引越しをお得に進めるために! 家賃の交渉の仕方・注意点を解説!

引越しの部屋を探しているとき、人によって最優先事項は異なるでしょう。立地や部屋の構図、そして家賃も部屋選びのポイントです。毎日生活しやすい家賃の部屋を選ばなければなりません。不動産や掲示板に記載している家賃の金額よりも安く抑える方法があります。安く抑えるポイントは家賃交渉です。

そこで、家賃交渉成功のコツや家賃交渉での注意点、家賃交渉と引越し費用を抑えるポイントについて説明します。

  1. 家賃交渉成功のコツ
  2. 家賃交渉での注意点
  3. 家賃交渉と引越し費用を抑えるポイント
  4. まとめ

1.家賃交渉成功のコツ

家賃は交渉で安くなる可能性もあります。
しかし、交渉のやり方によっては相手との関係が悪くなる恐れもあるのです。
できるだけ穏便に交渉するためにも、家賃交渉成功のコツを把握しておきましょう。

1‐1.家賃交渉ができる物件とできない物件

家賃交渉ができる物件とできない物件があります。
事前に家賃交渉をしてもいい物件かどうか確認しておかなければなりません。しっかり確認しなければ後でトラブルになってしまいます。
家賃交渉をすすめるためにも、家賃交渉ができる物件とできない物件の違いを知りましょう。
家賃交渉ができる物件は「マイナスポイント」がある物件です。
たとえば、築10年以上の物件などになります。
建築年数が経過している物件は古く、傷や汚れが目立っているものです。
また、最寄りの駅が遠い、あいている部屋が多いのも家賃交渉ができる物件になります。
しかし、逆にマイナスポイントがない物件は家賃を下げる理由がないので交渉しにくいでしょう。

1‐2.家賃交渉が成功しやすい時期は4月以降

家賃交渉成功のコツは「タイミング」にあります。
悪いタイミングで交渉すれば、失敗してしまうでしょう。
家賃交渉の成功確率があがるのは“4月以降”です。
新生活が始まる4月は、すでに部屋を決めている人がたくさんいます。繁忙期がすぎているのであいている部屋が目立ちはじめるでしょう。
1年で最も家賃の交渉がしにくい時期は“2月~3月”になるので注意してくださいね。
繁忙期以外の時期に家賃交渉をすすめいきましょう。
また、家賃の交渉を切り出すタイミングも大切です。切り出すタイミングは“申しこみ前”がいいでしょう。
物件の申しこみ後や入居審査後ではトラブルになってしまいます。

1‐3.家賃の交渉は“低姿勢”が何より大切

あいている部屋がたくさんあれば、大家も家賃を下げてくれるでしょう。
しかし、あくまで家賃の交渉は住居者の勝手な申し出になります。
家賃の交渉を切り出すのにうえから目線で話をしてはいけません。
必ず“低姿勢”で家賃の交渉をしてください。
相手の出方や様子を詳しく確認しながら、低姿勢で交渉を続けましょう。
「安くならないならほかの物件にする」という気持ちでは、素直に応じてくれません。家賃を低くしてくれたらありがたい、交渉に応じてくれたら物件に申しこむなど、あなたの本気を相手に伝えていきましょう。

2.家賃交渉での注意点

2‐1.家賃の相場を必ず把握する

家賃交渉で失敗している人は、家賃の相場を把握していない共通点をもっています。
家賃の相場を把握しなければ、交渉がうまくいきません。
なぜなら、交渉の金額によっては相手が嫌な気持ちになるからです。
家賃の相場よりも1万円以上の金額を提示すれば、相手が不快な思いをしてしまいます。大家も所有している部屋を貸しているので、ある程度収入がなければ管理できません。家賃の相場を把握しないで自分の要望だけ伝えることは絶対にNGです。
家賃交渉をする前に、必ず部屋周辺の家賃相場を把握しておきましょう。
立地条件によって家賃が異なるため、周辺施設や最寄りの駅などもしっかりチェックしておくといいですよ。

2‐2.部屋のあき状況や相手とのコミュニケーション

実際に初めて部屋を見るとき、いきなり大家に家賃交渉をしていませんか?
初対面にもかかわらず、急に家賃交渉を切り出してしまうと高確率で失敗します。
家賃交渉を成功している人は相手とのコミュニケーションを大切にしているのです。
何度か会ってコミュニケーションをとることで、お互いの信頼関係を築きあげることができます。
家賃交渉をすすめる前にコミュニケーションをとってくださいね。
また、部屋のあき状況を知ることも大切です。
あいている部屋が多ければ多いほど、家賃交渉がしやすくなります。大家によっては部屋をできるだけ早く埋めたいものです。
家賃を安くしても埋めたい気持ちでいっぱいなので交渉に応じてくれるでしょう。
よって、部屋のあき状況もチェックしてくださいね。

3.家賃交渉と引越し費用を抑えるポイント

3-1.エアコンや給水設備にも家賃交渉のポイント

家賃の交渉をする際、家の外観や部屋の汚れ、築年数に目を向けるでしょう。
しかし、交渉のポイントはほかにもたくさんあります。
たとえば、エアコンや給水設備などです。
大家さんはできるだけ入居者を増やそうとさまざまな取り組みをしています。入居者がいなくなったときに設備を買い替える、新しい機能がついている設備を取りつけるなどさまざまです。
けれども、物件の中には設備が整っていない部屋があるでしょう。
エアコンがついていない物件の場合、家賃交渉がしやすい傾向があります。
実際に物件を見るときは、“設備”にも注目してください。設備の状況を把握してから交渉したほうがスムーズにすすめることができるでしょう。

3-2.引越し費用を抑えるポイント

できるだけ家賃が低くなると、毎月の支払いが楽になります。
しかし、新居への移動にも費用がかかるでしょう。
引越し業者に依頼するお金、敷金・礼金などさまざまです。
そこで、引越し費用を抑えるポイントを紹介します。
大きなポイントとしては、要らないものを処分することです。引越しは要らないものを処分するきっかけになるでしょう。
新居で「必要ない」と思ってもなかなか処分できません。
部屋中にあるすべてのものが整理できる引越しで不用品を処分してください。
まだ、使えるものであれば不用品回収業者で買い取ってもらえるでしょう。買い取りができると、処分費用がかからないので一石二鳥です。
買い取りできないものでも不用品回収業者は処分してくれます。
要らないものをすべて一気に処分できるのでスピーディーです。

4.まとめ

家賃交渉成功のコツや家賃交渉での注意点、不用品の処分方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
家賃交渉のタイミングややり方次第では、上手に交渉ができます。
交渉に失敗してしまえば、部屋を借りることが難しくなるでしょう。
上手に大家とのコミュニケーションをとりながら家賃交渉をすすめてくださいね。
事前に注意点とコツをつかんでおきましょう。

  • 家賃交渉ができる物件とできない物件
  • 家賃交渉が成功しやすい時期は“4月以降”
  • 家賃の交渉は“低姿勢”が何より大切
  • 家賃の相場を必ず確認する
  • 部屋のあき状況やコミュニケーションをとる
  • エアコンや給水設備も家賃交渉のポイント
  • 引越しをスムーズにすすめるため不用品を処分する

以上のポイントは要チェックです。
引越しは不用品を処分する大きなチャンスになります。
不用品を処分しなければ、新居がものであふれてしまうでしょう。
引越しの準備で出た不用品は、不用品回収業者に依頼して処分してくださいね。
不用品回収業者はスムーズに不用品の回収をしてくれます。
効率的に引越しがすすむでしょう。日にちに余裕をもって引越しの準備をしてくださいね。