大型ソファーも楽々処分!高価買取してもらう方法

「引越しでソファーを処分したい!」「ソファーの処分方法がわからない」とお悩みの方必見!ソファーの処分方法のあれこれをご紹介します。ソファーは、革・布・合皮など素材の種類から、一人掛け・二人掛けなど形状も幅広いです。自治体のごみ回収では、それぞれの素材によりごみの分別をしなければなりません。1つのソファーにさまざまな素材が使われているため大変面倒ですよね。間違った処分方法を選ぶと手間とお金と時間を無駄に消費することになるでしょう。そこで、どんな形状・素材のソファーでも簡単に処分できる方法をお教えします。

  1. ソファーを捨てたい!処分したい!
  2. ソファーを自分で捨てる場合は?
  3. ソファーの処分は引越し業者に頼める?
  4. ソファーは販売業者に下取りしてもらえる?
  5. ソファーをリサイクルするには?
  6. ソファー処分は業者に依頼すると楽チン!
  7. ソファー処分にかんするよくある質問
  8. まとめ

この記事を読むことで、ソファーを簡単に!お得に処分することができます。中古家具を高価買取してもらえるポイントもぜひチェックしてみてください。

1.ソファーを捨てたい!処分したい!

1-1.ソファーの寿命について

ソファーの寿命は、形状や材質・使う環境によっても大きく異なります。ソファーの平均的な寿命は、3年~10年です。高価な革素材のソファーでは10年以上使えるものもあるでしょう。また、高級ブランドのソファーは皮の張り替えサービスを行うメーカーもあります。メンテナンスしているソファーは10年経(た)っても状態のいいものが多いです。合皮のソファーの寿命は5年~8年と言われています。ソファーの中でも寿命が短いものが布のソファーです。布ソファーは価格も安く、温かみのある雰囲気がある反面、汚れが目立ちやすく破れやすいと言うデメリットがあります。布ソファーの平均寿命は5年ほどです。中のスプリングが壊れていなくても汚れが原因で手放す方が多いでしょう。

1-2.ソファーは粗大ごみ?

ソファーは粗大ごみとして自治体に回収してもらえます。可燃ごみや不燃ごみとしては出せません。ただし、処分ルールや引き取り可能かどうかは、お住まいの地域の自治体へお問い合わせください。地域によっては引き取りが不可の場合もあります。

1-3.ソファーの構造と廃棄の注意点

ソファーの構造は複雑です。ブランドや商品により異なりますが基本的にソファーの枠は木の枠で、その上にクッションが置かれている構造になります。クッションは長く使えるよう硬めのタイプのウレタンやチップウレタンが何層にも使われているのです。コイルの中に綿を詰(つ)めたポケットコイルが使用されているソファーもあります。クッション材を可燃ごみとする自治体もあれば、不燃ごみやプラスチックの扱いに分別するところもあるでしょう。ソファーは素材により自治体の処分ルールに合わせて細かく分別しなければなりません。

2.ソファーを自分で捨てる場合は?

ソファーを自分で捨てる方法をご紹介します。

2-1.自治体に回収してもらうには

ソファーを自治体に回収してもらうには、お住まいの地域の粗大ごみ受付センターへ連絡します。粗大ごみは通常のごみ処分ルールとは異なり自治体ごとに方法が異なるので注意してください。依頼するときは、ソファーの大きさや数を聞かれます。事前に測っておくとスムーズです。自治体の回収では、回収料金がかかります。料金は、依頼するときに自治体から案内がありますのでメモしておきましょう。処分費用の支払い方法は、コンビニやスーパーで粗大ごみシールを購入する形です。

2-2.解体する必要がある?

ソファーは「解体すれば可燃ごみや不燃ごみで捨てられるのではないか?」と考える方もいらっしゃるでしょう。 しかし、ソファーの分解は大変です。解体できたとしても、中の素材がウレタンやコイルの場合、燃えるごみとしての処分は難しくなります。不燃ごみの処分ルールも自治体ごとで決められているでしょう。ソファーを解体して捨てる場合は、解体する労力、素材によるごみの仕分け、自治体の処分ルールの確認など、手間と時間がかかります。

