ガラステーブルの処分方法について知りたい! 業者を選ぶポイント・注意点

処分に困ってしまう「ガラステーブル」。どのように処分したらよいのかわからないまま、倉庫や物置にそのままになっている人も多いのではないでしょうか。ガラスは燃えませんが、ガラス以外の部分が燃える素材でできているとなおさら悩みます。

そこで、悩んでいる方のためにガラステーブルや机の処分方法について説明しましょう。使えそうなガラステーブルならそのまま捨てるよりも「買取」という方法も選択できます。ガラステーブルの処分方法が知りたい人はチェックしてください。

  1. ガラステーブルの処分方法
  2. どのようなものが買い取ってもらえるの?
  3. 業者を選ぶポイント・注意点

1.ガラステーブルの処分方法

インテリアとしておしゃれなデザインが多いガラステーブルですが、要らなくなった物はどうやって処分すればよいのでしょうか。いったいガラステーブルは何ゴミになるのか、正しい処分方法について説明します。

1-1.自治体の粗大ゴミとして捨てる

ガラステーブルは自治体の「粗大ゴミ」として捨てられます。自治体のルールによって何ゴミか変わってくるのですが、ほとんどの自治体では粗大ゴミになっているでしょう。自分が住んでいる地域では何ゴミになるのか、捨てる前にホームページを見てぜひチェックしてください。粗大ゴミとして捨てる場合は粗大ゴミのシールを購入しなければなりません。地元の商店やスーパーで販売されているので購入し、処分したいガラステーブル・ガラス机に貼ってください。そして、指定された回収場所に持っていきましょう。

回収場所に持っていけない場合は、自治体に相談次第、回収しにきてくれるケースもあります。その際、回収費用がかかる場合もあるので事前に確認しておきましょう。

1-2.リサイクルショップで売る

再利用できそうなガラステーブルなら、そのまま処分するよりも売った方がお得です。ガラステーブルを欲しがっている人のもとで再利用してもらえますし、売ったお金で新しいテーブルが購入できるので一石二鳥になるのではないでしょうか。リサイクルショップでは壊れていないガラステーブルであればほとんどのところが買取OKです。

また、買取方法は主に「店舗買取」「宅配買取」「出張買取」の3つが挙げられます。直接お店に持っていけるのなら「店舗買取」で構いませんが、運ぶ時間や人手が足りない場合はリサイクルショップに依頼してください。リサイクルショップによっては自宅にまで回収しにきてくれるところもあります。

1-3.不用品回収業者を利用する

すぐにガラステーブルを処分したい人にオススメの方法が「不用品回収業者」です。不用品回収業者は予約をせずとも電話1本ですぐにかけつけてくれます。スピーディーな対応と、自宅で査定ができる利便性の高さから人気になっているのでチェックするとよいでしょう。引っ越しで一気に不用品を処分したい人も不用品回収業者を利用してください。1点から複数まで一気に回収してくれます。処分したいものがガラステーブルのほかにもたくさんある人にはオススメです。

さまざまな不用品回収業者があるので、複数の業者を比較し、その中から費用がもっとも安いところを選んでくださいね。

2.どのようなものが買い取ってもらえるの?

2-1.買い取ってもらえないガラステーブル

基本的に壊れていないガラステーブルであればどのようなものでも買い取ってもらえます。逆に、買い取ってもらえないガラステーブルはガラスが割れていたり、ヒビが入っていたりと使えないものがほとんどです。見る限り再び使えそうなものであればほとんどの業者で買い取ってもらえるので安心してください。

ただし、業者によって買取OK・NGとなるガラステーブルがあります。業者に依頼する前にホームページ等で確認するとよいでしょう。事前に確認しておけば、スムーズに買取が進められます。特に高く売れるガラステーブルはデザイン性が高いもの、ブランドのものとなっているので要チェックです。ブランドもののガラステーブルを持っている人はぜひお店に売ってみてはいかがでしょうか。

2-2.高く売るポイントは?

ブランドものやデザイン性が高いガラステーブルは通常の買取価格より高値がつきますが、ほかにも高く売るポイントがたくさんあります。もっとも大切なポイントは「キレイな状態にする」ことです。ホコリや汚れが溜まっているガラステーブルはキレイにしてください。査定をするのは同じ人間なので、汚いガラステーブルよりもキレイな方が気持ちよく買取できますよね。汚れが目立つものはそれだけで買取価格が下がってしまうのでできるだけキレイに掃除しておきましょう。

また、ブランドのガラステーブルなら「保証書や取扱説明書を一緒に出す」ことも大きなポイントになります。保証書はブランドものである証拠になるため、一緒に査定に出した方が高値がつくでしょう。

3.業者を選ぶポイント・注意点

3-1.悪質業者に要注意

不用品回収業者やリサイクルショップの中には悪質業者が存在しています。実際に、悪質業者とのトラブルが続出しているので注意しなければなりません。悪質業者は「無料で引き取ります」という甘い言葉で誘うケースが多い傾向がみられます。買取に費用はかかりませんが、不用品回収業者に回収してもらう場合は回収費用がいくらかかかるのが一般的です。

回収費用は決して「無料」というわけではありません。無料で回収してくれる業者はほとんど“追加料金”としてお金を請求するでしょう。金銭トラブルにならないためにも、甘い言葉で誘う業者は利用しないでください。

また、回収した後、不法投棄をする業者も多いのが事実です。不法投棄をすると環境汚染になりますし、気持ちよく処分できません。よって、業者を選ぶ際は信頼できる業者かどうかチェックしてくださいね。

3-2.複数の業者を比較する

買取を依頼する際、できるだけ高い値段で売りたいですよね。通常買取価格よりも高い値段で取引ができるように、複数の業者を比較してください。複数の業者に買取査定を依頼し、その中からもっとも高い買取価格がついた業者を選ぶとよいでしょう。買取価格以外にもサービス内容や買取実績を比較することも大切です。

買取実績がある業者であればあるほど、さまざまなガラステーブルの買取を行ってきているので安心して依頼できます。知識や経験がない業者に依頼すると、本当は高い買取価格がついたものなのに低い値段で買い取られるかもしれません。納得のいく価格で売れるように、複数の業者を必ず比較してくださいね。

また、買取査定を依頼する際、対応のスピードにも注目するとよいでしょう。すぐに返事がくる業者は信頼できますが、返事が遅く、対応が悪い業者は信用できません。注意してください。

まとめ

ガラステーブルの処分について説明しました。ガラステーブルは処分に困ってしまいますが、ほとんどの自治体では粗大ゴミとして捨てられます。しかし、まだ使えそうなガラステーブルを捨てるのは本当にもったいないです。捨てるのではなく、「売る」選択肢も入れていってみてはいかがでしょうか。ガラステーブルの買取を行っている業者もたくさんあるので要チェックです。

  • 自治体の粗大ゴミとして捨てる
  • リサイクルショップを利用する
  • 不用品回収業者を利用する
  • 壊れているガラステーブルは買取NG
  • ブランドもののガラステーブルは高く売れる
  • キレイな状態にして売る
  • 悪質業者に要注意
  • 複数の業者を比較する

売るか捨てるかは処分したいガラステーブルの状態を見て考えてください。スムーズに処分するためには以上のポイントを頭の中に入れておきましょう。