買い手は見つかるので試してみましょう。しかし、長期間使っていたり安物であったりすれば買い手は見つかりません。また、確実性がないのも欠点です。

5.まとめ

いかがでしたか? この記事では、工具の買取や相場についてまとめました。工具は多種多様の種類があります。その種類ごとに金額の相場が決まっているのです。ドリルドライバーやハンマードリル、チェーンソーは人気商品となっています。これら工具は、ほかの工具に比べると高値で売ることができると思いましょう。

また、工具を売るときは事前に相場を調べておくのをおすすめします。相場を調べておくと手元に帰ってくるお金が多くなるのです。売れなかった工具は処分しましょう。処分するときは、買取専門業者に依頼するのが手っ取り早くて便利です。