不要な絨毯を処分したい! そんなあなたに役立つ2種類の捨て方

引越しや部屋の模様替えをきっかけに今まで使っていた絨毯を捨てたいと思う人がいますよね。
あなたも不要になった絨毯を処分したいと思っていませんか?
普段何気なく使っている絨毯ですが、捨てるとなると意外に手間がかかることでしょう。
あなたも使わなくなった絨毯をどうやって捨てようかお悩みではありませんか?
もしそうなら、絨毯を上手に捨てる方法を知りたいと思いますよね。
そこでこの記事では、絨毯を上手に捨てるために役立つ方法を幾つかご紹介致します。それぞれの捨て方に伴うメリット・デメリットもご紹介致しますので、あなたに合った方法で絨毯を捨てるために是非お役立てください。

捨て方その1:自治体にゴミとして回収して貰う

不要になった絨毯は自治体にゴミとして回収して貰うことが可能です。絨毯の処分方法がわからない場合は市役所に問い合わせてみましょう。
基本的には30cm以上ある大きな絨毯は粗大ゴミ、30cm以下の小さな絨毯は燃えるゴミか燃えないゴミとして捨てる必要がありますよ。

この方法のメリットは

  • 手っ取り早く絨毯を捨てることができる
  • 自治体の回収なので比較的安く捨てることができる

という点を挙げることができます。デメリットとしては、

  • 絨毯の素材に合わせて分別する必要がある
  • 燃えるゴミや燃えないゴミとして絨毯を捨てる場合は指定の大きさにカットする必要がある

自治体で絨毯捨てる場合は、捨てる前の処理が少し面倒かもしれませんね。

捨て方その2:不用品回収業者に依頼する

絨毯を捨てるために不用品回収業者を利用することもできます。不用品回収業者は電話やメールで申し込みをすれば自宅まで絨毯を引取りに来てくれますよ。

不用品回収業者に依頼するメリットは、

  • 重たい絨毯を自分で運ぶ必要が無い
  • どんな大きさや素材の絨毯でも回収して貰える
  • ブランド物で質の良い絨毯は買取して貰える可能性もある

という点を挙げることができます。逆にデメリットとしては、

  • 業者がたくさんあるので選ぶのが大変
  • 怪しげな業者に依頼するとトラブルになる可能性がある

ということです。

不用品回収業者を利用して絨毯を捨てる場合は、正しく許可を得て営業している業者を利用しましょう。

絨毯を捨てる意外に選択できる方法

「不要になった絨毯の捨て方」というテーマで2つの方法をご紹介致しましたが「まだ使えるキレイな絨毯を捨ててしまうのは勿体無い」と思う人もいることでしょう。あなたはいかがですか?

絨毯を処分したいと思うなら捨てる以外の方法も考えてみましょう。例えば、

  • キレイにクリーニングして欲しい人にあげる
  • 高齢者施設や障害者施設に寄付する
  • バザーやフリーマーケットに出品する

このような方法で不要になった絨毯を処分することができるでしょう。「まだ使えるけど処分したい」絨毯があるならこのような方法も検討してみてください。

いかがでしたか?

この記事では絨毯の捨て方として2種類の方法をご紹介致しました。

  • 捨て方その1:自治体にゴミとして回収して貰う
  • 捨て方その2:不用品回収業者に依頼する

使わなくなった絨毯を捨てたいと思うならこれら2つの方法を選択することができますよ。

しかしながら、「まだ使えるけど処分したい」絨毯の場合は捨てる以外の選択肢もあるということを覚えておきましょう。