洗濯機を買い替えたい方必見! お買い得な時期や処分方法を解説!

洗濯機は、私たちの生活になくてはならない家電です。洗濯機の性能は年々進歩しているので、定期的に最新機種に買い替えるという人もいるでしょう。その一方で、買い替えを検討しているが、安く買えるタイミングが分からずに悩んでいるという人もいると思います。
今回は、洗濯機をお得に買い替えるタイミングや正しい処分方法を紹介しましょう。

  1. 洗濯機を買い替えるタイミングは?
  2. 洗濯機を安く買える時期とは?
  3. 古い洗濯機の処分方法
  4. 洗濯機は買い取ってもらえるの?
  5. 洗濯機の買い替えに関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、洗濯機の買い替え時期に悩むことはなくなります。洗濯機の買い替えを検討している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.洗濯機を買い替えるタイミングは?

はじめに、洗濯機を買い替えを検討するタイミングを紹介します。何を目安にすればいいのでしょうか?

1-1.寿命

洗濯機の寿命は7~10年と言われています。あくまでも目安ですが、7年を超えたら、いつ故障してもおかしくないと考えましょう。なお、家電メーカーは製品の製造が終了しても修理依頼に備えて一定期間、部品を取っておくことが義務づけられています。洗濯機の部品保管期間は、8年です。つまり、製造から8年以上たった洗濯機は故障しても修理ができない可能性が高いでしょう。洗濯機が故障すると大変不便です。購入して7年以上経過したら、買い替えを検討しましょう。

1-2.不具合の頻度

洗濯機の寿命が近くなると、汚れがよく落ちない・エラーが頻発する・運転が途中で止まるといった症状が現れます。洗濯機は購入してから1年はメーカー保証がついてるため、費用をかけずに修理依頼が可能です。1年以上たってから故障した場合、数千円~1万円程度の修理費用がかかります。また、故障の内容によっては工場へ運んで修理する必要があるでしょう。洗濯機がない生活は不便です。購入してから7年未満でも不具合が頻発する場合は、買い替えを検討しましょう。

1-3.省エネや性能

洗濯機は、新しい機種ほど省エネで性能も上がっています。洗濯にかかる電気代や水道代が高いと悩んでいる場合や、汚れが落ちにくいと感じている場合は、買い替えを検討しましょう。

2.洗濯機を安く買える時期とは?

洗濯機は、縦型が5~6月・ドラム型が7~9月に新型が発売されます。また、洗濯機は新生活が始まる前、2~3月に需要が高まるため、家電量販店は販売に力を入れるでしょう。そのため、4月下旬、新生活が落ちついたころに縦型の旧機種が安くなる傾向があります。また、6月になるとドラム型の旧機種も安くなるでしょう。ですから、洗濯機をお得に買うならば4月下旬~6月がおすすめです。
なお、家電量販店によってはスポンサーになっているスポーツチームが好成績だとセールを行うところもあります。さらに、店舗よりネットショップの方が同じ製品でも低価格ということもあるでしょう。実店舗とネットショップもよく比較してみてください。

3.古い洗濯機の処分方法

この項では、古い洗濯機の処分方法を紹介します。どのように処分すればいいのでしょうか?

3-1.洗濯機は家電リサイクル法対象家電

洗濯機は、家電リサイクル法対象家電です。家電リサイクル法対象家電は、どの自治体でもゴミとして回収することはできません。使用者が法律に定められたリサイクル料や運送料を支払い、家電量販店等がメーカーに代わって回収します。回収された家電はメーカーに送られ、リサイクルされるのです。洗濯機のほか、テレビ・冷蔵庫・エアコンが対象家電に指定されています。つまり、不要になったからといって洗濯機はゴミ捨て場に捨てることはできません。乾燥器も同様です。

3-2.洗濯機を買い替えた場合

洗濯機を家電量販店で買い替えた場合、リサイクル料を払ってその店舗で引き取ってもらうことができます。新しい洗濯機が配達された際、古い洗濯機を代わりに引き取ってもらいましょう。洗濯機のリサイクル料は2,484円です。リサイクル料は洗濯機を購入する際、一緒に払いましょう。なお、洗濯機を引き取ってもらう際、「排出者控」を渡されます。後日、お問い合わせ管理票番号を利用すれば、排出者向け引取り確認のページから洗濯機が確実にメーカーへ引き渡されたか確認できますので、それまで取っておきましょう。

