タンスの処分方法を解説!捨てる際の注意点や中古タンスの需要なども紹介

「タンスが不要になったので処分したいが、その方法に悩んでいる」という人はいませんか? タンスはいろいろな大きさがあり、1人では持ち運べないほど大きなものは、自治体を利用する以外の方法で処分したほうが便利なこともあります。また、「まだ使えるタンスが不要になったので、売却したい」という人もいるでしょう。

今回は、タンスの処分方法を紹介します。

  1. 自治体を利用してタンスを処分する方法
  2. 自治体以外を利用してタンスを処分する方法
  3. タンスを売却する方法
  4. タンスの処分に関するよくある質問

この記事を読めば、売却できるタンスの特徴もわかるでしょう。タンスの処分を検討している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

1.自治体を利用してタンスを処分する方法

はじめに、自治体でタンスを処分してもらう方法や注意点を紹介します。

1-1.タンスは粗大ゴミに分類されることが多い

タンスは粗大ゴミに分類される自治体が大半です。また、粗大ゴミでも以下のようなルールがある自治体もあるでしょう。

  • 粗大ゴミはゴミ集積場まで持って行く
  • 粗大ゴミは指定された専用の集積場に持って行く
  • 粗大ゴミは自分で自治体のゴミ処分場に持ち込む

また、処分費用がかかる自治体とかからない自治体があります。

1-2.自治体のサイトで確認することが大切

自治体では、サイト上でタンスをゴミとして回収する方法を公開しています。まずは確認してください。また、自治体によっては、条件を設け、有料で家からタンスの運び出しをしてくれるところもあります。「重くてタンスを家から搬出できない」と悩んでいる人は、自治体が搬出サービスを行っていないか、確認しましょう。

1-3.分解すれば燃えるゴミとして出せる自治体もある

タンスを一定の大きさ以下に分解すれば、燃えるゴミとして回収可能な自治体もあります。組み立て式の小さいタンスは、分解してもいいでしょう。ただし、大型のタンスは分解に手間と時間がかかります。電動のこぎりがないと解体が難しいものもあるので、無理をしないようにしましょう。

1-4.搬出にだけ便利屋に依頼する方法もある

「タンスをゴミとして処分してもらいたいけれど、家から搬出できない」という場合は、搬出だけを便利屋などの業者に依頼してもいいでしょう。1時間2,000円前後で依頼できます。

2.自治体以外を利用してタンスを処分する方法

この項では、自治体に依頼せずタンスを処分する方法を紹介します。

2-1.買い換えのときに家具屋に引き取ってもらう

タンスが買い換えで不要になった場合は、家具屋に引き取ってもらうことが可能なケースもあります。引き取りサービスを実施している家具屋を利用し、新しいタンスが到着したときに古いタンスを入れ替えに引き取ってもらいましょう。

2-2.不用品回収業者を利用する方法

不用品回収業者とは、家庭や会社で不要になったものを有料で回収してくれる業者です。宅配回収や持ち込み回収のほか、業者が家まで回収に来てくれる方法もあり、家から搬出も行ってくれます。ですから、大きなタンスが不要になったが家からの搬出が難しい場合や、理由があって今すぐタンスを処分したいときなどに利用するのがおすすめです。

2-3.不用品回収業者は自分で探そう

現在、不用品回収業者はサイトを開設しているところも多く、ネットから見積もり依頼も可能です。業者によってはセールスの電話をかけてきたり軽トラックで町を流していたりしますが、そのような業者に依頼すると料金トラブルが発生することもあります。業者はネットで探し、実績や口コミを確かめたうえで依頼しましょう。

3.タンスを売却する方法

この項では、タンスを売却する方法や注意点を紹介します。

3-1.売却できるタンスの種類

中古でも需要があるタンスは、以下のようなものです。

  • 桐(きり)のタンスなど元値が高いタンス
  • 婚礼ダンスなど複数のタンスがセットになったもの
  • 仙台タンスなど伝統的な工法で作られたタンス

ただし、汚れがひどかったり大きな傷があったりするタンスは買取が難しいでしょう。

3-2.タンスを買取してもらう方法

タンスをリサイクルショップで売却したい場合、ショップ選びが大切です。家具専門のリサイクルショップやタンスの買取を強化しているショップを利用するといいでしょう。大きなタンスの場合は、店員が家まで査定に来てくれる出張査定を利用するのが便利です。タンスの買取相場は数千円~1万円前後となっています。

3-3.ネットオークションに出す場合は送料に注意する

ネットオークションやフリマサイトにタンスを出品したい場合は、送料に注意しましょう。大きなタンスは引っ越し便扱いになり、送料が高くなることもあります。取りに来てくれる人限定などで出品してもいいですね。出品する場合は、使用年数や状態を詳しく記載し、写真とともに掲載しましょう。

4.タンスの処分に関するよくある質問

この項では、タンスの処分に関する質問を紹介します。

Q.タンスの分解は一般的なのこぎりでは難しいでしょうか?
A.はい。大きいほど難しくなります。

Q.観音開きの扉がついたタンスと引き出し式のタンスならば、どちらが需要が多いでしょうか?
A.観音開きの扉があるタンスならばいろいろな衣類が入れられますが、需要に極端な差はないと思います。

Q.ベビーダンスは中古の需要はあるでしょうか?
A.はい。状態の良いものならば需要があるでしょう。

Q.組み立て式家具の場合は、中古の需要はありませんか?
A.はい。組み立て式の場合は、中古の需要は低いでしょう。しかし、ネットオークションを利用すれば買い手がつく可能性があります。

Q.タンスの寿命はどのくらいですか?
A.丁寧に扱えば、10~20年以上は持ちます。また、桐のタンスは全体を削ることでリニューアルすることも可能です。

まとめ

今回は、タンスの処分方法について解説しました。タンスは、家具の中でも大型で、持ち運びが大変です。自治体にゴミとして回収してほしい場合は、運搬方法を考えましょう。タンスが大きすぎて持ち運べない場合などは、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。ただし、どの方法で処分する場合も、時間に余裕を持って行いましょう。