不要なベッドをなんとかしたい! 3つの処分方法とメリット・デメリット

転勤や引越し、家族構成の変化で不要になったベッドはどうやって処分すればいいのでしょうか?
ベッドは大型家具ですから、処分するのにもひと手間必要です。
ここではベッドの処分の仕方をご紹介します。
部屋にいらないベッドがあって困っているという方はぜひ参考になさってくださいね。

  1. 不要なベッドを自治体で処分する
  2. 不要なベッドをリサイクルショップに売る!
  3. 不要なベッドを不用品回収業者に引取依頼する

1.不要なベッドを自治体で処分する

ベッドは粗大ごみとして自治体に引き取ってもらうことが可能です。
自治体にもよりますが、手順は

  • 事前に自治体に連絡して処分方法やベッドを出しておく場所を確認
  • 粗大ごみ券、粗大ごみシールなどを購入してベッドに貼って出す

この2つの手順だけです。
費用はシングルベッドで1,000円~2,000円程度。
マットレスも同じように自治体で引き取ってもらえます。
「パイプベッドを解体して燃えないごみに出せば無料!」という方もいますが、パイプベッドは解体するのがかなり手間です。
燃えないゴミとして出すのは大変なので、粗大ごみとして出しましょう。
自治体に引き取ってもらう場合は費用が抑えられるのがメリットですが、自分でゴミ収集所まで出さなければなりません。
マンションや狭いコーポに1人暮らしで住んでいる方や力のないお年寄りにはかなり大変ですね。
持ちだせない場合は、家に引き取りに来てもらえる業者にお願いするのがおすすめです。

2.不要なベッドをリサイクルショップに売る!

リサイクルショップは、お店の人が「売れる」と判断したものであれば買い取ってくれます。
ただし、ひとり暮らし用のベッド・マットレスなどはそれほど高値で引き取ってもらえませんし、場合によっては引取不可の場合もあります。
モノによってはお金をもらえる場合もありますが、あまり期待をせず「売れたらラッキー」ぐらいの気持ちで査定をお願いしましょう。
業者によっては無料回収してくれる場合もあります。

3.不要なベッドを不用品回収業者に引取依頼する

お金に関係なく、確実に処分したい場合は不用品回収業者に引取依頼しましょう。
不用品回収業者は依頼すれば必ず引き取ってくれる上に、自分の都合にあった時間に家まで来てくれるので、時間のない人・忙しく働く方にとっては非常に便利です。
ベッドを不用品回収業者に引取依頼した場合は5,000円~8,000円程度の費用がかかります。
エレベーターの有無や階段使用時の不具合などによって費用が高くなる場合もあります。
費用が高くなりがちなのがデメリットですが、最近の不用品回収業者の中には「買取」してくれる業者もあります。
「リサイクルショップ」と「不用品回収」の両方の機能を持った業者が増え、モノによっては買取をしてくれるようになりました。
お金を出して回収してもらうのか、買取をしてもらえるのか?
自分で判断がつかない場合は不用品回収業者にお願いしてみましょう。

ベッドの処分方法まとめ

  • 自治体に粗大ごみとして処分してもらう
  • リサイクルショップに売る(一人暮らし用はあまり売れない)
  • 不用品回収業者に依頼する(モノによっては買取してもらえる)

いかがでしたでしょうか?
不用品回収業者は買取も回収もしてもらえて非常に便利です。
転勤や引っ越しなどで不用品が出た人は、まとめて不用品の査定をしてもらうとよいでしょう。場合によっては買取でお金に代わる場合もありますよ。