不要な炊飯器の捨て方3選! 不用意に捨ててはダメ!?

スイッチ一つでご飯が炊ける炊飯器は多くのご家庭で使われている家電製品のひとつです。では、この炊飯器が壊れたり、不要になったりしたらどうしたらよいのでしょうか。そこで今回は炊飯器の捨て方をご紹介しましょう。処分に困っている方、必見ですよ。

  1. 炊飯器を自治体に回収してもらう
  2. 炊飯器を家電量販店に引き取ってもらう
  3. 炊飯器の回収を不用品回収業者に依頼する

1.炊飯器を自治体に回収してもらう

炊飯器は家電リサイクル法対象外の家電ですから、自治体に回収を依頼することができます。炊飯器はそれほど大きいものではありませんから、不燃ごみに分類している自治体が多いようです。しかし、自治体によっては「金属製のお釜部分と外側の部分は分けて捨てるように」と指示をしているところもあるので、念のため市役所の担当課に訪ねてみたほうが良いでしょう。

また、「今すぐに捨てたい」「引っ越しで時間がない」といった理由があってもゴミの指定日は必ず守ってください。指定日以外にごみを捨てると指定日までは野ざらしになってしまい、トラブルの原因になるかもしれません。

2.炊飯器を家電量販店に引き取ってもらう

炊飯器を買い替える、という時は新品を買った家電量販店がサービスとして古い炊飯器を引き取ってくれる場合があります。原則的に新品と引き換えで持ち込まないと引き取ってもらえませんから、「今日は必ず炊飯器を買う」という場合はあらかじめ古い炊飯器を持っていく必要があります。

3.炊飯器の回収を不用品回収業者に依頼する

「今すぐ炊飯器を処分したい」「炊飯器以外にも処分したい家電製品がたくさんある」という方は、不用品回収業者に処分を依頼してみましょう。有料ではありますが、電話一本で引き取りに来てくれます。これならば、すぐに引き取って欲しいという方やゴミ捨て場や家電量販店まで炊飯器を持っていけない、という方でも大丈夫ですね。

また、買い取りもしてくれる業者ならば、まだ使える炊飯器を買い取ってくれるかもしれません。「中古の炊飯器なんか需要があるの?」と思うかもしれませんが、高級な炊飯器や比較的年式が新しいものは中古でも需要があるそうです。「まだ新しい」「それほど使っていない」という炊飯器が不要になった場合は、処分ではなく買い取りを依頼してもよいかもしれません。

「でも、不用品回収業者はトラブルが多いと聞くから心配」という方は、事前に見積もりを作ってもらいましょう。有料で経験豊富な業者ならば電話だけでも見積もりを作ってくれます。事前に金額がわかれば安心ですね。

まとめ

炊飯器を処分したいと思っている方は、上記を参考に自分にあった捨て方を選んで見てくださいね。