パソコンの寿命はいつ? 買い替えのタイミングや新しいPCの選び方を解説!

「最近、妙にフリーズする」「スペックが低くて動画を見ることができない」など、パソコンの症状にお困りですか? そこで悩むのが買い替えか修理かどちらにしようかということでしょう。どのような症状が出たら買い替え時期なのか、何年たったら買い替え時期なのか?

今回は、パソコンの買い替えに役立つ基礎知識を簡単に解説していきます。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

  1. パソコンの寿命はどれくらい?
  2. パソコンの買い替えを検討したい症状
  3. デスクトップとノートどちらを選ぶべき?
  4. デスクトップパソコンの選び方
  5. ノートパソコンの選び方
  6. パソコンを処分する前にやっておくこと
  7. パソコンの買い替えに関するよくある質問

1.パソコンの寿命はどれくらい?

パソコンは電化製品の中でも特に『寿命が短い』製品の一つです。油断しているとある日突然動かなくなってしまうということもあるでしょう。大事なデータなどが失われることとなり、困りますよね。事前に寿命がどのくらいなのかを知っておけば、パーツを交換したり修理したりすることで対処できるはず。また、最悪の場合でもデータだけは移動することができるでしょう。

1-1.パソコンの寿命は『5年』

まず、パソコンの寿命をどう定義するかです。故障=寿命かというとそうではありません。

たとえば、ボタンを押してもパソコンが起動しなくなったとします。この様な症状が起きる原因は電源ユニットかOSの問題です。電源の場合は物理的な故障で、OSの場合はアップデートなどが要因となります。しばらく前にも、マイクロソフトの公式アップデートでパソコンが起動しなくなるというトラブルがあり、一時騒動となりました。しかし、これらの故障は基本的に直るものですので、寿命とはいえないのです。

では、どれを基準にパソコンの寿命とするのか。それは『ハードディスク』です。

ハードディスクは実際にパソコンを動かすOSをインストールする場所ですし、さまざまなソフトやデータを保存する場所でもあります。ハードディスクが壊れると、正常にOSを起動できなくなったり、頻繁にフリーズを起こしたりして、まともな作業ができなくなってしまうでしょう。ですから、パソコンにおいて1番重要なパーツといっても過言ではありません。そして、このハードディスクは1度壊れると『修理ができない』パーツであるといわれています。

なぜ修理ができないのかというと、ハードディスクは情報を記録する際に、『10ナノメーター(0,00001ミリメーター)』という極小ささの針でハードディスクという円盤に『刻み込んでいる』からです。何度も何度も情報を書き換えていれば、それだけすり減っていきますよね。それがやがて不具合という形で発生し、壊れるのです。

そして、その不具合が発生し始めるのがだいたい『5年』といわれています。

1-2.ハードディスクの寿命を調べるには?

ハードディスクの寿命を事前に知りたいなら、フリーソフトの『CrystalDiskInfo』がおすすめです。使い方は簡単。インストールして起動するだけです。ソフトを起動すると、パソコンの起動回数やエラー回数などから『正常』『注意』『異常』の3段階で確認することができます。

状態が正常であれば大丈夫。注意となっていれば、寿命が近い証拠。異常となっていたら近いうちに起動しなくなる可能性が大きいので、新しいハードディスクにデータを移しておいた方が賢明でしょう。

1-3.パーツが壊れてしまったら

パーツが壊れてしまったら、パソコン自体を買い替える前に、まず保証期間を確認しましょう。保証期間内であれば無償、または低価格で修理してもらえます。

ちなみに、ほとんどのパーツの保証期間は基本的には1年です。

パソコンの寿命は5年くらいなんですね。
ハードディスクの不具合が発生し始めるのがだいたい5年のため、新しいハードディスクにデータを移しておいた方が賢明でしょう。

2.パソコンの買い替えを検討したい症状

パソコンの寿命=ハードディスクの寿命であるとお話ししましたが、買い替えの検討となると少し話が変わってきます。なぜかというと、故障してから買い替えていたのでは、データを失う可能性が出てくるからです。そこで、この項では、買い替えを検討すべき目安となる症状をご紹介します。

