部屋がすぐに散らかる原因は? 片付け上手になる4つのポイント

「定期的に片付けているのにすぐ部屋が散らかる」「部屋が散らかる原因が分からない」など、部屋の散らかり具合に悩んでいる方は多いでしょう。収納用品を使っても片付けられない場合は、片付け方が間違っている可能性があります。自分の片付け方を見直し、散らかる原因を見つけることが大切です。

本記事では、片付けても部屋がすぐに散らかる原因や散らかりを防ぐポイントなどを解説します。

  1. 片付けても部屋がすぐ散らかる原因は?
  2. 部屋が散らかるのを防ぐ片付け方
  3. 部屋が散らかるのを防ぐ習慣と考え方
  4. 部屋が散らかることに関してよくある質問

この記事を読むことで、散らからない部屋の特徴や片付け方が分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.片付けても部屋がすぐ散らかる原因は?

まずは、片付けても部屋がすぐに散らかる原因を把握しておきましょう。

1-1.使っていないもの・要らないものがたくさんある

片付けてもすぐに散らかってしまうのは、使っていないものや要らないものがたくさんあるからです。整理整頓が苦手な人、片付けても途中で諦めてしまう人の多くは、不用品が大量でなかなか捨てられない共通点があります。基本的に、今使っていないものは処分してください。「もったいないから」「いつか使うかもしれない」といった理由で手元に残すのはNG行為です。極力、ものを減らすことが片付けやすい環境にする第一歩となります。

1-2.ものの置き場所・定位置が決まっていない

使ったものをすぐに元の位置に戻すことができれば、すぐに散らからず整理整頓された状態が維持できるでしょう。散らかりやすい部屋は、ものの置き場所や定位置が決まっていません。何がどこにあるのか分からない状態なので、あちこちにものが散乱しやすくなります。また、置き場所と定位置が決まっていないと、使った後そのまま放置しがちです。

1-3.ものが出しっぱなしになっていても気にならない

部屋の片付けに苦手意識を持っている人に共通しているのが、ものが出しっぱなしになっていても気にならない・何とも思わないという点です。今、部屋の中を見渡してみてください。床の上にたくさんのものが散乱していても、何も感じない方は整理整頓をしてもすぐに散らかる傾向があります。床の上にものが散乱していると掃除機をかけるのも面倒に感じるものです。しかし、そのまま放置すると、そこにどんどんホコリがたまり、不衛生な環境になってしまいます。

1-4.収納スペースいっぱいにものを詰め込んでいる

収納スペースが空いているからといって、ギュウギュウ詰めになるまでものを詰め込むのはNGです。片付けてもすぐに散らかる部屋は、クローゼットや物置などの収納スペースにたくさんのものを詰め込んでいる特徴があります。確かに、スペースが空いていればそこに収納したくなりますが、最終的にはものがあふれ散らかってしまうので注意が必要です。本来の収納をうまく生かすためには、スペースの2割程度余裕を持たせることが大切なポイントとなります。

2.部屋が散らかるのを防ぐ片付け方

では、どうすれば部屋が散らかるのを防ぐことができるのでしょうか。散らかり防止の片付け方とポイントを解説します。

2-1.まずはものを減らすことが大事

最初に取り組んでほしいのが、ものを減らすことです。前述したように、すぐに散らかりやすい部屋には不用品がたくさんあり、なかなか捨てられない共通点があります。大切なものを無理に処分する必要はありませんが、今使っていないものは捨てるという判断基準を持ちましょう。できるだけものを減らしたほうが、整理しやすくなり収納スペースにも余裕が生まれます。1度、片付ける部屋にあるすべてのものを1箇所に集め、そこから「必要なもの」と「要らないもの」に分別しましょう。そして、要らないものは早めに処分してください。

