USBメモリの安全な処分方法 ~個人情報・機密情報を守るための注意点~

多くのデータを持ち運べる便利な記憶媒体であるUSBメモリを仕事や日常で使用するという方は多いはずです。
USBメモリは安価な記憶媒体であるということから、買い替えによって不要になるということも多くあります。

便利な一方で、不要になったUSBメモリの捨て方が分からず、仕事場や部屋の引き出しに眠っているということは珍しいことではありません。

不要になったUSBメモリを安全に処分するための方法と注意点についてご紹介しましょう。

・USBメモリ処分の際の注意点とは?

USBメモリ処分の際に注意するポイントは“書き込まれているデータに注意する”ということです。
USBメモリはデータを保存する機器ということもあり、処分の際には“情報流出”に注意する必要があります。
廃棄したUSBメモリから個人情報や機密情報が漏れるという可能性もあるので処分の際には注意が必要です。

・USBメモリを処分する前にはデータの完全消去が必須

USBメモリの通常のフォーマット(論理フォーマット)では、ある程度のデータは復旧可能な状態です。
処分するという場合にはデータを完全に消去するということが大切です。
USBメモリのデータを完全に消去する方法は以下の2種類があります。

【ゼロフィル】

ゼロフィルとはUSBメモリに“00”というデータを書き込むことでデータの痕跡完全に消去するという方法です。特殊なソフトが必要になりますが、安全性の高いデータ消去方法です。

【ランダムデータ書き込み】

ランダムデータ書き込みは意味の無い乱数をUSBメモリに書き込みデータの痕跡を消去するという方法です。ゼロフィル同様に特殊なソフトが必要になりますがゼロフィル同様に安全性の高いデータ消去法です。

このようにデータを完全に消去するという方法はやや専門的な知識が必要になりますが、情報流出のリスクを考えると重要なデータを扱う上で必要な知識といえるでしょう。

・不要なUSBメモリを処分方法は物理的な破壊が有効

USBメモリの安全なデータ消去方法として、ゼロフィルやランダムデータ書き込みが有効なのですが、やや専門性の高いソフトを使用しなければならないという欠点があります。
データの完全な消去が難しいという場合には“物理的な破壊”というのも有効です。

不要なUSBメモリを廃棄するという場合には、壊してしまうというのが手軽なデータ消去の方法です。
USBメモリには“フラッシュメモリチップ”という部品があり、その中にデータが収められています。USBメモリを破壊する際にはフラッシュメモリチップを完全に破壊することで完全にデータの消去をおこなうことができます。

・完全なデータ削除をしたUSBメモリは“燃えないごみ”又は“小型家電ごみ”

ゼロフィル、ランダムデータやメモリチップの破壊などによる完全なデータ削除の完了したUSBメモリは“燃えないごみ”や“小型家電ごみ”として捨てることができます。
ごみの分別は地域によって異なりますが、燃えないごみは通常の処分方法、小型家電ごみは専用の回収ボックスで処分することができます。

“小型家電回収ボックス”は自治体によって総合スーパーや公共施設などに設置されているので各自治体のホームページで確認しましょう。

・USBメモリ処分方法で重要なのは、情報を守ること

USBの処分をする際には“USBメモリ内の情報を守る”ということが大切になります。

  • USBメモリは多くの場合、燃えないゴミとして処分することができる
  • 保存データの取り扱いに注意
  • データ復旧できないようデータの破壊・物理的破壊が必要

これらの点を押さえておいてください。
情報は財産であり守るべきものであるという意識を持ち、適切にUSBを処分するようにしましょう。