意外と知らない!? ガスコンロを処分する3つの方法

引っ越しや買い替えなどで処分することがある「ガスコンロ」。
意外とその処分方法は認知されておらず、処分に困ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そんなガスコンロの処分について、ここでは3つの方法をご紹介したいと思います。

ガスコンロの処分方法1 自治体に回収してもらう

意外と知られていないのが、この方法。
実はガスコンロは取り外しができて、自治体の定めるルールによって処分することができるのです。まずはお住まいの自治体のHPや受付センターに問い合わせて、確認してみましょう。

多くの市町村では、通常の「粗大ゴミ」として扱ってくれます。
地域によって異なりますが、数百円~数千円の手数料を払い、指定の場所に出しておくことで回収、処分してもらえます。

注意すべきなのが、内蔵される乾電池を取り外しておくことです。
乾電池は別で処分するか、近くに回収ボックスがあるので、正しく処分してください。

ガスコンロの処分方法2 不用品回収業者に依頼する

ガスコンロは自宅まで回収してくれる専門業者があります。
申し込みから見積、日程の調整をしてくれて、回収までをワンストップで行ってくれるサービスです。業者によっては無料だったり、時には買い取ってくれる場合もあります。まずはネットやチラシなどで探し、相談してみましょう。

この方法のメリットは、費用が安く済むことと、回収の手間がかからない事です。
多くの業者は出張で回収してくれるので、取り外す手間すら必要ありません。
また、お急ぎの場合は郵送で送る事もできるので、すぐに引っ越さなければならない…なんて方も安心です。

ただし、業者によっては有料になる場合や、自治体に依頼する金額より高くついてしまうこともあります。
事前に見積もりをもらい、金額を把握してから依頼するようにしてください。

ガスコンロの処分方法3 家具のリサイクル業者に依頼する

こちらも、不用品回収業者と同様に手軽にガスコンロを処分できる方法です。
不用品回収業者は、モノ次第で処分かリサイクルかを判断することが多いので少なからず費用がかかってしまう可能性があります。
しかし、モノが新しい場合や再利用できるガスコンロに関しては、リサイクル業者に依頼してみてもいいでしょう。

この方法は、リサイクル業者が出張して査定してくれることもありますが、自分でお店に持ち込まなければならない可能性もあります。
大型のガスコンロはとても重く、女性やお年寄りの方では持ち運びに苦労してしまうでしょう。
しかし、買い取ってくれるという点から、運搬の手間はかかりますがリサイクル業者が重宝されます。

リサイクル業者が買い取ってくれるためのポイントとしては、

  • 年式
  • 状態
  • 形状

の3点になります。
年式と形状はガスコンロによって異なるので、あまりにも古いものだと買い取ってもらえないことがあります。
しかし、状態は「汚れ」「傷」などが大きな査定ポイントになるので、業者に依頼する前に掃除をしておくといいでしょう。
ガンコな油汚れなどは落ちない場合もあるので、状態が悪ければ初めから不用品として業者に回収してもらいましょう。

まとめ

以上がガスコンロの主な処分方法になります。
最近ではオール電化住宅が普及し、ガスコンロの需要も少なくなっています。
必要ない場合、上記の3つの方法で正しく処分してみてください。
また、処分の前には乾電池を抜いておくことをお忘れなく。