キッチンをキレイに保つコツ ~雑然とした雰囲気をなくす方法~

キレイにしたいのになかなかキレイにできない!
そんな場所の代表格が「キッチン」でしょう。
トイレやお風呂と違い、ものが多く掃除したくても掃除しづらい。
不潔にはしていないけど、全然片付かない・・・
そんな悩みを抱えていませんか?
キッチンはたくさんの道具や調味料があるので、キレイに保ちづらいことは事実。
たくさん必要な調理器具も収納しきれない人が多いです。
ここではキッチンをスッキリ片付けてキレイに保つコツをご紹介します。
どことなく雑然としたキッチンをキレイにしたい方はぜひ参考になさってください。

キッチンが汚れている原因

キッチンが汚れている、もしくは雑然とした感じがする理由は、ものが多いので片付いた感がないことと、油汚れが落とし切れていないから。
キッチンが調理器具や調味料であふれている、調理するスペースが少ないという場合は調理器具の見直しを!
ほとんど使わない調理器具がキッチンを占領していませんか?
同じ様な形の鍋がたくさんありませんか?
そういった無駄なスペースをなくしていくことでスッキリと風通しの良いキッチンに変化していきます。

また、油汚れが付いたままになりがちなガスコンロ周りにはモノを置かないこと。
調味料はガスコンロ周りにあると便利ではありますが、すぐに油汚れでべとべとになってしまいます。
汚れの最大の原因となる油汚れをまわりのものに付けないように置き場所を工夫しましょう。

キッチンをキレイに保つコツ

「なにも出さない」を基本に

キッチンをキレイに保つコツは、調味料や調理器具を外に出しておかず、すべて扉付きの棚の中に収納しておくことです。
今まで雑然と出ていたものがなくなるだけで空間が広くなり、汚れた感じもしなくなるはずです。
油汚れが付きやすくなりますから、とにかくキッチンは「収納する・何も出さない」を基本に。
必要なものを出して使うというクセをつけてくださいね。

油汚れ用シートを活用する

最も落としづらい汚れが「油汚れ」ですね。
油汚れが付きやすいガスコンロ周りには、ガスコンロ専用のシートを利用し、壁やガスコンロ台に貼り付けておきましょう。
油汚れは一旦こびりつくと非常に落としづらく、女性の力でキレイにするのは一苦労です。
最初から油汚れを防ぐシートを使っておくのが一番効率的です。
なるべく隙間ができないよう、ぴっちりとシートを貼っておきましょう。
シートが汚れたら貼り換えるだけなので非常に簡単ですよ。

ステンレスのくもりをなくす

キッチン

「キレイにしたのに何となくスッキリしないなぁ・・・」
そんな時はステンレスのくもりに注目してみましょう。
調理台のステンレス部分はキレイに掃除してもくもりは取れません。
くもりを取る場合は専用の研磨剤などが必要です。
自分でやる場合は傷をつけないように気を付けて、少しずつ研磨していきましょう。
業者にお願いすることも可能です。
せっかくのキッチンだからピカピカにしたい!
そんな方はぜひキッチンのくもりを取り除いてみてください。

いかがでしたでしょうか。
キッチンは収納方法を変えて掃除を徹底すれば必ずキレイになります。
あきらめずに少しずつでも良いのでキッチンの片付け&掃除をやってみてくださいね。