3-3.洗濯機の処分だけを依頼したい場合

洗濯機の処分だけを依頼したい場合は、購入した店舗に回収を依頼するのが基本です。チェーン店で購入した場合は、別店舗でも引き受けてもらえることもあるので、問い合わせてみましょう。購入した店舗が遠方だったりすでに閉店していたりする場合は、自治体に問い合わせてみてください。回収を行っている家電量販店を紹介してもらえます。この場合、郵便局で家電リサイクル券を購入しましょう。引き取りに来てもらう場合は、別途数千円の搬送料がかかります。

3-4.指定取引場所を利用する方法

洗濯機を自分で搬送する手段がある場合は、指定取引場所を利用してもいいでしょう。指定取引場所とは、家電リサイクル法対象家電を一時的に回収する場所です。家電リサイクル券センターのホームページから最寄りの引取場所を検索できます。持ち込み方法は各場所によって異なるので、事前に問い合わせておきましょう。指定取引場所を利用する場合も、事前に郵便局でリサイクル券を購入しておきます。なお、指定取引場所に搬送を依頼することはできません。

3-5.不用品回収業者を利用する方法

不用品回収業者とは、一般家庭や会社から出る不用品を有料で回収してくれる業者です。洗濯機以外にも回収を依頼することができるので、不用品が洗濯機以外にもあるという場合も、利用してみると便利でしょう。業者はインターネットを利用して探すといいですね。依頼をすれば、早ければその日のうちに見積もりを作成してくれます。見積もりの金額に納得したら契約し、回収してもらいましょう。回収料は業者によって異なりますが、洗濯機だけなら数千円が相場です。
なお、不用品回収業者の中には、不当に高い回収料を請求したり無理やり貴金属を買い取ったりする悪徳業者もいます。見積もりがいいかげんな業者や、理由をつけて見積書を作成しない業者は悪徳業者の可能性があるので注意しましょう。口コミサイトも参考になります。

4.洗濯機は買い取ってもらえるの?

この項では、中古の洗濯機の需要や洗濯機を買い取ってもらう方法を紹介します。

4-1.中古でも需要がある洗濯機とは?

製造されてから5年以内の洗濯機は、中古でも一定の需要があります。特に、ドラム型洗濯乾燥機など高機能な洗濯機は、数千円~1万円程度で買い取ってもらえる可能性があるので、一度査定してもらいましょう。

4-2.リサイクルショップや不用品買取業者を利用する方法

洗濯機は、リサイクルショップで買い取りを行っています。今は家電専門のリサイクルショップもあるので、そこに査定を依頼してもいいでしょう。洗濯機は持ち運びが大変なので、ショップの店員が家まで来てくれる出張査定を利用できる店舗が便利です。査定をしてもらう前に洗濯機を掃除し、説明書などの付属品はそろえておきましょう。高値がつきやすくなります。
なお、値段がつかなくても回収を依頼したい場合は、買い取りも行っている不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

4-3.インターネットオークションやフリマアプリを利用する方法

インターネットオークションやフリマアプリでも、洗濯機は出品されています。しかし、洗濯機はこん包や輸送が大変です。場合によっては、取り引きが成立した価格より、送料の方が高くつくこともあるでしょう。ですから、出品したい場合は、配送方法や料金をあらかじめ調べ、記載しておくとトラブルを防ぐことができます。出品する場合は、メーカー・型番・使用年数・状態などを詳しく記載し、多方向から撮影した写真を添付すれば、入札を考えている人も安心です。ただし、必ず落札されたり取り引きが成立したりするとは限りません。

5.洗濯機の買い替えに関するよくある質問

Q.洗濯機の下取りはしてもらえませんか?
A.家電量販店や通販によっては行っているところもあるので、調べてみましょう。

Q.二層式の洗濯機も家電リサイクル法対象家電ですか?
A.はい。洗濯機の種類に関係はありません。

Q.洗濯機を自力で運ぶ場合、トラックは必要ですか?
A.はい。一般的な乗用車での運搬は難しいでしょう。

Q.洗濯機のホースだけなら、ゴミとして捨てられますか?
A.はい。ホースだけならば大丈夫です。

Q.洗濯機を回収してもらう際の注意点はありますか?
A.内部の水をしっかりと抜いておきましょう。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は洗濯機の買い替えについて解説しました。洗濯機が壊れてから買い替えを検討しても、選択肢が狭くなります。調子が悪くなったり、寿命の平均年数を超えたら買い替えを検討しましょう。