2-3.自治体の回収でやるべきこと

自治体の粗大ごみ回収では、依頼・粗大ごみシールの購入のほかに、大きな仕事があります。自治体の粗大ごみ回収では、家から回収場所まで自分で搬出・運搬しなければならないのです。さらに、自治体が指定する回収場所が遠いと困ってしまいますよね。決められた日時に決められた時間までに指定場所に運搬しなければ、回収してもらえないのです。時間は、「朝8時半まで」と早めに指定されることもあります。雨が降っていようとその日に搬出・運搬しなければならず、女性や高齢者には、困難な作業です。

2-4.自治体回収を利用するメリット・デメリット

自治体を利用するメリットは、回収費用の安さです。しかし、メリット以上に手間と時間がかかるため廃棄するまで苦労します。大きいものだと自宅から出すだけでも一苦労でしょう。また、回収日数は決められているため自分の都合に合わせることはできません。場合によっては、数週間待たされることもあるのです。女性や高齢者・急いで処分したい方には向いていない処分方法でしょう。

3.ソファーの処分は引越し業者に頼める?

3-1.引越し業者による処分とは?

ソファーの処分は引っ越し業者へ依頼することもできます。引越しの搬出・運搬と同時に、要らない家具を処分してくれるサービスです。引越しと同時に処分できるため手間がかかりません。

3-2.引越し業者に依頼する方法

引越しを予定している方は、引っ越し業者の見積時に処分できるか聞いてみましょう。引越しを予定していない方は、処分だけできる業者もあります。しかし、引っ越しをしないのであれば、処分費用が高くなってしまうでしょう。また、引っ越し費用を安く抑えたい方は、ソファーの処分が増えることにより料金が高くなる可能性もあります。

3-3.引越し業者に依頼した場合の手数料は?

ソファーの処分を引越し業者へ依頼する費用は、業者により大幅に異なります。まず、不用品回収や買取サービスをメインとした業者の引越しサービスを利用する場合は、不用品の回収に長(た)けていますから、安く抑えることも可能でしょう。しかし、引越しサービスをメインとしている業者は、不用品の処分費用を高く取る可能性があるのです。また、トラック積み込み○○円という引越しサービスを利用している場合、ソファーの処分を追加することで、トラックに入らない荷物が出てくる可能性もあります。

3-4.引越し業者を利用するメリット・デメリット

引越し業者に依頼するメリットは、引越しと同時に処分できるため時間と労力が要らないところです。自分で搬出・運搬する必要もありません。デメリットは、業者により料金が高くなる可能性があるというところです。せっかく引越し料金を安く抑えたにもかかわらず処分費用が高くついてしまう場合があります。また、処分するものと持って行くものがごちゃごちゃになってしまうこともあるのです。本来、必要なものまで捨てられてしまったというトラブルも報告されています。引越し業者に処分を依頼し、遠方へ引越した数日後、届いた荷物を見てがく然としてしまったという声もあるのです。手間と時間を省こうとしてお気に入りの家具まで処分されてしまってはたまりませんよね。依頼するときは、処分する家具と持って行く家具の運搬トラックを分けてもらうなどの対策が必要です。

4.ソファーは販売業者に下取りしてもらえる?

4-1.販売店の下取りって何?

家具やソファーを販売する一部のお店では、要らなくなった家具を下取りするサービスを行っています。新しく家具を購入する場合に限り、購入する家具と同等の大きさ・数に限り、引き取ってもらえるサービスです。サービス内容はお店により異なりますので、事前に問い合わせてみましょう。

4-2.通販業者の場合はどうなる?

最近では、家具を通販で購入する方も増えてきました。と同時に、通販業者の中にも家具を下取りするサービスを行うお店が出てきたのです。通販業者の下取りは、新しい家具が届くと同時に要らないくなった家具を配送業者が引き取ります。通販会社の引き取りを希望する場合はサービスを行っているかどうかを確認して購入を決めましょう。

4-3.下取りしてもらう際の手数料は?

販売店の下取り費用はお店により異なります。0円~5000円くらいが一般的です。お店の定めている条件に合わない場合は、追加料金がかかる可能性もあります。たとえば、搬出するまでに階段しかない・トラックが家の前に止められないなど、運搬に困難な状況です。通販の場合は、引き取り条件が小さな文字で書かれていることが多いので注意してください。

4-4.販売店の下取りを利用するメリット・デメリット

販売店の下取りを利用するメリットは、新しい家具を届けてもらうときに古い家具を持って行ってもらえることです。デメリットは、新規で購入しない場合は利用できないか有料になるところでしょう。また、同種類の家具しか引き取りしてもらえないこともあるため、注意が必要です。さらに、引き取りにはお店により諸条件があります。追加料金などがかかると処分費用が高くなることもあるため事前に料金を確認しておきましょう。

5.ソファーをリサイクルするには?