2-2.定位置を決める

仕分けで必要なものに分類したものは、置き場所・定位置を決めましょう。定位置の決め方は、使用する場所に近くに置くことです。たとえば、テレビのリモコンはテレビ台、本や雑誌はリビングの本棚、キッチン道具はシンクの下など使用場所の近くに置くことで、取り出しやすく片付けやすい状態となります。定位置を決めたら、使った後すぐに片付ける習慣をつけることが大切です。

2-3.統一した収納グッズを活用する

部屋の散らかりは収納グッズを上手に活用することで未然に防ぐことができます。キッチン周りの小物や文房具類など小さなアイテムは、特に散らかりやすいのでトレーを使いましょう。種類ごとに分けて収納すれば、すぐに取り出しやすくスッキリします。ただし、収納グッズを用意する際は、色やデザインを統一することが大切です。また、増やしすぎると逆にものが増えてしまうので、収納グッズばかりに頼らず増やさないように意識を高めることも必要となります。

2-4.一時的な置き場所を作る

郵便物やバッグ・帽子などは、帰宅してからそのままにするケースが多いものです。ほんの些細なことでも床にものを置けば、それが習慣になり、すぐに部屋が散らかってしまいます。そんなときにおすすめしたいのが、一時的な置き場所を作ることです。たとえば、郵便物を置くためのケースをキッチン近くに設置したり、洋服をかけるハンガーをリビングに置いたりします。一時的な置き場所を作ることで、床にものを散乱する心配もありません。ただし、あくまで仮の置き場所となるため、ずっとそこに置いたままにするのはNGです。

2-5.使いやすくすることが大事

部屋の散らかりを防ぐポイントは、使いやすい環境にすることです。前述したように、ものを減らすことはもちろん大事ですが、どうすれば使いやすくなるのか考えながら収納するのも重要なポイントとなります。たとえば、衣類は各部屋のクローゼットに分けず1箇所にまとめる・服はカゴに放り込むだけにするなどです。ライフスタイルや家族構成によって、それぞれ使いやすいと感じるポイントがあります。まずは、日ごろの過ごし方を見直しながら、どうすれば使いやすくなるのか考えてみてください。

3.部屋が散らかるのを防ぐ習慣と考え方

ここでは、部屋が散らかるのを防ぐ習慣と考え方を解説します。

3-1.絶対にものを床に置きっ放しにしない

部屋を片付けてもすぐに散らかる人は、使ったものをそのまま床に置きっ放しにする特徴があるとお話ししました。つまり、散らかりを防ぐためには、絶対にものを床に置いたままにしないと心がければいいのです。「後で片付けるから」と適当な理由をつけて床にものを置かないように意識を高めてください。床にものを置いてしまうとそこにホコリがたまり、カビの原因になります。床材が傷んでしまう恐れがあるため、キレイな部屋を維持し続けるためにも床に置かない習慣を心がけましょう。

3-2.「とりあえず置く」はなし

床にものを置かないように意識を高めると同時に、「とりあえず置く」という行動も控えるようにしてください。散らかりやすい人は、とりあえず置くとそのままにしてしまいがちです。後で片付けようと思っていても、なかなか行動に起こそうとはしません。もともとあった場所にしまうか、その場で置き場所を決めるか、捨てるかのいずれかの行動を取る必要があります。気軽にものを置いてしまうと、そこから散らかりが広がってしまうので要注意です。

3-3.使った後はすぐにしまう習慣をつける

ものの定位置や置き場所が決まれば、後は、その場所に戻すという意識を高め、習慣をつければいいだけのことです。片付けが苦手な人ほどハードルが高いと感じるかもしれませんが、使った後にすぐもとの位置に戻すという行動を気をつけることで自然と習慣化します。より習慣づける方法として、音に注目するといいでしょう。たとえば、カギを置くときにチャリンと鳴る小皿を用意します。音がもとの場所に戻すという意識を高めてくれるのです。

