工夫しよう!狭小住宅でも上手に収納できるコツ・アイデアとは?

家が狭いと、収納したくてもなかなか思うようにいきません。
極小住宅に住んでいて収納に困っている人は、ぜひチェックしてください。
極小住宅でうまく収納する方法や収納アイデア、失敗例、成功するための工夫やコツについて説明します。
上手に収納するためにも、コツをつかんでおきましょう。
コツさえ把握しておけば、スムーズに収納できますよ。

  1. 狭小住宅で収納するアイデア
  2. 収納の失敗例
  3. 狭小住宅で収納するコツ
  4. まとめ

1.狭小住宅で収納するアイデア

小さい家、1人暮らしのアパートなど、収納スペースが狭いですよね。
収納したいものがたくさんあっても、なかなか入らないでしょう。
そこで、狭小住宅でも収納できるアイデアをいくつか紹介します。
収納で困っている人は、要チェックです。

1-1.さまざまな大きさの収納ボックス・ケースを利用する

思うように収納できない理由は、狭小住宅だからとあきらめていませんか?
人によっては、上手に収納できていないことが原因になっているケースもあります。
ものがごちゃごちゃになる、大小さまざまなものをバラバラに収納しているなど、効率の悪い収納はスペースを無駄づかいしているものです。
そこで、収納や片づけが苦手な人は、「収納ボックス」や「ケース」を利用してください。
たとえば、引き出しの中に入れるものを大きさ別にケースへ入れていきましょう。
小さい小物類はミニケースへ、大きい雑誌や本などは、収納ボックスなど、使い分けることで上手に収納できますよ。
収納したいものに合わせて、さまざまな収納ボックス・ケースを活用してください。

1-2.狭小住宅の収納は「飾る」

整理整頓するとき、「収納しなければならない」と考えがちですよね。
しかし、狭小住宅の場合は、「飾る」収納にしてください。
ものを収納スペースに無理やり入れるのではなく、「飾る」ことが大きなポイントになりますよ。
たとえば、帽子やストールなどは飾るようにリビングに置く、隙間ができやすい部屋の一角にはラックを立てかけるなど、さまざまです。
特に、玄関はスッキリしておきたい場所になります。
狭小住宅になると、靴もうまく収納できません。靴を収納する際におすすめしたいのは、靴を飾るようにラックを置きましょう。
なかなか収納できないものは、「飾る」ように収納することがポイントです。

1-3.あいているスペースを見つける

狭小住宅で収納するアイデアは、「あいているスペースを見つけること」です。
「あいているスペースがないから収納できない」と思っていませんか?
しかし、探してみればスペースが見つかるものです。
たとえば、家具の間にできている隙間や部屋の一角、天井付近など、収納できるスペースはたくさんありますよ。
あいているスペースを見つけ、どうすれば使いやすく、収納しやすくなるのか考えていきましょう。
使わなくなった家具を自分で分解して、収納箱にもできます。
あいているスペースを見つけ、上手に使っていきましょう。
1度、部屋全体を見渡してみるとよいですよ。
全体的に部屋を見渡し、隙間を埋めるように工夫してくださいね。

2.収納の失敗例

2-1.今あるすべてのものを収納する

狭小住宅の収納における失敗例を紹介します。
よくある失敗例は、「収納しすぎること」です。
今あるすべてのものを収納しようとしていませんか?
何とかして、すべてを収納したい気持ちはわかります。
しかし、収納しすぎると、逆に部屋の中が散らかってしまうのです。
狭い部屋での収納をしていたAさんは、何も考えずに収納できる場所すべて使っていました。
実際、必要なものを取り出したいとき、どこにあるのかわからず、収納したものをすべて取り出してしまったのです。
案の定、部屋の中は散らかり、収納しなおさなければなりません。余計手間がかかってしまいます。
そのため、「今あるすべてのものを収納しないこと」「収納する場所を考えること」に、注意してくださいね。

2-2.見せる収納にこだわる

狭小住宅の収納は、「壁」を利用する人が多いでしょう。
壁にラックやコークボードをかけて、アクセサリーを見せるように収納する、帽子をかける、キッチン道具をキッチンの壁に収納するなど、「見せる」収納があります。
見せる収納は、バランスを考えていかなければなりません。
ところかまわず、壁に「見せる収納」をすると、部屋全体がごちゃごちゃになってしまうのです。徐々に、落ち着かない部屋に仕上がってしまいますよ。
見せる収納をする場合は、バランスの計画を立ててください。
どの場所に何をかけるのか、壁に何を収納するのか、細かく決めていきましょう。
失敗しないためにも、事前の計画が大切なポイントになります。

3.狭小住宅で収納するコツ

3-1.「整理整頓」をする

狭小住宅でも上手に収納するコツがあります。
まずは、要らないもの・必要なものにわけることです。「整理整頓」をしていきましょう。
失敗例でも説明したとおり、今あるすべてのものを収納しようとするから、収納に失敗してしまうのです。
収納を上手にするためにも、要らないものは捨ててください。
収納したいものを1度、全部部屋の中に出します。
そして、1つずつ「今必要なもの」「使わないもの」にわけていきましょう。
今必要なものは、そのまま収納しても構いません。
しかし、使わないものは要らないものになります。この先保管していても、使わない可能性が高いです。
人は生活している限り、どんどんものが増えていってしまうでしょう。
使わないものは、ゴミ袋に入れてくださいね。
どうしても迷う場合は、「1年以上使っているかどうか」を判断基準におきましょう。
1年以上使っていないものは、使うことがありません。思いきって捨ててください。

3-2.ものによって収納する場所を決める

狭小住宅でも上手に収納するため、「収納する場所」を決めてください。
ものによって収納場所を決めていかなければ、部屋の中が散らかってしまいます。
雑誌は本棚、おもちゃは収納ボックス、カギや小物類はテーブルの上にあるケースなど、それぞれ決めてください。
おき場所を決めることで、何がどこにあるのか把握できますよ。必要になるものをすぐ取り出すことができるでしょう。
部屋の中が快適な空間になるので、ぜひ試してみてください。
収納する前に、計画をある程度立てておくと効率的にすすめることができます。
収納ボックスを置くのなら、サイズを測っておくとよいでしょう。
事前の計画は、上手に収納するコツの1つです。

4.まとめ

狭小住宅で収納するアイデアや収納の失敗例、収納するコツについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
「狭小住宅だから・・・」とあきらめる必要はありません。
収納アイデアやコツをつかんでおけば、上手に空間が活用できるでしょう。
失敗例をいくつか知っておくと、気をつけながら収納できます。
ぜひチェックしてほしいポイントです。

  • さまざまな大きさの収納ボックス・ケースを利用する
  • 狭小住宅の収納は「飾る」
  • あいているスペースを見つけ、考える
  • 今あるものをすべて収納しない
  • 見せる収納にこだわりすぎるのはNG
  • 「整理整頓」をする
  • ものによって収納する場所を決める

以上のポイントは、要チェックです。
狭小住宅に住んでいる人、上手に収納したい人にとって、参考になる内容になっています。
収納するだけでなく、要らないものを捨てることも大切です。
必要なものだけに囲まれた、快適な生活を目指しましょう。