余剰在庫の処分方法とは? 棚卸や決算時期は在庫を廃棄するチャンス

在庫管理は、数ある業務の中でも難しいものです。管理が行き届かなければ、余剰在庫を抱えることになります。余剰在庫は会社の経営を圧迫する存在で、余計な経費ばかりがかかってしまい、損失は大きくなっていくでしょう。倉庫の在庫を減らすためには、在庫管理について理解しておくことが大切です。経営の基本となる部分ですから、在庫管理や余剰在庫に関する知識は身につけておきましょう。
今回は、余剰在庫の処分についてご紹介します。

  1. 余剰在庫について
  2. 余剰在庫の処分について
  3. 業者による余剰在庫処分について
  4. 業者選びのポイント
  5. 余剰在庫の処分でよくある質問
  6. まとめ

余剰在庫の処分方法が分からず、減らす方法を模索している方は必見です。この記事を読むことで、在庫をすっきり処分し、売上がアップするきっかけにつながるでしょう。

1.余剰在庫について

まず、余剰在庫とはどのようなものか、問題点やリスクなどを解説します。

1-1.余剰在庫とは?

余剰在庫とは、過剰在庫とも呼ばれています。倉庫に保管している、売りどきを逃した製品や売りきることができなかった製品などです。アパレル業界では、季節や流行(りゅうこう)が重要視されます。そのため、売るタイミングを逃し、在庫を抱えてしまうことが多いのです。

1-2.余剰在庫の問題点・リスク

余剰在庫を保管している場合、倉庫を維持する費用がかかり、持っているだけで損失につながるのです。長く保管しているほど、商品価値は下がります。会社の利益を圧迫する原因です。