キッチンの収納はどうする? 便利グッズや役立つアイデアを徹底解説

キッチンは細々(こまごま)したものが多く、ごちゃごちゃした印象になってしまうのが難点です。毎日使う場所だからこそ、使い勝手のいい収納にしたいと思うでしょう。キッチンの収納は、グッズの活用やアイデアしだいで、使いやすさが飛躍的に向上します。キッチンの収納でお困りの方は、本記事を参考にしてください。

  1. キッチンに収納するものについて
  2. キッチン収納でおすすめのグッズ
  3. キッチンの収納アイデア
  4. キッチンをきれいに使うポイント
  5. キッチン収納でよくある質問

キッチンの収納は、コツをつかむだけでおしゃれで使いやすいものになります。家事が捗(はかど)る環境を目指し、収納の改善を行いましょう。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.キッチンに収納するものについて

キッチンには、どのようなものを収納しているのでしょうか? 具体的な例を挙げていきます。

1-1.調理器具

調理器具には、フライパンや鍋などがあります。サイズが大きいものもあり、かさばるのが難点です。また、使いたいときに、さっと取り出すことができるようにしておく必要があります。

1-2.キッチンツール

キッチンツールは、菜ばし・トング・おたま・ピーラー・ハサミ・計量カップなど、調理時に使用する道具です。形状がそれぞれ異なるのに加え、重ねて収納すると取り出しにくくなってしまいます。

1-3.カトラリー

カトラリーは、はし・スプーン・フォーク・はし置きなど、普段の食事で使用するものです。家族の人数が多いほど、カトラリーの数や種類は増えていきます。大きさや形状・使用頻度ごとに分類し、分かりやすい収納を目指しましょう。

1-4.お皿

お皿は、深さがあるもの・小鉢・トレー・茶碗(ちゃわん)など、種類が豊富です。重ね置きできるものとできないものがあり、重量もあって置き方で悩むことが多いでしょう。

1-5.コップ

コップは、普段使うもの以外に、マグカップ・ワイングラス・湯飲み・客用グラスなどもあります。多すぎる場合は、数を絞り込むことも大切です。また、取り出しやすいよう、普段使いのものは収納の仕方を工夫しましょう。

1-6.調味料

調味料は、ひと目で何か分かるようにし、取り出しやすさを意識した収納にすることが大切です。使用頻度が高いものは調理台のそばに、使用頻度が低いものは収納場所を別に設けるなど、使い分けをしましょう。

2.キッチン収納でおすすめのグッズ

キッチン収納に便利なグッズをご紹介します。

2-1.ファイルボックス

ファイルボックスは、100均でも購入できるグッズです。調理器具やお皿の収納に適しています。ファイルボックスに立てて収納することで、出し入れしやすい収納になるでしょう。シンク下にある開きや引き出しにファイルボックスを置けば、かさばるものでもコンパクトにしまうことができます。

2-2.ラック

ラックは、設置場所に応じたものを選びましょう。シンク下なら引き出し式のものが便利です。液体調味料なども収納でき、引き出すだけで簡単に取り出すことができます。壁面に収納を設置する場合は、突っ張り棒で支えるタイプのラックを使うと、デッドスペースを有効活用できるでしょう。

2-3.棚

棚は、床置きタイプではなく、壁に取りつけるタイプがおすすめです。お皿やコップ類を並べれば、インテリアとして楽しむことができます。重量を考慮して強度がしっかりしたものを選んでください。壁に取りつける棚は、ニトリや無印良品などで購入することができます。

2-4.有孔ボード

有孔ボードは、キッチンの壁面全体を覆うように設置して使います。DIYで取りつけができるのがメリットです。穴にS字フックをかければ、キッチンツールの収納に役立ちます。重さがあるものをかける場合は、突っ張り棒を併用するといいでしょう。

3.キッチンの収納アイデア

キッチンの収納を、おしゃれで使いやすくするアイデアをご紹介します。

3-1.引き出しの中は仕切りを設ける

引き出しの中はごちゃごちゃしやすいため、仕切りを設け、種類別にしまう方法がおすすめです。100均で購入できるプラスチックケースなどを複数用意し、組み合わせて使いましょう。出し入れがしやすく、見栄えもよくなるのがメリットです。カトラリー類も仕切りを使ってしまうと、すっきりした印象になるでしょう。

3-2.吊(つ)り戸棚の中にカゴを設置する

吊り戸棚の中には、カゴを設置すると、ものの出し入れがしやすくなります。複数のカゴを用意し、種類ごとに分類してしまいましょう。扉を開いたときに中身が分かるよう、ラベリングをしておくと便利です。

