大掃除のコツと手順を知り、楽しく掃除をしよう

年末や季節の変わり目は大掃除の時期です。
普段掃除をすることができない細かいところまで掃除をしていかなければなりません。
大掃除をすればもう使うことのない不用品がたくさん出てくるでしょう。
どのように掃除をしていけば良いのか、大掃除のコツや掃除をする手順・順番が分からないという方もたくさんいらっしゃいます。
1日かけて掃除をする方もいれば数日に分けて掃除をする方もいるように、自分のペースで掃除をすることが大事です。
今まで大掃除が上手くいった試しがないという方はぜひチェックしてみてください。
大掃除のコツ、手順・順番について説明します。

高いところから始めること

大掃除は高いところから始まります。
高いところといえば箪笥や棚の上、照明器具です。
箪笥や棚の上はホコリが非常に溜まりやすく、ホコリだけではなく虫の死骸もあるでしょう。
まずはたきで軽くはたいていきます。そして水吹きをしてください。
照明器具は水吹きができないケースもあるので乾いた雑巾やはたきを利用して掃除していきます。
ホコリが床や周りに舞ってもいいように食べ物などは必ず閉まっておくようにしてください。
床にもホコリが落ちてしまうので床の掃除は必ず後回しです。
せっかく床を掃除したのにまた掃除し直さなければならなくなってしまいます。二度手間です。
また、換気をするために窓はすべて空けておきましょう。自分の口にホコリが入らないようにマスクや髪をカバーするバンダナをつけて掃除を始めることをお勧めします。

玄関やお風呂場・洗面所

次に大掃除をするところは玄関とお風呂場・洗面所です。
玄関掃除のコツとしては新聞紙を濡らし、床にまくことです。
そうして掃除をすることで余計なホコリを舞うことなく濡れた新聞紙に吸収させることができます。靴箱の掃除もかかせません。
靴はすべて日光があたる外に干しておき、靴箱の中を水吹きしましょう。
子供がいる場合は玄関を子供に担当させるのも良いかもしれません。
お風呂場や洗面所は毎日使うところでもあるので念入りに細かいところまで掃除が必要です。
石鹸のカスがこびりついているので丁寧にスポンジで洗い流していきます。
排水溝はヌメヌメしていると思うので市販で販売されているヌメりをとることができる商品を利用してください。
力仕事となる場所なので結婚している方は旦那様に頼んでください。
水場を常にキレイにしておくと心持も明るくなります。

キッチン周り

油が飛び散ってしまっているガスレンジや換気扇は少々掃除がやっかいな部分です。
ここのコツとしてはアルコール除菌剤やアルカリ性のレンジ用洗剤を利用していきながら油を溶かし、落としていきます。
キッチン周りはどうしても掃除をほったらかしにしておくと古い油の上に新しい油がこびりついてしまいなかなか落ちにくくなってしまうので使った後は必ずキレイにするという習慣を身につけておかなければなりません。
毎日気をつけておくことで大掃除をするときもよりスムーズにピカピカにすることができるでしょう。
料理をするときに使うところでもあるので常に清潔さを保ち続けておかなければなりません。
換気扇も同じです。大掃除だけではなく、定期的に換気扇を掃除しておくことがコツでもあります。

まとめ

大掃除のコツは高いところから低いところに向かって掃除をすること、そして大掃除のときだけでなく毎日少しずつキレイにしていくことです。
毎日の積み重ねが大掃除を楽にしますし、汚れがとれやすくなります。
自分ができる小さなことでも構いません。できることから少しずつ掃除をしていきましょう。