炊飯器の処分方法を知りたい! 簡単&お得に処分するコツを詳しく!

「炊飯器を買い替えたいけど、不要になった炊飯器をどんな方法で処分すればいいのか分からない」とお考えではありませんか? 自治体にゴミとして出すにしても、何ゴミになるのか、出すときの注意点は何かなど、分かりにくいですよね。まだ十分に使える場合はゴミとして出すのももったいないですし、より簡単でお得な処分方法があれば知りたいことでしょう。

そこで今回は、炊飯器の処分について詳しく解説します。

  1. 炊飯器は何ゴミに分類される?
  2. 炊飯器の処分を自治体に依頼する方法
  3. 炊飯器の処分を自治体以外に依頼する方法
  4. 買取してもらえる炊飯器の条件は?
  5. 炊飯器を買取に出す方法
  6. 炊飯器の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、炊飯器を処分するコツや注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.炊飯器は何ゴミに分類される?

最初に、炊飯器が何ゴミに分類されるのか見ていきましょう。

1-1.不燃ゴミ

一定のサイズ以下の炊飯器は、東京都大田区のように不燃ゴミ扱いになる自治体が多くなります。一般家庭用の炊飯器は、本体サイズがコンパクトであり、重量も数キロ程度だからです。不燃ゴミで出す場合は、無料で回収してもらえます。ただし、回収後は基本的に廃棄処分となるため、資源リサイクルされることはありません。

1-2.粗大ゴミ

一定以上の大きさがある炊飯器は、粗大ゴミとして扱う自治体が多くなります。粗大ゴミとなるサイズは、1辺が30cm以上など、自治体によって規定が異なるので事前に確認してください。また、大阪府大阪市のように、炊飯器の大きさに関係なく粗大ゴミとして扱うところもあります。粗大ゴミとして出す場合は、炊飯器1台に付き数百円程度の手数料がかかることが多いでしょう。

1-3.小型家電

自治体によっては、炊飯器を小型家電リサイクル法に基づいて処分していることがあります。小型家電リサイクル法とは、炊飯器などの小型家電に含まれる資源の有効活用や、ゴミの総量削減などを目的とした法律です。自治体に回収された小型家電は素材ごとに再資源化され、新たな製品の原料として生まれ変わります。

2.炊飯器の処分を自治体に依頼する方法

炊飯器の処分を自治体に依頼する方法や手順を具体的に解説します。 

2-1.不燃ゴミは自治体指定の日時・場所に出す

炊飯器を不燃ゴミとして処分する場合は、自治体ごとの集荷場所・日時に出しましょう。指定日時以降に、ゴミ収集車がやってきて回収してもらえます。なお、自治体によっては指定のゴミ袋に入れる必要があるので、事前に確認してください。

2-2.粗大ゴミは事前予約が必要なことが多い

炊飯器を粗大ゴミで出す場合は、自治体の粗大ゴミ受付窓口にて事前予約が必要になることが多くなります。具体的な手順は、以下を参考にしてください。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、集荷日時・場所・受付番号・回収費用の指示を受ける
  2. コンビニなどで指定金額分の粗大ゴミ処理券を購入する
  3. 必要事項を記入して炊飯器に貼り付ける
  4. 自治体の指定日時・場所に出しておく

なお、自治体によっては自宅前で回収してもらえることもあります。また、高齢などで集荷場所まで運ぶのが困難な場合も、自宅前での回収サービスを利用できることがあるので問い合わせてみるといいでしょう。