3-3.お皿はコンロ下の引き出しに立ててしまう

お皿は、食器棚ではなく、コンロ下の引き出しに立てて収納する方法がおすすめです。調理後にさっと取り出し、すぐに配膳ができます。1枚ずつ仕切りを設けて収納したい場合は、ファイルボックス以外に、引き出し用ディッシュスタンドを活用する方法も考えてみてください。

3-4.食器棚の中は仕切りスタンドを組み合わせ収納容量を増やす

食器棚は、空間の無駄が出やすいものです。コップ・マグカップなどは高さがないため、上部にデッドスペースが生まれます。仕切りスタンドを組み合わせ、収納スペースを2段にしてみましょう。収納容量が増え、コップ類をまとめてしまうことができます。

3-5.調味料は専用ラックを設置する

頻繁に使う調味料は、専用ラックを設置すると便利です。なるべく調理中に手が届く場所に設置しましょう。並べるだけでなく、調味料をガラス製のボトルに詰め替えると、おしゃれで洗練された印象を与えることができます。

4.キッチンをきれいに使うポイント

収納術を身につけたら、キッチンをきれいな状態で維持することも考えましょう。キッチンは衛生的な環境を保つことが重要です。普段の使い方や掃除について覚えておいてください。

4-1.使ったらすぐに掃除をする

キッチンは、調理中に油汚れが飛散するため、使ったらすぐに掃除をすることが大切です。汚れが柔らかいうちに拭き取り、頑固にこびりつく前に取り除きましょう。普段からこまめに掃除を行っていれば、大掃除も楽になります。

4-2.出したら元の場所へ戻す

ものを出したら、必ず元の場所へ戻しましょう。単純な作業でも、継続することできれいな状態を維持できます。まとめて片づけをしようと後回しにしていたら、タイミングを逃してしまい、キッチンは散らかる一方です。まず、ものの定位置を決め、出したら戻す習慣を身につけてください。

4-3.生ゴミを放置しない

キッチンを使った後は、生ゴミを放置せず、すぐに撤去しましょう。生ゴミを放置すると、悪臭・カビ・害虫の発生を招きます。衛生的な環境を維持するためにも、掃除と併せてゴミを残さない工夫をしてください。また、生ゴミを廃棄するときは、しっかり水をきってから袋などに密閉することが、悪臭の発生を防ぐポイントとなります。

4-4.水分を拭き取る

シンク周りには、水が付着するため、こまめに拭き取り掃除をすることが大切です。水分を放置すると、頑固な水垢(みずあか)になります。水垢は金属部分のくすみやぬめりなどを招くため、放置しないことがポイントです。

5.キッチン収納でよくある質問

キッチン収納に関する質問を集めました。

Q.キッチン収納は、どのように配置を考えればいいのか?
A.使用頻度で考えましょう。よく使うものは目線の位置に、使用頻度が低いものは高い場所へ、重量があるものは下部に配置します。棚などを設置するときは、動線も考慮してください。

Q.ものの定位置を決める際の注意点は?
A.キッチンは衛生的な環境が重視されるため、食品と洗剤を一緒に収納しないようにしましょう。また、定位置を決める際は、地震などの災害時にものが落ちてくることも想定し、安全な配置を心がけることも重要です。

Q.キッチン収納を見直す以外に必要なことは?
A.無駄な買い置きをしないことを意識しましょう。食材や洗剤類などを余分に買い置きする癖がある方は、収納場所も余分に必要となります。キッチンがストックで圧迫されるだけでなく、ものがあふれて通気が悪くなるため、なるべく買い置きは避けましょう。

Q.キッチン収納から生活感をなくすためにできることは?
A.目隠し収納を取り入れることです。ものをむき出しにしないことで、生活感が一掃され、ホコリの付着も防ぐことができます。目隠し収納は、突っ張り棒と布だけでも可能です。

Q.キッチンの環境改善は、冷蔵庫の中も実践すべきか?
A.はい、冷蔵庫の中も実践したほうがいいでしょう。まず、賞味期限が過ぎたもの・腐敗しているものは取り除いてください。庫内をきれいに掃除してから、種類別に分けてラベリングしたケースに入れ、整理整頓をしましょう。冷蔵庫の中がきれいになると、中身が把握しやすくなり、余分な買い置きをしなくなるため節約にもつながるのがメリットです。

まとめ

キッチンはものが多いため、ごちゃごちゃした環境になりがちです。ものを整理整頓し、出し入れしやすい収納を目指しましょう。使用頻度に応じ、収納場所を決めることが大切です。便利なグッズを活用し、使い勝手がいいキッチン収納を作ってみましょう。普段からきれいにするコツなども覚え、衛生的な環境を維持することも重要です。

もしこの記事が役に立ったら、記事下のボタンを押してシェアしてくださいね。