どうしたらいいの!? クローゼットが無い部屋の収納術

収納の少ないや、全くないといった物件というのは存在します。間取りの関係や、デザインの関係もありますが、やはり少し不便ですね。賃貸であれば壁や床に傷をつけることは厳禁なので、どのように収納スペースを作るか迷う方も多いのではありませんか?そこで今回はクローゼットがなくてもできる壁や床を傷つけない収納術をご紹介します。もちろん、お手軽でおしゃれとといった条件もクリアしている厳選された術ばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね!

  1. 魅せる収納
  2. 簡易クローゼットを作成するには?
  3. 持ちものは厳選しましょう
  4. 衣類の処分法とは?

1.魅せる収納

どうせ住むならステキでおしゃれ、 住み心地のいい空間をと誰もが望んでいるでしょう。部屋の間取りはさまざまですが、どんな部屋でも工夫次第でお望み通りの空間を手に入れることが可能です。収納スペースがなければ作ってしまえば万事解決!まずは、見せるタイプの収納からご紹介してまいります。

1-1.パイプハンガー

比較的安価に購入できるパイプハンガーは、衣類の収納にたけていてたくさんの洋服を持っているおしゃれさんの部屋でも大活躍でしょう。おしゃれに見せるコツは、色を効果的に使うことです。たとえば、パイプハンガーを2つ用意し、パイプハンガー・姿見・パイプハンガーの順に並べ、パイプ部分には洋服、下にはバッグや靴などを並べます。このとき、パイプハンガーの色と姿見の色を使ったラグを敷くなど統一することで、部屋の中にもチグハグとした印象にはなりません。

1-2.カラーボックス

カラーボックスも使い方次第でショップのようなおしゃれ空間を作りだすことが可能です。たとえば、カラーボックス数個と長い板を用意します。カラーボックスの間を空けて配置し、その上に板をのせましょう。このようにすることでカウンター風になり、カラーボックスには畳んだシャツやボックスを入れて靴下や下着などの小物を収納します。また、間を空けた空間にはハンガーをかけられるように突っ張り棒をつければスカートやショートコートをかけるスペースとして活躍するでしょう。板の上にはアクセサリーを飾れば総合的な収納スペースとして完璧といえる出来栄えです。また、部屋のパーティションとしても使用できるマルチぶりもうれしいポイントといえます。

1-3.突っ張り棒

突っ張り棒があれば床や壁に傷をつけることなく望み通りの場所に収納スペースを作ることが可能です。床と天井に突っ張るタイプのものは丈夫で洋服などをかけてもびくともしません。複数の突っ張り棒を組み合わせればウオークインクローゼット風に仕上げることも簡単です。

2.簡易クローゼットを活用する

収納スペースは区切られている方がいいという方には簡易クローゼットをおすすめします。ホームセンターや家具家さんで購入可能で、価格も1万円前後からとお手軽です。ドライバーがあれば組み立ても簡単で、ものによっては本物のクローゼットのように本格的な仕上がりになります。通販する場合は検索ワード「簡易クローゼット」でヒットするので、近くに店舗がない場合は利用するのもいいでしょう。

3.持ちものは厳選しましょう

たくさんの収納スペースを作れば多くのものを収納できます。しかし、これではいつか収納スペースに埋もれて生活することにもなりかねません。特に洋服は毎シーズン購入する方も多く、荷物が増える原因となっているのではないでしょうか?はやりや体型の変化もあるので「いつか着ようと思っている」といった感じで数年袖を通していないものは処分することをおすすめします。収納の無い部屋で快適に暮らすためにはある程度の断捨離は必要不可欠です。おしゃれな人が多いパリっ子のクローゼットも厳選されたもののみに絞り、少数精鋭体制を取っているといわれています。まずは、ワードローブを見なおしてみてはいかがでしょうか?

4.衣類の処分法とは?

衣類を処分するといっても捨てるだけが道ではありません。あなたには不要なものも誰かには必要という場合もあります。ここでは、捨てるだけでない衣類の処分法についてみていきましょう。

4-1.オークション

パソコンやスマホが普及しインターネット人口も増えており、インターネットオークションに参加する方も増え、盛んに取り引きされています。出品することも難しくなく、オークションサイトに登録し、売りにだす衣類の写真を取り、説明文を添えて、入札開始価格を設定して取り引きが終了するのを待つだけです。思わぬ高値がつく場合もある反面、トラブルになる場合もあるので注意が必要といえます。

4-2.リサイクルショップ

衣類の買い取りをしている店舗に持っていくと査定してもらえるので、価格に納得したらサインするだけで処分が完了します。高値で買い取りされるコツは、洗濯をしてシワを伸ばしなるべくキレイな状態で持っていくことです。しかし、ブランド品であっても使用感のあるものには値段がつかない場合もあるので、納得できない場合は何店かで見積もりをもらうのもいいでしょう。

4-3.無料回収業者

あまり思い浮かばないかもしれませんが、衣類の無料回収をしている業者もあります。自宅まで出張してくれるので重い荷物を持って移動する交通手段がない方にはおすすめです。また、状態のいいものは買い取りになることもありますので「無料はちょっと・・・。」といった方は無料で見積もりを取るのもいいでしょう。

まとめ

収納の無い・少ない部屋で快適におしゃれに暮らすためには、収納スペースを作りだすことをおすすめします。例として

  • パイプハンガー
  • カラーボックス
  • 突っ張り棒
  • 簡易クローゼット

などをご紹介しました。
また少ない収納で快適に暮らすには荷物を減らす断捨離が必要不可欠といわざる得ません。そこで、衣服を処分するには

  • オークション
  • リサイクルショップ
  • 無料回収業者

といった選択ができます。また、衣服と同様に家具や家電といった持ちものも増えすぎないように気をつけましょう。家具家電が不要になった場合にも上記の処分法は有効で、特に大きなものの場合自宅まで引取にきてくれる無料回収業者はおすすめです。賢く処分して、快適な空間を守っていきましょう。