2-3.小型家電は専用の回収ボックスに投入する

炊飯器を小型家電として処分する場合は、以下の手順を参考にしてください。

  1. 小型家電の専用回収ボックスの設置場所を確認する
  2. 都合のいい日時に炊飯器を持参し、専用回収ボックスに投入する

現時点では、小型家電の専用回収ボックスは役所や一部の商業施設などに限定されています。炊飯器の処分を急がないのなら、何かのついでに持参して投入してもいいでしょう。

3.炊飯器の処分を自治体以外に依頼する方法

炊飯器の処分を自治体以外に依頼する方法を詳しく見ていきましょう。

3-1.販売店の下取り・引き取りサービスを利用する

炊飯器を買い替える場合、販売店の下取り・引き取りサービスを利用できることがあります。新規購入の際、販売店に確認してみてください。

メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • 処分費用がかからない

デメリット

  • 一定金額以上・指定メーカー品の購入が条件のことがある
  • 店頭持ち込みだけに対応する販売店が多い
  • 下取り・引き取りだけでは利用できないことが多い

3-2.不用品回収業者に処分してもらう

不要になった炊飯器は、不用品回収業者に回収してもらうことも可能です。不用品回収業者では、以下のような回収方法から選ぶことができます。炊飯器1台だけの処分なら、宅配回収が便利でお得です。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:場所・日時を指定して業者に回収してもらう

メリット

  • 回収後は再販もしくは資源リサイクルされる
  • 状態のいいものは買取になることもある
  • 炊飯器以外の不用品を同時に処分してもらえる
  • 集荷場所まで運ぶ必要がない
  • 宅配回収は業者と顔を合わせずに依頼できる
  • 出張回収は都合のいい場所・日時を指定できる

デメリット

  • 炊飯器1台だけの場合、出張回収では回収費用が高く付く

4.買取してもらえる炊飯器の条件は?

不要になった炊飯器でも条件によって買取してもらえることがあります。

4-1.ほぼ新品でキレイ

ほぼ新品でキレイな炊飯器は、買取してもらえる可能性が高いでしょう。炊飯器は、調理家電なので、汚れや使用感があるものは買取人気がないのです。なお、新品の炊飯器は、開封せずそのままで買取に出しましょう。一度も使ったことがない炊飯器でも、箱を開封したかどうかで査定金額が変わるからです。

4-2.年式が新しい

年式が新しい炊飯器は、高価買取してもらえることでしょう。年式が新しいと、省エネ設計だったり改良を重ねて使いやすくなっていたりするからです。最新モデルに近いものほど有利な条件で買取してもらえるので、なるべく早く業者に査定を依頼しましょう。

4-3.有名メーカー品

有名メーカー品であることも、炊飯器を買取してもらえる条件の一つです。有名メーカー品の炊飯器は知名度や信頼度が高く、中古市場でも安定した人気を誇ります。多少年式が古くても、有名メーカー品なら買い手が付く場合もあるほどです。反面、ノンブランド品や不人気メーカー品は中古需要がないため、査定金額が低くなるのは否定できません。

4-4.元値が高い

高級炊飯器など、元値が高いものは買取対象になります。今は、1台10万円程度の高価で高性能な炊飯器が人気です。元値が高くい炊飯器が欲しい場合、中古でも状態がいいものが安く入手できるのなら問題ないと考える人が多いため、中古市場で活発に取り引きされています。

4-5.不具合や故障がない

不具合や故障がないことも、買取してもらえる炊飯器の条件になります。中古の炊飯器は、お金をかけて修理してまで使いたいと考える人はほぼいません。そのため、不具合や故障などで正常に使えないものは、買取不可となるのです。

4-6.購入時の付属品がそろっている

購入時の付属品がそろっていることも重要な条件です。特に、内ぶた・内釜・電源コードなどの主要部品に欠品がないことが必要になります。また、メーカーの保証書(メーカーの正規品である証拠になる)・使用説明書・外箱などが残っているとより有利に買取してもらえることでしょう。

