クローゼットのカビ対策を知りたい。カビが生えたらどうしたらいいの?

クローゼットは、洋服や特定の季節にしか使わないものをしまっておくための収納スペースです。今は、押し入れの代わりにクローゼットが造りつけになっている家も多く、多くの人がタンス代わりに重宝していることでしょう。しかし、クローゼットは使い方によっては内部にカビが生え、中に入れているものがだいなしになってしまうこともあります。
そこで、今回はクローゼットのカビ対策を紹介しましょう。

  1. クローゼットにカビが生える原因
  2. クローゼットのカビ取り方法
  3. クローゼットのカビを予防する方法
  4. クローゼットのカビ対策に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、大切な洋服をカビから守る方法がよく分かります。クローゼットで洋服や荷物を保管している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.クローゼットにカビが生える原因

はじめに、クローゼット内部にカビが生える原因を解説します。どのような原因があるのでしょうか?

1-1.住宅の気密性

現在は、新しい住宅ほど、気密性が高くなっています。そのため、空気の通りが悪い場所には湿気が溜まりやすいのです。クローゼットは、大いものだと1畳ほどの広さがあります。そこをずっと閉め切っていれば、湿度が高くなってカビも生えやすくなるでしょう。

1-2.立地条件

クローゼットが設置された場所によっても、カビが生えやすくなります。たとえば、北向きで日が当たらない場所や、風通しが悪い場所に設置されたクローゼットには、カビが生えやすいでしょう。また、住宅が建っている場所そのものが高湿度な場合でも同様です。

1-3.衣服の収納状況

クローゼットに隙間がないほどびっしりと服や荷物を詰めこんでいると、カビが生えやすいでしょう。また、手あか・汗・皮脂などが服や荷物についていると、そこにカビが生えやすくなります。

1-4.クローゼットにカビが生えると?

クローゼット内部にカビが生えれば、衣服やバッグ、収納していた荷物などにもカビが生え、だいなしになってしまいます。カビが発生してから時間がたつほど、衣服の繊維にしっかりと根をおろし、取りにくくなるでしょう。また、カビの胞子はクローゼットだけでなく家じゅうに広がり、アレルギーや肺炎などの原因にもなります。さらに、賃貸物件の場合、退去する際にクリーニング費用を請求されることもあるでしょう。