要らなくなったソファーはリサイクルすることも可能です。

5-1.リサイクルできるソファーとは?

リサイクルできるソファーは以下のようなものです。

  • 汚れや破れがなく状態がいいもの
  • 購入したばかりのソファー
  • 人気ブランド・メーカーのもの
  • 購入価格が高価なソファー
  • 購入したときの付属品が揃(そろ)っている
  • 汚れがあるが磨けば取れそうなソファー
  • 人気のデザイン

基本的に、人気ブランドで状態のいいものはリサイクル可能です。業者によっては買取してもらえる可能性もあるでしょう。家に合わせてオーダーメイド家具は、買取が難しいことも多いです。
【買取されやすいソファーブランド】

  • マルニ
  • 大塚家具
  • カリモク
  • 飛騨産業
  • Furniture sofa
  • カッシーナ
  • アルフレックス
  • フリッツハンセン
  • ヴィトラ
  • ハーマンミラー

デザイナーズ家具・革張りの高価なソファー・応接セットなどは買取してもらいやすいでしょう。

【高価買取してもらうには?】

ソファーを少しでも高く買取してもらうには、ソファーの状態をよくしておくことが大切です。ほこりや拭いて取れる汚れはキレイにしておきましょう。また、購入から3年以内の新しいもの・高価な革ソファーは買取してもらえる可能性が高いです。セットで購入したソファーはセットで買取してもらうほうが、高値になります。ソファーを置いている部屋は、買取査定前に片付けておくのもポイントです。散らかった汚い部屋にあるソファーよりは高値になります。ぜひ買取査定前にやっておきましょう。

5-2.家具専門リサイクルショップを利用

ソファーをリサイクルしたい場合は、必ず家具専用のリサイクルショップに依頼しましょう。リサイクルショップにも専門があります。洋服の取り扱いがメインの業者に家具を持ち込んでも買取してもらえない可能性が高いです。高い処分費用を請求される恐れもあるでしょう。家具専門の業者なら、家具に詳しいスタッフが在籍しています。ブランド家具の価値がわかる、豊富な知識を持つ業者にお願いすれば間違いないです。

5-3.ネットでリセールする場合

最近では、携帯電話のアプリで簡単にネットオークションや個人売買が可能になりました。要らなくなったソファーも、ネットオークションやアプリに出品することは可能です。しかし、ソファーは配送に1万円以上かかることも多く落札率がよくありません。届くまでに破損しないよう、こん包するのも大変です。ネットオークションやアプリでリセール可能ですが、手間や時間がかかるでしょう。個人間の取り引きですから、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。利用する際には、以上のことに十分注意して出品してください。

6.ソファー処分!業者に依頼すると楽チン!

6-1.こんな場合は業者に依頼しよう

  • 女性や高齢者でソファーの搬出ができない
  • 時間がない
  • ソファーの処分に手間をかけたくない
  • ソファー以外にも処分したい家具がある
  • 状態のいいソファー
  • 人気ブランド・メーカーのソファー
  • 購入価格が高かったソファー

上記のような方は、ソファーの処分を業者に依頼しましょう。業者に依頼すれば手間も時間もかけることなく処分することができます。もちろん、搬出・運搬の必要もありません。

6-2.業者選び5つのポイント

ソファーの処分を依頼する業者の選び方をご案内します。

【買取を行う業者】

どんなソファーでも買取してもらえるかは査定しだいです。こんなソファーは売れないと思っているだけで、買取してもらえる可能性は十分あります。ソファーの処分を依頼するときは、買取査定を行う業者にお願いしましょう。

【家具専門業者】

ソファーの処分は、家具専門リサイクル業者に依頼してください。家具の取り扱いに慣れている業者は、買い取りするときの査定額も適正な価格を提示してもらえます。家具の知識がない業者では見た目だけの判断で、査定額が安くなる可能性があるのです。また、家具の回収を行っていない業者もいます。事前に家具の回収・買取を行っている業者か確認して依頼しましょう。

