忙しい人必見! 大掃除のコツから不用品の処分まで、効率いい方法はコレ

「大掃除」と聞いて、気が重くなる人はいませんか? やらなければと思っていても、忙しいからとつい先延ばししがちですね。でも、それではいつまでたってもきれいにはなりません。面倒な大掃除も、コツをつかんで計画的にやれば、案外楽にできるものです。この記事では、掃除が得意ではない人や忙しい人でも、効率よく大掃除ができるコツをご紹介します。     

  1. 大掃除の基礎知識
  2. 大掃除のコツと効率のいい方法
  3. 大掃除で出る不用品をラクに処分するには
  4. よくある質問

この記事を読むことで、大掃除に適したタイミングや時短のコツから、不用品の処分方法まで分かります。今年は、賢く楽に大掃除を済ませて、快適な我が家を満喫しましょう。

1.大掃除の基礎知識

1-1.大掃除の意味を知ってポイントを押さえる

1-1-1.大掃除の由来

日本の大掃除の習慣は、平安時代に宮中で行われていた「煤払い(すすはらい)」が起源だといわれています。かまどに炭をくべて煮炊きをしていた時代には、1年でたまった煤(すす)を落とすのは大仕事でした。煤(すす)と一緒にその年の厄や穢(けが)れを払って、お正月に歳神様を迎えることは大切な行事だったのです。
江戸時代には「正月事始め」といって、お正月の準備を始める日として、11月13日に煤払い(すすはらい)を行う習慣が庶民にも広まりました。現代でも神社仏閣ではこの日に煤払い(すすはらい)が行われています。
欧米では、同じ煤払い(すすはらい)でも、冬の間使った暖炉の煤(すす)を春に掃除する習慣がありました。これは「スプリングクリーニング」といわれ、春の大掃除として定着し、現代にも受け継がれています。

1-1-2.大掃除、最近の傾向

現代の日本では、キッチンが煤(すす)で汚れることはありませんが、お正月を迎える準備の一環として、12月に大掃除をする習慣が残っています。昭和の頃までは、畳を上げてホコリを叩き出したり、障子を貼り直したりしました。現代では、油汚れが激しいキッチンの換気扇やタンスの裏など、日頃行き届かない部分を年末に大掃除する家庭が多く見られます。「新しい年を清々しい気持ちで迎えたい」という精神は、時代が変わっても受け継がれているのです。
最近では年末だけでなく、油汚れの落ちやすい暖かい季節や、欧米に倣って春の大掃除なども取り入れられるようになりました。

1-2.大掃除はいつするのがいい? ベストなタイミングは?

キッチンの汚れは、昔のように煤(すす)ではなく油汚れが多いため、真冬よりも春~秋の気温が高めの時の方が、油汚れがよく落ちるといわれています。また秋は、夏の温多湿で発生したカビを退治するにはぴったりの季節。気温・湿度共に下がったタイミングで行うと効果的なのです。
年末の大掃除は、11月から計画して段階的に取り組むといいでしょう。寒さが本格化する前に一通り終えておけば、忙しい年末には簡単な掃除で済ませることができます。
そのほかにも、引っ越し前や進級・進学・結婚の前など、人生の節目のタイミングも大掃除に最適です。

1-3.普通の掃除との違いと大掃除のメリット

毎日きれいに掃除をしているお宅でも大掃除は必要です。たとえば、タンスの裏や換気扇の中など、日頃の掃除では行き届かないところは、大掃除で集中的にきれいにすると効率がいいでしょう。
このとき、家具や家電の不具合をチェックするのも忘れずに。椅子や扉のガタつきを直したり、電池や電球を新しいものに変えたりしておくといいですね。修理しても直らないものや不要となったものは、思い切って処分するいい機会でもあります。
大掃除に家族全員で取り組むと、絆が深まるという思わぬメリットもあるのです。子どもたちにも家族の一員としての自覚が芽生え、家族のために頑張るパパの株も上がるでしょう。