良い品をそのまま捨ててはもったいない!!タンスを処分する方法3つ

一昔前まではどの家にも必ず一竿はタンスがありましたが、今はクローゼットが備え付けてある家も多く、不要になったタンスの処分に頭を悩ませている方もいるでしょう。そこで今回は不要になった箪笥の処分方法を3つご紹介しましょう。
ただ捨てるだけではないのですよ。不要になった箪笥を処分したい、という方はぜひ読んでみてください。

処分方法その1 粗大ごみとして出す

タンスは粗大ごみとして自治体に処分を依頼できます。
長年使って傷んだりカビが生えたりしてしまったタンスや、壊れてしまったタンスなどは粗大ごみとしてだせば、一番お金がかからず処分ができます。
粗大ごみを出す方法は自治体によって違いますので、お住まいの自治体の決まりをよく確かめてから出しましょう。
また、粗大ごみとして出せるのはタンス本体だけです。面倒くさいからと中身も一緒に出すと回収してもらえません。
タンスは重い家具ですので、ゴミ取集上に持っていくときは引き出しを抜いて別々に持っていくとよいでしょう。

処分方法その2 不用品回収業者を利用する

  • タンスが重くてごみ収集所まで持っていけない。
  • 事情があってすぐにタンスを処分したい。

このような場合は不用品回収業を利用してみましょう。
お金はかかりますが、早ければ依頼をしたその日に引き取りに来てくれます。
スタッフが家まで回収に来てくれるので、回収時には立ち会うだけで大丈夫です。
引き取り料金が心配という方は事前に見積もりを作成してもらいましょう。
実績がある会社ならば家庭用のタンスならばよほど特殊なものでない限り現物を見なくても見積もりを出してくれます。

処分方法その3 中古品として売却する

タンスは一昔前までは婚礼家具の花型でした。愛する娘のために良いものを奮発した親御さんもたくさんいたことでしょう。
良い家具は年月がたっても劣化しにくく、大切に使えばやがてアンティーク家具としてより価値のでるものもあります。
このようなタンスはたとえ不要になったとしても捨ててしまってはもったいないです。
家具専門のリサイクルショップに査定を依頼し、売却してみましょう。
普通のリサイクルショップよりも家具専門のほうが目利きができるスタッフもおりますし、高値で買い取ってもらいやすいです。
タンスが重くて動かせない、という場合は出張査定もしてくれますので気軽に頼んでみましょう。
当日はタンスの中を空っぽにし、ほこりをふき取ってきれいにしてから査定をしてもらってください。
また、家具専門のリサイクルショップの中には家具の処分も請け負っているところがありますので、たとえ金額がつかなくても処分を依頼することができます。売れるか売れないかわからない、というタンスは買いとりも処分も請け負っている業者を選ぶとよいでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はタンスの処分方法を3つご紹介しました。
古いけれどまだ使えるタンスをお持ちの方はいちど家具専門のリサイクルショップに査定を依頼してみませんか?