【自治体の許可を得ている業者】

家庭の家具を回収買取するには、自治体の許可が必要です。許可なく、営むことはできません。業者のホームページなどで確認してみてください。

【出張費と見積もりが無料】

出張費や見積もりが無料かどうかは業者選びの重要なポイントです。まれに出張費が数千円かかる業者があります。事前に確認してください。

【急ぎでも対応してくれる業者】

ソファーや家具の処分には時間をかけたくないですよね。近くの業者であれば、即日引き取りに来てくれるところもあります。引っ越しシーズンには依頼が混みあうため、早めに予約しておきましょう。

6-3.業者に依頼するメリット・デメリット

ソファーの処分を業者に依頼するメリットは、手間と時間がかからないことです。電話1本で自宅まで見積もりに来てもらえます。買取査定もその場で行い、買取不可のものでも回収可能です。見積もりに納得できない場合は断ることもできます。家の不用品をまとめて査定可能です。引っ越しで処分したいものが大量にある場合は活用しましょう。業者に依頼するデメリットは、悪質な業者との料金トラブルが発生する可能性があるというところです。見積もり金額より高い料金を請求されるなどのトラブルがあります。トラブルを避けるには、この記事にある業者選び5つの条件をクリアしている業者に依頼してください。

6-4.ソファー処分を依頼した場合の料金とは?

ソファーの処分料金は、ソファーの種類や形状により異なります。買取してもらう場合は当然費用はかかりません。ソファーのほかにも査定希望した家具があり、家具だけ買取してもらった場合は「ソファー回収費用+基本料金ー買取費用=合計」となります。
基本料金は業者により0円~3000円ほどです。回収費用がかかる場合もびっくりするような高い価格ではありません。手間と時間と早い対応を考えると、多少の費用をかけても業者に依頼したほうがメリットが大きいです。

6-5.ソファーの回収方法とは?

ソファーの回収は、搬出・運搬共に業者がすべて行います。依頼者は見ているだけで作業することはありません。見積金額に納得すれば、その場で回収するか、数が多い場合は後日引き取りになります。見積もり依頼時にあらかじめ回収希望のソファーの大きさを伝えておくとスムーズです。

6-6.「無料回収」に潜むトラブルとは?

近年、国民生活センターには、不用品の回収買取を行う業者と消費者との間のトラブル相談が増えていると言います。トラブルの多くは、トラックで「無料回収」と謳(うた)いながら回る業者との取り引きです。無料と言いながら”トラックに積み込んだ後料金を請求してきた””金額が聞いていたものと違う””買取金額の支払いがない”などの料金トラブルが報告されています。社名の入っていないトラックの回収は、自治体の許可を得ていない違法営業の可能性もあるでしょう。回収した家具は、不法投棄される恐れもあります。家具の回収を依頼するときは、所在地のはっきりしている業者を選びましょう。

7.ソファー処分にかんするよくある質問

7-1.壊れたソファーもリサイクルできる?

壊れた箇所や状態にもよります。高級ブランドのもので、わずかな破損であれば、業者によっては買取可能です。実物を査定してからの判断になります。家具専用リサイクルショップへ査定を依頼してみましょう。

7-2.ソファー以外の家具も回収してもらえる?

もちろんです。家具専用リサイクルショップでは、一般家具のほか、家電・オフィス家具・厨房(ちゅうぼう)機器などの買取依頼もできます。ぜひご相談ください。

7-3.家具のブランド名や購入店舗がわかりません。買取してもらえますか?

家具専用リサイクルショップには、家具に詳しいスタッフが常駐しています。実物とある程度の購入価格がわかれば判断できますからご安心ください。

7-4.家具を急ぎで処分したい。早く対応してもらえますか?

業者のトラックとスタッフに空きがあれば即日回収も可能です。引っ越しシーズンや年末などは混みあいますからお早めにお問い合わせください。

7-5.10年以上前に購入したソファーでも買取してもらえますか?

古い家具でも、状態やブランドにより十分買取できる可能性があります。家具専門のリサイクルショップにご相談ください。

まとめ

この記事では、ソファーの処分方法についてご案内しました。引っ越しや模様替えでソファーの処分をお考えの方、処分方法はご理解いただけましたでしょうか?ソファーは思っているより重たい構造になっています。一人掛けソファーでも、女性や高齢者が持ち運ぶには困難なものもあるでしょう。自治体の粗大ごみ回収は、運搬の必要があります。時間と労力がかかる上に買い取りしてもらえません。まだ使えるソファーは、買取してもらえる可能性が十分あるのです。ソファーを処分したいと思ったらまずは家具専用のリサイクルショップへ相談しましょう。