3-4.完璧を目指さない

部屋の片付けは完璧にすることが目的ではありません。完璧にしようとする意気込みは良いことですが、せっかく片付けたのにすぐ散らかってしまうと意欲がどんどん失われ、片付けがストレスになってしまいます。完璧を目指すのではなく、散らかって当たり前という考え方を持ってください。生活している限りホコリや汚れが出てくるように、人が生活する場は散らかるものです。だからこそ、散らかることを前提に、すぐ元どおりの状態に戻せる仕組みや流れを作ることが大切なポイントとなります。

3-5.何事にも余裕を持つことが大事

いつも余裕を持っている人は人生を謳歌しているように、整理整頓や片付けにも余裕を持つことが大切です。「早く片付けなければ」と焦ってしまえば、逆に散らかり具合がひどくなってしまいます。焦らずに自分のペースでゆっくりと進めていけば良いのです。また、収納スペースにも余裕を持たせてください。収納スペースいっぱいにするのではなく、2割程度の余裕を持つことでスッキリした印象になります。自然と心にも余裕が生まれ、ライフスタイルの質が向上するでしょう。

4.部屋が散らかることに関してよくある質問

部屋が散らかることに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.なかなか不用品が捨てられないときの対処法は?
A.代用できるものがないかどうか考えてみてください。ほかに代用できるものがあれば、処分しても困る事態になりません。また、「もったいなくて捨てられない」という方が多いと思います。そこでおすすめしたいのが、感謝の気持ちを持つことです。「人生がときめく片づけの魔法」というベストセラー本の著者・近藤麻理恵さんは、処分する際に「ありがとう」「さようなら」と伝えることで、罪悪感が消えお別れすることができると提唱しました。ネガティブな言葉ではなく、前向きな言葉を出すことで自然と気持ちも楽になるでしょう。

Q.ものを増やさないコツは?
A.片付けても部屋がすぐに散らかる人は、セールや割引に弱い共通点があります。必要ないものでもセールの誘惑に負けてしまい、つい購入してしまうのです。衝動的に購入しそうになったときは、考える時間を作り、本当に必要なのか考えてください。また、新しいものを購入したら古いものを1つ捨てるというルールを作りましょう。そうすることで、購入品の収納スペースが生まれます。

Q.収納スペースを増やしたいときは?
A.1人暮らしの狭い部屋では収納スペースが限られているため、収納ボックスをたくさん使うケースが多いでしょう。しかし、それでは床の面積が埋まってしまい、より狭い空間になってしまいます。床の面積を埋めるのではなく、壁面を活用してください。壁面なら床を散らかす心配はありませんし、帽子やアクセサリーなど引っかけたり吊るしたりとさまざまな収納ができます。

Q.キレイな状態をキープするポイントは?
A.床にものが散乱している状態なら、すぐに片付ける習慣をつけることです。また、毎日少しずつ掃除をして、キレイな状態をキープしましょう。掃除は1度にまとめて行うことよりも、少しずつ気になるところからキレイにしたほうが習慣づけることができます。無理に全部やろうとすれば、途中で挫折してしまいやる気がなくなってしまうので注意してください。

Q.ものが散らかっている部屋のデメリットは?
A.ホコリがたまりやすく、カビが発生しやすくなります。不衛生な環境の中で生活することになるため、気持ち的にも後ろ向きな考え方になりがちです。ものが散らかっている状態では、どこに何があるのか分からないので探し物に時間と手間がかかるでしょう。身体的にも心理的にも悪影響を及ぼしかねません。

まとめ

部屋を片付けてもすぐに散らかる人は、必要ないものを買ってしまったり、置き場所が決まっていなかったりなどいくつかの特徴があります。使った後にものを床に置いたままにせず、定位置に戻す習慣をつけるだけでも、片付いた部屋がキープできるようになるでしょう。片付けを完璧にしなければならないという考えを捨てて、まずは自分でできることを始めてみてください。少しずつものを減らしていき、定位置を決め、使った後は元の位置に戻す意識を常に持つことが大切なポイントとなります。