押入れにカビが生える原因は? 掃除法・カビ予防法と共に紹介!

押入れは、家の中でもカビが生えやすく、カビが生えても気づきにくい場所です。「気がついたら押入れの中でカビが繁殖していて、掃除方法に困っている」という人も珍しくないでしょう。しかし、押入れのカビを放置しておくと、健康に悪影響が出ることもあります。

今回は、押入れにカビが生えやすい理由やカビ掃除の方法を紹介しましょう。

  1. 押入れにカビが生える原因
  2. 押入れのカビ掃除に必要な道具
  3. 押入れのカビ掃除方法
  4. 押入れにカビが生えるのを予防する方法
  5. 押し入れのカビ対策に関するよくある質問

この記事を読めば、押入れにカビが生えるのを予防する方法も分かります。押入れのカビに悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

1.押入れにカビが生える原因

はじめに、押入れにカビが生えやすい主な原因を紹介します。

1-1.押入れは湿度が高い

押入れには断熱材が使われていないことも多く、部屋の中と押入れの中に温度差が生じがちです。家の建っている環境によっては、結露が生じることもあるでしょう。押し入れの中の湿気が高ければ、カビが生えるのに最適な環境です。また、窓と異なり、押入れの結露は気づきにくいので、結露防止対策も取られにくいため、カビが生えやすくなります。

1-2.押入れは風通しが悪い

押入れにものがぎっしり詰まっている家は、珍しくありません。風通しが悪ければ湿気がこもったままになり、カビが生えやすい環境になります。また、荷物が入っていると押入れの壁や天井の状況が確認できず、カビがかなり繁殖してから気づくケースも多いでしょう。

1-3.押入れの中にはカビの栄養源が多い

押入れにたまりがちなホコリは、カビの栄養源となります。押入れは奥まで掃除が行き届かないので、カビが生えるのに適した環境になりやすいでしょう。特に、布団や服は綿ボコリを発生させやすいものです。

2.押入れのカビ掃除に必要な道具

押入れのカビ掃除には、以下のような道具を使いましょう。

  • 雑巾(使い捨てウエスでもよい)
  • 住宅用漂白剤
  • 消毒用エタノール
  • キッチンペーパー

少なくともこれでだけあれば、カビはおおよそ取り除くことができます。

3.押入れのカビ掃除方法

この項では、押入れのカビ掃除の方法やコツを紹介します。

3-1.掃除の準備

押入れのカビを取り除く前に以下のようなことを行いましょう。

  • 押入れの中身をすべて出す
  • 押入れの中を掃除機がけし、ホコリを取る
  • 結露がある場合は、すべて拭き取る

こうすれば、カビがどこにどのくらい生えているかはっきりもします。

3-2.カビ取りの方法

押入れのカビ取りは、消毒用エタノールや住居用漂白剤をカビに吹きかけ、キッチンペーパーなどで覆って10分ほど置きます。その後、固く絞ったウエスや雑巾でカビを拭き取りましょう。カビが取れたら、もう一度固く絞ったぞうきんでその部分を拭きあげ、もう一度消毒用エタノールを吹きつけておけば、カビ予防になります。その後、完全に乾かしましょう。

3-3.白木の押入れは専用の洗剤を用いる

押入れが白木の場合、住宅用の漂白剤やエタノールを吹きつけるとシミになることがあります。白木を洗浄する専用の洗剤を用いてください。「持ち家なので、多少のシミができても構わないので、住宅用漂白剤や消毒用エタノールを使ってみたい」という場合は、まず目立たない場所で試してから使いましょう。

4.押入れにカビが生えるのを予防する方法

この項では、押入れにカビが生えるのを防ぐ方法を紹介します。

4-1.除湿を心がける

押入れに断熱シートを貼ったり、除湿剤を用いたりすることにより、結露を予防し除湿をすることができます。また、梅雨時など湿度が高くなりがちなときは、押入れの戸を開け放してエアコンをドライにして1日運転したり、扇風機を押入れ内部に向けて回したりしましょう。

4-2.風通しをよくする

押入れに3割程度の空きを作ると、風通しがだいぶよくなります。週に1度くらいは2時間程度押入れの戸を開け、風を通すとなおいいでしょう。

4-3.押入れ内の掃除を定期的に行う

押し入れ内の掃除を定期的に行えば、カビの養分となるホコリがたまりにくくなります。また、カビの胞子が飛んでくるのを防ぐため、エアコン内部や風呂場の掃除などもこまめに行いましょう。特に、エアコン内部にカビが生えるとカビの胞子がエアコンから出てくる風に乗って家じゅうに散らばってしまいます。エアコン内部が掃除不足によりカビが生えてしまった場合は、プロの業者に掃除してもらうのがおすすめです。

5.押し入れのカビ対策に関するよくある質問

この項では、押し入れのカビ対策に関する質問を紹介します。

Q.浴室用のカビ取り剤を押入れに使ってはダメですか?
A.塩素系漂白剤はかなり強力で、建材を傷める可能性があります。可能な限り使用は控えましょう。どうしてもという場合は、目立たない場所で試してから使用してください。

Q.サンドペーパーなどでカビをこすっても大丈夫ですか?
A.サンドペーパーを使うと建材が傷みます。どうしてもカビが取れず、見た目も悪いので何とかしたいという場合の最終手段に使ってください。その際、できるだけ目の細かいものを使用しましょう。

Q.賃貸物件でカビを生やしてしまった場合、責任は借主側にありますか?
A.使い方によるでしょう。通常の使い方をしていた場合、カビの発生は経年劣化の一種と認められることがあります。あまりひどい場合は大家さんや管理会社に連絡し、様子を見てもらってください。

Q.漂白剤を使う場合手袋をしたほうがいいですか?
A.酵素系漂白剤(住宅用の漂白剤の主流)は、手袋やマスクをしなくても特に問題はありません。浴室用の漂白剤の主流である塩素系漂白剤を使いたい場合は、効き目が強力なので手袋やマスクを使用しましょう。漂白剤のラベルに酵素系・塩素系の表示があるので、確認してください。

Q.押入れのカビが服に移ってしまったらどうすればいいですか?
A.酵素系漂白剤に衣服をつけ置き、洗濯してください。しつこいカビはブラシでこするように落とします。

まとめ

今回は、押入れのカビ掃除方法について詳しく紹介しました。押入れのカビは気づきにくく、知らない間に大繁殖していることがあります。結露がつきやすい家で、カビの臭いがいつまでも消えない場合、一度押入れの中を確認してみましょう。