洋服の片付け方を知りたい! 簡単に片付ける3つのポイント

家のクローゼットが洋服でいっぱい! もう洋服を買っても入らない・・・洋服が捨てられない人はクローゼットの中に余裕がなくなりがち。洋服が外に出たまま、なんていう人までいます。洋服をキレイに収納するには、本当に着るものだけを残すのが一番大事!

余計な洋服、着ないけど捨られない洋服があるからこそ収納できないのです。ここでは洋服を片付けるコツをご紹介しています。このコツを押さえれば確実にクローゼットがスッキリします! ぜひ実践してみてください。

  1. 持っている洋服をリストアップして不要なものを分ける
  2. 洋服の収納はたたみ方がポイント!
  3. 洋服をよりキレイに収納するための工夫

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.持っている洋服をリストアップして不要なものを分ける

洋服は気が付かないうちに増えてしまいがち。たいていの人は自分がどんな洋服をどれだけ持っているのかを把握していません。そこで、自分の洋服をすべて把握するためにリストアップしながら、不要なものを分けていきます。リストアップする時は「Tシャツ○枚」「シャツ○枚」など、自分が分かりやすい名称でメモしていきましょう。

そして1番重要なのが「不要な洋服の分別」ですね。ここでしっかりと分別できれば洋服整理が完了したのも同然です。1枚1枚必ず広げて、迷った場合は着てみてから判断します。

不要なものはまとめておいておくようなこともせず、必ず処分しましょう。処分方法は人にあげるでもオークションに出すでも構いません。不要かどうか判断できない、という場合は着てみて「それを着た自分が好きかどうか」「洋服に愛着がわくかどうか」で判断すると迷いづらくなります。愛着がわかない洋服は、着てみてもわくわくしないものです。着てみたときの自分の感情を大切にして、「この洋服が好き!」と思えるものだけを残してくださいね。

2.洋服の収納はたたみ方がポイント!

自分が好きな洋服だけをピックアップできたら、収納ケースに収納していきます。クローゼット用・押入れ用の収納ケースを利用すると見た目にも美しいです。必ずおそろいの収納ケースを用意しましょう。そして、たたむときはどんなものも「長方形」で、「同じ形になるように」たたみます。

このたたみ方は非常に重要! 収納ケースの高さに合わせて、セーターもTシャツも同じように長方形にたたんで収納していきます。つるす洋服は厳選して、形を崩したくないジャケットや大切なコートなどをかけていきましょう。

3.洋服をよりキレイに収納するための工夫

3-1.ブックエンドを利用する

Tシャツや素材の柔らかいものは、長方形にたたんでブックエンドで挟むとキレイに収納できます。上から見たときに縦に並ぶように、ブックエンドでしっかり挟んで収納していきましょう。ヨコに重ねていくとどんなTシャツがあるのかわからなくなりますから、必ず縦に収納します。

3-2.ネクタイはネクタイかけを利用

ネクタイやスカーフは収納しづらいアイテムですから、ネクタイかけなど専門のグッズを使用しましょう。しわを入れたくないネクタイはかけて収納しておくのがおすすめです。数が多くない場合はリング型のネクタイ収納グッズを、数が多い場合はネクタイ用ミニハンガーを利用しましょう。
ネクタイは数に合わせてグッズを変えるのがポイントです。

まとめ

  • 自分の洋服をすべて出してリストアップしながら不要な洋服を分別する
  • 愛着がわかない洋服は必ず処分すること!
  • 収納する際は必ず「長方形」にたたんで収納
  • たたんで入れるものはすべて立てていれる
  • ブックエンドを使うと立てる収納がキレイにできる
  • ネクタイはネクタイ専用のグッズを使って、かけて収納するとたくさんキレイに収納できる

洋服が片付かない理由は、自分が持っている洋服を把握していないことと、いらない洋服を捨てられないことが原因です。一度はすべてのアイテムを出してみて、自分の洋服をチェックしてみましょう。「もうこれはいらないな・・・」というアイテムがかなりの数出てくるはずです。不要な洋服を処分できたら片付けは完了したも同然です。この工程をしっかりとやってくださいね。