買い替えをする前に! 知っておきたいインテリアの選び方

部屋の様子や印象付けになるインテリアの数々。新しい生活を想像して、インテリアや家具を選ぶのは楽しい瞬間のひとつです。しかし、インテリアは選び方を間違えると思わぬ失敗をすることに。大きな家具などの選択を失敗してしまうと、処分にも買い替えにも費用が掛かってしまいます。

この記事では、インテリア・家具の選び方に関する紹介をしていきましょう。

  1. 買い替え前のチェックポイント
  2. インテリアを選ぶポイント
  3. インテリア配置のイロハ
  4. 不要になった家具の処分方法

1.買い替え前のチェックポイント

インテリアを買い替えるときに、気に入ったものばかり買うのは失敗の元です。では、どういったことに注意して買い替えるべきか確認していきましょう。

1-1.部屋のサイズを測る

家具やインテリアを買い替えるときは、部屋の間取り図を用意するようにしましょう。部屋の採寸を書いた間取り図を使っていけば、家具の配置を立体的にイメージするのにも役に立ちます。特に、下記の場所は測っておきたいです。

  • 玄関・廊下・部屋・エレベーターの入り口の大きさ
  • 各部屋の長さと天井までの高さ
  • コンセントの位置
  • テレビのアンテナ端子の位置
  • 窓の幅と高さ

各場所のサイズを測るのは手間が掛かります。しかし、適当に買ってしまうとサイズが合わず後悔してしまうので、必ず測っておきましょう。

1-2.部屋のテイストを決める

欲しい家具を手当たり次第買っていると、部屋のまとまりがなくなります。インテリアを買う前に、あらかじめどういったテイストにするか決めましょう。

同じような系統のものでまとめていくと、部屋全体にも統一感が生まれます。しかし、同系色でまとめすぎるとメリハリのない部屋にもなってしまうのです。アクセントがほしいときは、同系色と異なる小物を取り入れて印象づけをしましょう。

2.インテリアを選ぶポイント

各インテリアを買うとき、何を参考にして選べばいいか迷う方もいるかと思います。この項目では、代表的なインテリア家具を中心にポイントをご紹介しましょう。

2-1.ベッド

少しでも部屋を広く見せたいなら、壁と同系色のものを選びます。また、寝室のスペースを確保したいなら、マット下を収納スペースとして使えるベッドがおススメです。また、スムーズに出入りできる移動スペースを考えて選びましょう。

2-2.ソファー 

ソファーのサイズは、座る人数よりも使い方で選ぶことをおススメします。たとえば、テレビや読書で使いたいのであれば、背もたれ部分が高いものを選びましょう。あまりに高いと、部屋に圧迫感を与えるため、部屋の配置に工夫が必要です。

2-3.ローテーブル

座って過ごすことが多い方は40cm以下。ソファーに合わせるなら65cm以上のサイズがいいでしょう。横幅が広すぎると部屋全体を圧迫するため、用途と相談しながら大きさを決めましょう。

2-4. テレビ台 

テレビ台は、乗せるテレビのサイズや設置場所に合わせて決めます。また、アンテナ配線の位置は充分に考慮しましょう。部屋の色合いと、テレビとの協調性も考慮しておきます。

2-5.ラグ

ラグは、クッション性があれば座り心地がよいものを選びましょう。しかし、大きなサイズを選ぶと窮屈な印象を与えてしまいます。また、防虫加工・防臭加工・防水加工など機能性のあるものを選ぶといいでしょう。

3.インテリア配置のイロハ

部屋にインテリアを配置するにも、それぞれ自分の好みや基準があると思います。そのとき、何を基準にすればいいのかわからない方もいるでしょう。この項目では、インテリア配置のイロハをご紹介します。

3-1.暮らしや用途から考える

インテリア配置のひとつに、部屋の用途や暮らし方に併せて考える方法。たとえば、家族や友人と過ごすリビングと、プライベートルームのひとつである寝室で、選ばれるインテリアは異なってくるでしょう。

