失敗しないソファーの処分方法は? 手間なくお得に処分する方法も!

「ソファーを処分したいがどうしたらよいのか?」とお悩みではありませんか? 「引っ越すので処分したい」「新しく買い替えたい」などの理由でソファーが不要になったとき、処分方法に悩む人も多いはずです。大きくて重さがあるため、不燃ゴミとして捨てることができないソファーは、どうやって処分すればよいのでしょうか。

この記事では、ソファーのゴミ分類や処分方法・買取に出すことはできるのかなどを詳しくご紹介します。

  1. ソファーは何ゴミに分類されるのか?
  2. ソファーを自治体回収で処分する場合
  3. ソファーは自治体回収以外の方法でも処分できる
  4. ソファーを買取に出すには?
  5. ソファーの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ソファーを粗大ゴミとして捨てる場合の手順や買取対象になる条件などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.ソファーは何ゴミに分類されるのか?

まずは、ソファーのゴミ分類について詳しくご紹介しましょう。

1-1.ソファーは粗大ゴミ

ほとんどの自治体で、ソファーを粗大ゴミとして回収しています。「一辺の長さが〇〇cm以上のものは粗大ゴミ」と決まっている自治体もあるでしょう。しかし、どんなに小型のソファーであっても、その上限を超えている場合が多いため、可燃ゴミや不燃ゴミ用の袋には入りきりません。そのため、粗大ゴミとして捨てることになるでしょう。

1-2.分解して可燃ゴミや不燃ゴミとして出すのは難しい

「ソファーを小さく分解すれば可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てられるのでは?」と考える人もいると思います。しかし、ソファーの中に木材や鉄パイプなどが入っているものもあるため、分解するのは難しいでしょう。また、コイルやウレタンなどを使用しているものもあり、分解できたとしても可燃ゴミとして捨てることができない自治体も多くなっています。

1-3.スプリング入りのものは回収していない自治体も

自治体によっては、スプリング入りのソファーは粗大ゴミとして回収していないところもあります。たとえば、千葉市やさいたま市などでは、スプリング入りソファーを特定適正処理困難物に指定し、自治体による回収を行っていないのです。ソファーを捨てる際は、まず、スプリングが入っているかどうか、スプリング入りのものでも回収してもらえるかどうかを確認する必要があります。

2.ソファーを自治体回収で処分する場合

ソファーを自治体回収で処分する際の手順やメリット・デメリットをまとめました。

2-1.まずは電話かインターネットで申し込みを

粗大ゴミの回収手順は自治体によって異なりますが、一般的には以下のような流れになっています。

  1. 電話かインターネットで回収の申し込みをする
  2. 回収日時と回収場所・料金を確認する
  3. コンビニまたは郵便局で料金分の粗大ゴミ処理券を購入する
  4. ソファーの目立つ場所に処理券を貼る
  5. 回収日の朝に、指定の回収場所へソファーを持っていく

2-2.費用の安さと安心感がメリット

自治体回収を利用するメリットは、やはり安さと安心感でしょう。3人掛けの大型ソファーでも、処分費用は2,000円以内の自治体がほとんどです。また、相手が自治体という安心感も大きいでしょう。不法投棄などを心配する必要はありません。

2-3.自分で運び出す必要があるというデメリットも

デメリットとしては、自分で回収場所まで運び出す必要があるという点が挙げられます。一人暮らしの女性や高齢者には、大きくて重いソファーを自宅から運び出すのは困難な作業でしょう。

3.ソファーは自治体回収以外の方法でも処分できる

ソファーを自治体回収以外の方法で処分する場合は、以下を参考にしてください。

3-1.販売店に引き取り・下取りしてもらう

販売店によっては、不要になったソファーの引き取りや下取りサービスを行っているところもあります。ただし、新しいソファーの購入が条件になる場合がほとんどなので注意してください。新しいソファーを自宅に届けてくれたときに古いソファーを持っていってくれるため、自分で運ぶ必要はありません。また、購入と処分が同時にできるため、手間が省ける点もメリットでしょう。ただし、このようなサービスを行っていない販売店も多いので確認が必要です。

3-2.不用品回収業者に依頼する

ソファーのほかにも不用品が多数ある場合は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。日時を指定すれば自宅まで回収に来てもらえるため、自分で搬出する心配はありません。ただし、粗大ゴミとして処分する方法に比べると費用は高額になる場合がほとんどでしょう。また、悪徳業者も存在するため、トラブルに巻き込まれないよう、慎重に業者選びをする必要があります。

3-3.買取に出す

比較的状態のよいソファーは、買取に出しましょう。買取先には、リサイクルショップや家具専門の買取業者などがあります。リサイクルショップだと持ち込めばその場で現金化できますが、買取対象外だった場合は再び持ち帰らなければなりません。そのため、出張買取に対応している買取業者を利用するのがおすすめです。ただし、業者によっては出張費用が別途かかる場合もあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

4.ソファーを買取に出すには?

買取対象になるソファーの条件や買取業者の選び方などをまとめました。

4-1.買取対象になるソファーは?

基本的に、買取対象になりやすいソファーには以下のような条件があります。

  • 使用年数が10年以下
  • 目立つ汚れや傷・ほつれなどがない
  • カリモクやカッシーナ・Francfrancなど有名ブランドのもの

4-2.信頼できる業者選びが重要

買取業者の中には、回収したソファーを不法投棄するような悪徳業者も存在します。そのような業者を利用しないためにも、以下のポイントを参考に信頼できる業者を選びましょう。

  • 豊富な買取実績があるか
  • 料金体系が明確か
  • 古物商の許可を得ているか
  • 業者の所在地や固定電話の番号を明らかにしているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

4-3.買取価格を比較して選ぼう

同じソファーでも、依頼する業者によって買取価格には差があります。少しでもよい条件で買取してもらうためには、事前に複数の業者を比較しておくことが大切です。複数の業者に査定を依頼し、その内容を比較できるサイトもあるため、利用するとよいでしょう。大まかな相場も把握できるため、適正な価格でソファーを買取してもらえるはずです。

5.ソファーの処分に関するよくある質問

「ソファーを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ソファーの寿命は一般的に何年ぐらいでしょうか?
A.平均寿命は3~10年といわれています。素材によっても異なりますが、適切なメンテナンスをしっかり行うことで10年以上使用できる場合もあるでしょう。

Q.ソファーをネットオークションで売ることもできますか?
A.もちろん可能です。ただし、こん包や発送に手間がかかること・送料が高額になること・買い手が見つかるまで手元に置いておかなければならないことなど、デメリットもあります。

Q.ソファーを不法投棄したらどうなるのでしょうか?
A.5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金が科せられます。または、この両方の刑罰が科せられることもあるため、不法投棄は絶対にやめてください。

Q.ソファーを少しでも高く買取してもらうためにはどうすればよいですか?
A.可能な限り汚れや臭いを落とし、きれいな状態にしておきましょう。また、買取先を比較して選ぶこと・不要になったら早めに買取に出すことも高価買取のポイントになります。

Q.悪質な不用品回収・買取業者の特徴を教えてください。
A.アポなしの訪問営業で不用品の回収・買取を強制してきたり、領収書の発行を拒んだりすることが悪徳業者の典型的な例です。

まとめ

不要になったソファーの処分方法や買取に出す際の注意点などを詳しくご紹介しました。ソファーは大きくて重いものなので、不要になったときの処分に困る人は多いでしょう。ぜひこの記事を参考に、自分に合った処分方法を見つけてください。