ガスコンロの処分方法は? 一番簡単でお得に処分するコツを詳しく!

「ガスコンロを新しく買い替えたいけど、不要になったものはどんな方法で処分するべきか」「ガスコンロをなるべく安く処分するポイントを知りたい」とお考えでしょうか? ガスコンロを処分したくても、粗大ゴミとして出せるのか、そのほかの方法で処分すべきかよく分かりませんよね。それに、なるべく簡単で安く処分できる方法に越したことはないでしょう。

そこで今回は、ガスコンロの処分について詳しく解説します。

  1. ガスコンロは何ゴミに分類される?
  2. ガスコンロの処分方法
  3. 新しいガスコンロは買取してもらえることもある
  4. ガスコンロを買取に出す方法
  5. 信頼できる業者を選ぶときのポイント
  6. ガスコンロの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ガスコンロを処分するときのポイントや注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

 

1.ガスコンロは何ゴミに分類される?

最初に、ガスコンロが何ゴミに分類されるのか見ていきましょう。

1-1.ガスコンロは粗大ゴミとして扱う自治体が多い

ガスコンロは、粗大ゴミとして扱う自治体が多く見られます。ガスコンロの主な素材は金属であり、大きさが不燃ゴミで回収できる範囲を超えるものが多いからです。粗大ゴミで出す場合の一般的な流れは、以下を参考にしてください。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、集荷場所・日時・回収費用・受付番号などの指示を受ける
  2. コンビニなどで回収費用分の粗大ゴミ処理券を購入する
  3. 粗大ゴミ処理券に受付番号など必要事項を記入してガスコンロに貼り付ける
  4. 集荷当日になったら指定時間前に集荷場所に出しておく
  5. 自治体がガスコンロを回収して完了

1-2.カセットコンロは金属ゴミや不燃ゴミなどで出せることもある

カセットコンロは、カセットガスを取り除けば金属ゴミや不燃ゴミなどで出せる自治体が多くなっています。粗大ゴミとは異なり、無料で処分できるのがメリットです。金属ゴミや不燃ゴミなどで出す場合は、自治体で決められた曜日・時間・集荷場所に出してください。なお、自治体によっては、指定ゴミ袋に入れるなど独自のルールがあるので確認しておきましょう。

2.ガスコンロの処分方法

自治体回収以外でガスコンロを処分する方法を詳しくご紹介します。

2-1.知人に譲る

比較的新しくてキレイなガスコンロなら、知人に譲ることを考えてみましょう。たとえば、引っ越しの予定がある、古いガスコンロを長年使っているなどの場合、喜んでもらってもらえる可能性があります。まずは、知人に声をかけてガスコンロが欲しくないか聞いてみてください。なお、知人に譲る場合、自分で配送したり配送料を負担したりすることが多くなります。

2-2.引っ越し業者に処分してもらう

引っ越しを機会にガスコンロが不要になるのなら、引っ越し業者に処分してもらえないか確認してみましょう。引っ越しと同時に処分でき、手間がかからないのがメリットです。ただし、処分してもらうには、早めに依頼しておく必要があります。引っ越し前日や当日に連絡しても断られるケースが多いので気を付けましょう。なお、回収費用はオプションとして引っ越し費用に上乗せ請求されることが多いので、確認しておいてください。

2-3.販売店に引き取ってもらう

ガスコンロを買い替える場合は、販売店に引き取ってもらうのが楽な方法です。新しいガスコンロを購入するときに、古いガスコンロの引き取りを依頼しましょう。自分で集荷場所に運ぶ手間がかからず、買い替えと同時に処分できるので無駄がありません。買い替えの場合は、処分費用がサービスになることが多いのもメリットです。なお、単に引き取り処分だけの依頼はできないケースもあるので注意しましょう。

2-4.不用品回収業者に処分してもらう

不要になったガスコンロは、不用品回収業者に処分を依頼することもできます。まずは、業者に連絡して見積もりをもらって検討するとよいでしょう。見積もりを確認し、処分費用などに問題がなければ正式に依頼してください。なお、不用品回収業者ではガスコンロ以外の不用品も同時に処分してもらえるので、この機会に家中の不用品を片付けるのもおすすめです。

3.新しいガスコンロは買取してもらえることもある

不要になったガスコンロでも、まだ新しくて十分に使えるものは買取してもらえることがあります。

3-1.買取対象となるガスコンロの条件は?