2-1.フリーズが頻発するようになった

フリーズの原因はハードディスクの寿命はもとより、ウィルスが原因のこともあります。ウィルスは除去することが可能ですが、最近のウィルスは凶悪で、ウィルス対策ソフトを駆使してもなかなか完全駆除までにいたりません。ですので、新しいパソコンに買い替えた方が手っ取り早いでしょう。

2-2.起動する際に異音がする

起動する際に『カリカリ』という音がしたり、『バチン』という音がしたりしたら要注意です。ハードディスクが何かしらの異常を発している可能性が大きいでしょう。

2-3.起動時などに焦げ臭い臭いがする

異臭も買い替えを検討すべき症状。特に焦げ臭い臭いがする場合、電源ユニットのどこかが故障しているはずです。電源ユニットを取り替えるという選択肢もありますが、機械に疎い方には難しいでしょう。放置していると発火する可能性もあるので、素直に買い替えるのが無難です。

2-4.頻繁に電源が落ちる

この症状も電源ユニットが原因です。何かしらの要因で電圧が下がってしまっているのでしょう。もしくは、性能の良いグラフィックボードなどのパーツに電力を取られて、起動状態をたもてないなどということが考えられます。

この状態を放置すると、唐突に電源自体が入らなくなるはずです。データなどを失いたくないなら、早めに買い替える方が良いでしょう。

2-5.買ってから5年が経過している

これは症状というわけではありませんが、一応の目安としてご紹介します。

ハードディスクの寿命ということもありますが、パソコン業界は進歩が著しい世界です。5年もたつと時代遅れの感が否めません。動画の鑑賞やソフトの使用などでも問題が生じるようになるので、買い替えた方が良いでしょう。

フリーズが頻発するようになったり、起動する際に異音がするようになったら買い替えたほうが良いんですね。
買ってから5年が経過している場合も、動画の鑑賞やソフトの使用などでも問題が生じるようになるので、買い替えた方が良いでしょう。

3.デスクトップとノートどちらを選ぶべき?

パソコンの選び方には好みが出てきます。

たとえば最新のゲームをしたいならば、グラフィックボードやCPU、電源ユニットなど、さまざまなパーツが最新モデルであった方が良いでしょう。逆に、ゲームのような高負荷の機能は利用せず、ネットを見るぐらいならば低性能のものでも問題はありません。

そこで、この項目では1番基本的な『デスクトップパソコン』と『ノートパソコン』のどちらを選ぶべきかに焦点を絞って、それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。

3-1.デスクトップパソコンのメリット・デメリット

まずは『デスクトップパソコン』『ノートパソコン』のどちらを選ぶかを考えましょう。

デスクトップの利点は、『費用対効果』です。ミドルエンドの製品でも、ノートパソコンのハイエンドに匹敵する性能を発揮します。また、ノートパソコンに比べて本体部分の空間が大きいため、冷却性能も高く、同じ性能のCPUでもノートパソコンのCPUよりも高い能力を発揮するでしょう。

ほかにも、拡張の自由度が高いことも挙げられます。スピーカーやプリンター、USBの外付けハードディスクなど、さまざまなパーツの取り付けが可能です。また、キーボードとディスプレイの分離も利点として挙げられます。ノートパソコンと比べて打ちやすいので、疲れにくく、長時間作業できるでしょう。

デメリットといえば、持ち運びが不可能であることです。仕事先や出先で使うには向いていません。

3-2.ノートパソコンのメリット・デメリット

ノートパソコンのメリットといえば、当然『持ち運べること』でしょう。また、大きさがコンパクトなため、場所を取りませんし、収納にも優れています。

デメリットは、低性能が挙げられるでしょう。ただし、ノートパソコンに内蔵されているSSDと呼ばれるハードディスクは一般的なデスクトップパソコンに使われるハードディスクより高速で高性能です。ただし、寿命が通常のハードディスクに比べて短いので、好みが分かれます。

デスクトップは費用対効果が高いんですね。
ノートパソコンの魅力はやはり持ち運べることです。自分に合うものを選びましょう。

4.デスクトップパソコンの選び方

現在、デスクトップ型パソコンは、5万~20万円代とスペックによって値段に幅があります。また、

  • 本体と液晶デスプレイが一体になった一体型
  • 本体とデスプレイが分離しているタワー型
  • 手のひらサイズの本体もある省スペース型

など、種類も豊富です。デスクトップ型のパソコンを選ぶ際は、目的によって性能を選びましょう。

単にウエブサイトを閲覧し、少々文章を作成するくらいならば、CPUの性能もそこそこで、メモリも4~8Gあれば十分です。SSDのみだと容量が不足しがちなので、HDDを搭載したものを選んでください。