また、同じリビングでものんびり過ごすために使うのか、人とのコミュニケーションの場にするのかで家具の配置・選択が変わってくるはずです。インテリアを置く場所での生活像ができてくると、家具やインテリアのレイアウトが出来上がってきます。

3-2.自分好みのインテリアテイストを模倣してみる

迷ったときは、自分が気に入ったインテリアテイストを見つけてまねてみるといいでしょう。インテリア雑誌・ショップ・モデルハウスの空間で好みのものがあれば、そのモデルを参考にして自分の部屋のインテリア配置を考えてみます。そうすると、まずは家具などの配置がみえてくるでしょう。

また、こだわりの家具があればそこからインテリア配置を考えることもできます。 自然素材や植物に囲まれたい・クラッシックな家具や小物が好き・お気に入りの家具を置きたいなどこだわりがあれば、そのこだわり中心のインテリア配置を実現することもできるはずです。

3-3.部屋のカラーから考える

自分の好きな色から配置を考えることもできます。ベースカラーとなるインテリアを決めたら、アクセントカラーとなるインテリアを配置していくといいでしょう。色を使いすぎるとまとめ切れませんので、4~5色でまとめるのがおススメです。

また、統一感にこだわるなら床の色をベースに決めていきましょう。床はインテリア空間のベースとなります。床の色を中心にインテリアや配置を決めていけば、自然とまとまりのあるコーディネイトになっていることが多いです。

3-4.大型家具から考える

大型家具は、部屋の印象・使い勝手に大きな影響を与えます。そのため、家具の配置は暮らしの動きに併せて決めていきましょう。椅子を引く・扉を開ける・棚を引き出すなどの動作を参考に、「ゆとり」を見込んだ配置をしていきます。部屋の広さに対して家具の分量が多い・大きすぎると生活に窮屈さを感じてしまうでしょう。

また、家具を永く使い続けたいのであれば、カタログやインターネットだけでなく実物をみてから決めることをおススメします。

4.不要になった家具の処分方法

インテリア・家具を買い替えることで、不要になる家具たち。そういった不要になったインテリア・家具の処分方法を紹介しましょう。

4-1.不用品回収業者に頼む

使わないベッド・ソファーなどは不用品回収業者に引き取ってもらうことができます。また、最近では回収業者が買い取りサービスをしていることも多いので、回収費用を買取金額で減らすことができるのです。

4-2.自治体に頼む

住んでいる自治体のルールに合わせて、不用になったインテリアをゴミとして出しましょう。料金は比較的低く設定されていますが、重いソファーやベッドを自分で持ち運ぶことになります。

4-3.リサイクルショップ・専門店で買い取ってもらう

まだまだ使えるインテリアは、リサイクルショップやインテリアの専門店などで引き取ってもらいましょう。今では出張買い取りのサービスもありますので、大きなものでも引き取りに来てくれるのがポイントです。しかし、事前に買い取ってもらえるのか電話やホームページで確認しておきましょう。

4-4.ネットオークションに出す

人気のインテリアであれば、ネットオークションに出品してみることをおススメします。人気品であれば、使用品でもいい値段で買い手が見つかる可能があるからです。しかし、こん包や発送も自分でやらなければいけません。売値以上に、諸費用が掛からないようにしましょう。

4-5.友人・知人に交渉する

お金にならなくても、引き取ってくれる友人や知人がいれば譲り渡す方法があります。譲り渡すときは金額をどうするか、いつ渡すかなど当事者できちんと話し合いましょう。

さいごに

この記事ではインテリアに関する情報を中心に紹介しました。さいごに、大事なポイントをまとめておきましょう。

  • インテリアを買い替えるときは、部屋に合うものを選ぶ。
  • 大型家具は、しっかりと採寸を取る。
  • 部屋の配置を考えて、インテリアを選ぶ。
  • いらなくなったインテリアは、処分だけでなく再利用も考える。

部屋のイメージを一新するインテリアの数々。しかし、買っただけでうまく部屋の中で映えなければ意味がありません。買うだけでなく、配置もしっかり考えて選びましょう。