買取対象になるガスコンロは、主に以下のような条件を満たしたものです。

  • 有名メーカー品
  • 目立つ汚れ・傷・破損がない
  • 正常に動作する
  • 年式が新しい
  • 使用感が少ない
  • 購入時の付属品がそろっている

3-2.高額査定が期待できるガスコンロは?

買取対象のガスコンロの中でも、特に高額査定が期待できるのは以下のようなメーカーのものです。

  • リンナイ
  • パロマ
  • ノーリツ

なお、業者によって買取を強化しているメーカーが異なるため、問い合わせてみるのもよい方法です。元値が高く高性能なガスコンロで状態がよいものは、さらなる高額査定を期待できるでしょう。

3-3.ガスコンロを高く買取してもらうコツは?

ガスコンロをできるだけ高く買取してもらうには、以下を参考にしてください。

  • 汚れをキレイに掃除しておく
  • 購入時の付属品をそろえておく
  • 不要になった時点でなるべく早く買取に出す
  • ガスコンロの買取を強化している業者に依頼する

なお、業者によって査定基準が異なるため、複数の業者に査定を依頼して比較してみるとよいでしょう。

4.ガスコンロを買取に出す方法

ガスコンロを買取に出す方法を詳しくご紹介します。

4-1.リサイクルショップに買取してもらう

使用感が少なくキレイなガスコンロは、リサイクルショップで買取してもらえる可能性があります。買取を希望するときは、業者の店頭に持ち込んで査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、ガスコンロを引き渡して代金を受け取ってください。なお、個人店の多くが店頭持ち込みだけに対応しているため、自分の車でガスコンロを持ち込む必要があります。また、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できないので注意してください。

4-2.不用品回収業者に買取してもらう

不用品回収業者でも、ガスコンロの買取をしてもらえることがあります。買取を希望するときは、ガスコンロが買取対象品か確認してみましょう。業者の査定を受け、提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。不用品回収業者に買取を依頼した場合、指定日時・場所で回収してもらえる、買取不可になった場合でも引き取り処分を依頼できるなど多くのメリットがあります。

4-3.ネットオークションやフリマアプリで売る

不要になったガスコンロは、ネットオークションやフリマアプリで売ることも可能です。普段から出品慣れしている人なら、スムーズに利用できるでしょう。自分で売りたい価格を設定でき、リサイクルショップなどで買取不可になった場合でも出品できるなどが主なメリットです。ただし、業者からの出品も多いことから、出品情報が埋もれてなかなか落札されない、クレームや支払い遅延が起きやすいなどのデメリットも多くあります。ガスコンロは大きさや重さがあるため、こん包や配送が大変な点を考えると積極的におすすめできる方法ではありません。

5.信頼できる業者を選ぶときのポイント

ガスコンロの処分を業者に依頼するときは、信頼できることを確認することが大切です。

5-1.ガスコンロを含む不用品の回収実績が豊富

信頼できる業者の特徴として、ガスコンロを含む不用品の回収実績が豊富にあることが挙げられます。不用品の回収実績が豊富にあれば、さまざまな経験からあらゆるケースに対応してもらえるからです。また、回収実績が豊富な時点で、多くの顧客から支持されていると判断することができます。やはり、回収実績が少ない業者よりも多い業者のほうが確実で安心して依頼できるものです。

5-2.見積もりは無料

信頼できる業者の多くは、見積もりを無料で行っています。見積もりは、新規顧客を獲得する大切なステップであることを理解しているからです。見積もりを無料にすることで、顧客から気軽にコンタクトしてもらいやすくなります。もちろん、中には見積もりだけで契約に至らないこともあるでしょう。しかし、業者へのイメージは確実によくなります。今回は依頼しなくても、次回は依頼してみようと考えてもらうことも可能です。長い目で考えれば、見積もりを無料にしたほうがメリットが多くなるといえます。反対に、目先の利益だけを考える業者は、見積もりだけでも数千円かかることが多いので気を付けましょう。少しでも売り上げを取ろうと必死になっている時点でおすすめできません。