動画編集やゲームをスムーズに楽しみたいという場合は、CPUがCore i5~7程度のスペックは必要です。メモリも8~16Gのものを選びましょう。HDDは1TBもあれば安心です。

高性能なパソコンほど高価になるので、「Lenovo」などコストパフォーマンスに優れたメーカーのものも選択肢に入れましょう。富士通やNECといった国内メーカーのものならば、アフターフォローも充実していますので、初心者向けです。

5.ノートパソコンの選び方

ノートパソコンは、小型で性能はそこそこでも安価なものと、10万円を超える大画面でハイスペックなものの二極化が進んでいます。また、タッチパネルを搭載したタイプの中にはキーボードと分離して、液晶部分をタブレットとして使えるものもあり、選択肢が豊富です。

サブマシンとして使うのならば、3万円~のマシンでも問題ありません。ノートパソコンで動画の編集やゲームなどを行いたいという場合は、10万円以上するマシンがおすすめです。このくらいの値段になると、液晶サイズも15インチ以上と、デスクトップに比べても引けを取らない大きさになります。

ノートパソコンは、富士通・NEC・東芝などの国内メーカーも高性能な製品を出していますが、AppleのMacBookも人気です。

目的によって性能を選べばいいんですね。
国内メーカーのものならば、アフターフォローも充実していますので、初心者向けです。

6.パソコンを処分する前にやっておくこと

パソコンを処分する前に、必ずパソコン内の情報を消去しましょう。パソコンには、データをOSごと処分するプログラムが搭載されています。実行の仕方はパソコンによって異なりますので、説明書を読んでバックアップを取ったうえで実行しましょう。消してしまったプログラムは、元に戻せません。

また、データ消去のプログラムを無料で公開しているサイトもありますので、利用してみてもいいでしょう。パソコンが壊れて立ち上がらないという場合は、HDDを取り出して金づちなどで物理的に破壊してください。塩水につける方もいますが、東日本大震災をきっかけに、海水につかったHDDを復活させる技術も開発されました。ですから、物理的に破壊した方が確実です。壊れたHDDも、金属ゴミとして回収してもらえます。

パソコンを処分する前に、必ずパソコン内の情報を消去しておかなければいけないんですね。
データ消去のプログラムを無料で公開しているサイトもありますので、利用してみてもいいでしょう。

7.パソコンの買い替えに関するよくある質問

ここではパソコンの買い替えでお悩みの方から寄せられることの多い質問とその回答をまとめました。ぜひ、参考にしてください。

Q.パソコンを買い替える際、データの引っ越しはできますか?
A.はい。外付けHDDなどにデータを移しておきましょう。そうすれば、引っ越しも簡単です。

Q.メーカーが異なれば、パソコンの操作方法は丸っきり異なりますか?
A.OSが同じならば、ほとんど一緒です。

Q.ノートパソコンの方が同じ値段でもやはりスペックは低いのでしょうか?
A.今は技術の進歩により、スペックの差はあまり感じられなくなりました。

Q.ノートパソコンの方が今は種類が豊富でしょうか?
A.はい。現在はノートパソコンとデスクトップパソコンの割合は7:3と言われており、ノートパソコンの方が種類が豊富です。

Q.デスクトップパソコンのメリットは何でしょうか?
A.大画面とハイスペックです。3Dデザインなど高度な計算能力を必要とする作業は、まだデスクトップで行った方がよいでしょう。

買い替えについて知りたかったことがわかって助かりました。
これらの情報をぜひ買い替えのために役立ててくださいね。

まとめ

いかがでしたか? 今回はパソコンの買い替えにまつわる情報をご紹介しました。パソコンは壊れるまで放置しているとデータを失うこととなってしまいます。もちろん、データ復旧サービスなどを利用すればデータは戻りますが、手間ですしお金もかかるでしょう。無駄な出費を抑えるためにも、寿命がくる前に買い替えを検討してくださいね。