「 測定器に関する情報 」一覧

シグナルジェネレータとは、標準信号発生器のことです。主に、無線機・受信機の試験用信号源として使用されます。スペクトラムアナライザと並んで、無線関係の仕事をする場合の基本測定器です。シグナルジェネレータは、目的によって使うべき種類が異なります。また、要らなくなったシグナルジェネレータを処分する際は、正しい方法を知ることが大切です。そこで、本記事では、シグナルジェネレータの導入・処分に必要な知識を解説します。

続きを読む


インバータは、モーターの電源周波数を自在に変えることで、モーターの回転数を制御する装置です。工場の生産性向上には必要不可欠な周波数変換装置で、現在もさまざまな場面で大活躍しています。インバータは回路方式によって種類が異なり、目的・用途に合った種類を選ぶことが大切です。また、まだ使える状態であれば、「買取」という方法で処分できます。スムーズに買取・処分するためには、まず、基礎知識を身につけておかなければなりません。そこで、本記事では、インバータの買取・処分に必要な知識を解説します。

続きを読む


高性能・高品質な製品を作るためには、部品の精度が高いことが求められます。しかし、小さな精密部品の特性を評価するためには、専門の計測器が必要です。インピーダンスアナライザーは、交流電流に対する抵抗値を測定でき、精密部品メーカーをはじめ、多くの企業で使われています。今回は、インピーダンスアナライザーについて、どんなものか詳しく解説しましょう。

続きを読む


顕微鏡の1種である「レーザー顕微鏡」は、レーザー光線を用いて対象物の形状を細かく測定します。従来の顕微鏡はレーザー光ではなく、レンズを用いていました。20世紀に入ったころからレーザー光が使われるようになり、より高いコントラストの画像を得ることができたのです。用途に適したレーザー顕微鏡を購入するためには、基礎知識を身につけておかなければなりません。また、要らなくなったレーザー顕微鏡でも、まだ使用できる状態であれば「買取」が選択できるでしょう。本記事では、レーザー顕微鏡の基礎知識・主な種類・買取方法などについて説明します。

続きを読む


輪郭形状測定機とは、対象物の輪郭形状を測定・記録するための装置です。ものづくりに必要不可欠な形状測定機の1つで、さまざまなジャンルで使用されています。輪郭形状測定機の種類は多種多様なので、目的に見合った種類を選択しなければなりません。また、使わなくなった輪郭形状測定機を処分する場合、正常に使用できる状態であれば買取に出すという選択もできるでしょう。本記事では、輪郭形状測定機の購入・売却をするために必要な内容をお届けします。

続きを読む


CNC画像測定機は、製造業での開発・検査などにおいて必要不可欠な存在といえます。高品質な製品を効率よく生産するためにも、部品や製品の測定は正確に行う必要があるからです。しかし、買い替えなどの理由で古いものの買い取り・売却を考えたとき、どこに依頼すべきかよくわからないこともあるでしょう。そこで、今回は、CNC画像測定機の買い取り・売却について詳しく解説します。

続きを読む


モニターは、必要な情報をビジュアルで表現してくれるため、日々の生活や仕事に欠かすことができないものです。しかし、モニターにも寿命があります。また、不具合などでも買い替えを考えている人もいることでしょう。そこで、今回は、モニターの買い替えに最適な時期や方法をはじめ、古いものをお得に処分する方法まで詳しく解説します。

続きを読む


日常生活に必要なさまざまな製品を生み出すために不可欠なのが工作機械です。工作機械は幅広い種類がありそれぞれに異なる能力を持っています。けれども、時代の流れによって最新機種に買い替えなければならないこともあるのです。そんなとき、不要になった工作機械はどのように処分すればいいのでしょうか。そこで、工作機械の買取や買取業者に関しての基礎知識をご紹介しましょう。

続きを読む


電子天秤(でんしてんびん)は、研究業務・分析業務など、さまざまな企業で活躍するたいへん重要な測定器です。しかし、業務内容や方針が変わったために今まで使っていた電子天秤を処分すべきときもあるでしょう。電子天秤の処分は、どのようにしたらいいのか、買取に出すことはできるのか、といった疑問をお持ちの方のために、電子天秤の処分・買取方法をはじめ、基礎知識などまとめました。

続きを読む


CADを使う方にとって、解像度を上げても画像が劣化しないベクターイメージを描くことができるプロッターは必須アイテムです。近年ではペンプロッターも登場し、一般の方にも身近なものとなりました。プロッターは精密な機械であるゆえ、寿命や故障も出てきます。また、新しいものへの買い替えなどもあるでしょう。故障や買い替えのときに問題となるのは、プロッターの処分についてです。
「今のプロッターを買取に出すことはできないか?」「中古需要はある?」と疑問に思うはずです。
今回は、プロッターの買取についてご紹介します。

続きを読む