5.炊飯器を買取に出す方法

炊飯器を買取に出す方法を詳しくご紹介しましょう。

5-1.リサイクルショップに売る

不要になった炊飯器でも、状態のいいものはリサイクルショップで買取してもらえます。買取を希望するときは、業者の店頭に持ち込んで査定を受けてみてください。

メリット

  • 買取後は中古品として再販してもらえる
  • 炊飯器以外の不用品も同時に買取してもらえる

デメリット

  • 買取価格が安い
  • 個人店では店頭持ち込みだけ対応可能なことが多い
  • 買取不可の場合は引き取り処分も依頼できない

5-2.ネットオークションやフリマアプリで売る

不要になった炊飯器は、ネットオークションやフリマアプリに出品して売ることもできます。中古でも安くて状態のいい炊飯器を探している人が多いため、タイミングが合えば早期落札も期待できるでしょう。

メリット

  • リサイクルショップで買取不可となったものも出品できる
  • 自分が売りたい価格を設定できる
  • 条件やタイミングしだいで思わぬ高額落札もある
  • 炊飯器を欲しがっている人と直接やり取りできる

デメリット

  • 商品クレームや支払い遅延などのトラブルが多い
  • タイミングが悪いとなかなか落札されないことがある
  • こん包や発送の手間がかかる
  • 出品から発送完了まで最短でも数日かかる

6.炊飯器の処分に関するよくある質問

最後に、炊飯器の処分に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.炊飯器の寿命は何年?
A.約6年です。内釜が3~4年程度・外釜が5~6年程度と言われています。なお、以下のような症状があるときは、寿命を迎えたと判断して処分してください。

  • うまく炊飯できない
  • 保温など一部の機能が使えない
  • 炊飯時に異臭・異音がする
  • 内釜のコーティングがはげてきた
  • 途中で炊飯が止まるときがある

Q.炊飯器をゴミに出す前に掃除するべきか?
A.特に必要ありません。ただし、外観がひどく汚れている場合は、集荷場所に運ぶ際に服を汚す可能性があるので、軽く拭き掃除しておくといいでしょう。

Q.ネットで炊飯器の買取査定を受けるメリット・デメリットは?
A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 業者の店頭に行かなくても査定してもらえる
  • 24時間いつでも依頼できる
  • 気軽に査定結果を知ることができる

デメリット

  • 業者の顔が見えないので不安が残る
  • 実物を見ずに査定する場合、実際の買取金額と大きく異なることがある

Q.買取人気の高い炊飯器メーカーは?
A.特に買取人気が高い炊飯器メーカーは、以下のとおりです。

  • タイガー
  • 象印
  • パナソニック
  • 三菱
  • シャープ
  • 東芝
  • 日立

Q.炊飯器の処分を不用品回収業者に依頼するときの注意点は?
A.悪質業者に注意してください。特に、以下のような業者は悪質なので、コンタクトしてきてもキッパリ断ることが大切です。

  • 日中の昼間を中心に住宅街を営業車で巡回している
  • 勧誘電話をしつこくかけてくる
  • 「不用品の処分を無料で行っている」と言って近づいてくる
  • 何かと理由を付けて家に上がり込もうとする
  • 炊飯器以外に処分を依頼していないものまで回収しようとする
  • 無料回収のはずが法外に高い回収費用を請求される
  • 強い言葉や態度で無理やり契約させようとする
  • 身分証や社員証の提示をしない・依頼しても渋る
  • 古物商許可や一般廃棄物収集運搬許可など必要な認可を受けていない

まとめ

今回は、炊飯器の処分について詳しく解説しました。買い替えなどで不要になった炊飯器は、自治体回収にゴミとして出すことができます。ただし、自治体ごとにゴミの分類や集荷ルールが異なるので、事前に確認してから出してください。また、ゴミに出す以外にも、販売店の下取りや引き取りを利用する、不用品回収業者に処分してもらうなども可能です。ほぼ新品でキレイな炊飯器など、条件によってはリサイクルショップなどで買取してもらうこともできます。この記事を参考にしてさまざまな処分方法の特徴を理解し、最もメリットが大きな方法を選んでみてください。