5-3.リーズナブルで明確な料金システム

リーズナブルで明確な料金システムであることも、重要なポイントです。ホームページなどで料金一覧をチェックし、ガスコンロ1台だけの処分でも気軽に依頼できる料金システムか確認しておきましょう。一般的には、ガスコンロ1台に付き数千円程度~の回収費用になります。自宅まで回収しにきてもらえれば物量としては多くなくても、車両とスタッフの手配が必要になるからです。しかし、ガスコンロを処分する手間を考えれば、決して高くないといえます。なお、悪質業者の中には、無料で回収するとアピールして契約を取り付け、実際には数万円以上の金額を請求するところもあるので注意してください。

5-4.希望日時・場所を指定して回収してもらえる

業者を選ぶときは、希望日時・場所を指定して回収してもらえることもチェックしておきましょう。回収費用が安くても、都合のいい時間を指定できないと不便です。なお、信頼できる業者でも、繁忙期などで依頼が重なった場合は、第一希望の日時を指定できないことがあるため、早めに依頼しましょう。また、業者の営業区域の範囲外では回収を依頼できないので併せて確認しておいてください。

5-5.不用品の買取も積極的に行っている

不用品の買取も積極的に行っている業者を選ぶことも大切です。条件によっては、処分する予定のガスコンロを買取してもらえることがあります。また、ガスコンロは買取不可になっても、ほかの不用品を買取してもらうことができれば、ガスコンロの回収費用と相殺して安く済ませることも可能です。

5-6.スタッフが親切で顧客からの評判がよい

スタッフが親切で顧客からの評判がよいことも、重要な条件の一つです。見積もりを依頼したときなど、親切で丁寧な受け応えができているかチェックしてください。また、言葉遣いが丁寧なことも大切です。スタッフが親切で丁寧な受け応えをしている業者は、総じて顧客からの評判がよく、満足度が高くなります。

5-7.業務に必要な許可を取得済み

ガスコンロの処分や買取を業務として行う場合、それぞれ必要な許可を業者が取得済みであることを確認しておきましょう。具体的には、以下をご覧ください。

  • 処分を依頼するとき:一般廃棄物収集運搬
  • 買取に出すとき:古物商

必要な許可を取得済みかどうかは、業者のホームページを見る、見積もりや査定のときに問い合わせるなどの方法で確認できます。問い合わせても回答してくれなかったりはぐらかされたりする場合、無許可営業の恐れがあるので契約してはいけません。

6.ガスコンロの処分に関するよくある質問

最後に、ガスコンロの処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.ガスコンロの寿命は何年?
A.約10年です。寿命を迎えたガスコンロは、以下のような症状が見られます。

  • なかなか点火できない
  • 火力調節ができない
  • 使用中に火が消えてしまう
  • 使用中に異音や異臭がする
  • 炎の色が赤い(不完全燃焼を起こしている)

なお、不完全燃焼が見られるガスコンロは一酸化炭素中毒を引き起こしやすく、最悪の場合命にかかわることがあるので、速やかに使用を中止して買い替えてください。

Q.ビルトインガスコンロを交換するにはどうする?
A.信頼できる専門業者に依頼してください。ビルトインガスコンロは、交換時にガス配管や電気配線の接続に関する専門知識が必要になるからです。

Q.不用品回収業者に処分を依頼した場合、ガスコンロの取り外しも依頼できる?
A.業者によります。取り外し可能な場合でも、オプション費用が必要になることがあるので確認してください。

Q.ガスコンロを粗大ゴミとして処分する場合も掃除しておくべきか?
A.特に必要ありません。ただし、汚れたままだと集荷場所に運ぶ際に手や洋服が汚れやすいため、簡単に掃除しておくことをおすすめします。

Q.使用済みのカセットガスを処分する方法は?
A.まずは、カセットガスを振ってみましょう。シャカシャカとした音がする場合は以下の方法でガスを完全に抜き、自治体の回収ルールに沿って処分してください。

  1. 火気のない屋外でカセットガスのキャップを外す
  2. カセットガスの先端を下に向け、先端部をコンクリートなどに押し付ける
  3. 噴射音が消え、ガスが完全に抜けたら完了

まとめ

今回は、ガスコンロの処分について詳しく解説しました。買い替えなどで不要になったガスコンロは、自治体回収に粗大ゴミなどで出すことができます。そのほかにも、販売店の下取りや引き取りを利用する、買取に出す、不用品回収業者に処分を依頼するなどの方法を選ぶことも可能です。まずは、それぞれのメリット・デメリットをよく理解し、最もメリットが大きい方法を選ぶとよいでしょう。