そろそろ寿命? IHクッキングヒーターを処分するときの心得とは?

住宅のオール電化とともに普及したIHクッキングヒーターは、比較的新しい家電です。買い替え時期や寿命については、まだあまり知られていません。どんなタイミングでどうやって買い替えたらいいのか、ここではそんな疑問にお答えしていきます。

  1. IHクッキングヒーターを処分したい! その方法とは?
  2. IHクッキングヒーターの処分、自分でする場合
  3. IHクッキングヒーターの処分、不用品回収業者に依頼する場合
  4. IHクッキングヒーターの処分、リセールについて
  5. よくある質問

買い替えにベストなタイミングや買取のコツなどを知り、ハッピーなキッチンライフを送ってください。

1.IHクッキングヒーターを処分したい、その方法とは?

IHクッキングヒーターはキッチン家電のひとつです。適切に処分するために、まずはIHクッキングヒーターについて正しく知りましょう。

1-1.IHクッキングヒーターとは

IHクッキングヒーターは、火を使うことなく加熱調理ができるキッチン家電です。IHというのはinduction heatingの頭文字で、電磁誘導加熱を意味しています。そのしくみは、磁力線の働きによってうず電流を発生させることで、金属の鍋底自体を発熱させるのです。すると鍋の中身が加熱されます。

1-2.種類

1-2-1.卓上型

ガス式カセットコンロのように卓上で使用できるタイプです。近くにコンセントがあれば、食卓の上で気軽に使用でき、価格も手ごろなことから人気があります。

1-2-2.据え置き型

ガスコンロと同等の場所に据え置いて使うタイプのIHクッキングヒーターです。ガスコンロを買い換えるときのように、簡単に設置することができます。賃貸住宅などを中心に普及しました。

1-2-3.ビルトイン型

システムキッチンに対応しているタイプです。オール電化住宅の新築時やキッチンのリフォームなどのタイミングで導入するケースが多くみられます。

1-3.寿命について

IHクッキングヒーターは耐用年数を10年程度としているメーカーが多いようです。ていねいに手入れをして使えば数年程度寿命を延ばすことができるかもしれませんが、交換部品の保持期間が廃盤から8年程度であることから、やはり10年前後が取り換えの目安といえるでしょう。お湯が沸きにくい、電源が入りにくいなどの症状が出始めたら、そろそろ買い替えのサインです。

1-4.IHクッキングヒーターは何ゴミか

卓上タイプは、小型家電リサイクル品として回収してもらえる可能性があります。据え置きタイプは不燃ごみ・粗大ゴミとして処分するのが一般的です。ビルトインタイプの場合は自分で処理することが難しいので、業者に依頼しましょう。

1-5.取り外しについて

据え置きタイプの場合は、流し台の上に置いてあるだけなので自分で取り外すのも容易です。専用の枠にはめ込まれているタイプは枠から外します。必ず電源を切ってコンセントを外してから作業しましょう。ビルトインタイプの場合は、システムキッチンに組み込まれているので、業者に依頼した方が無難です。キッチン本体に傷がついたりすると、新しいものが取り付けられなくなるリスクもあります。素人が手を出すのは、やめておきましょう。

1-6.どんな処分方法があるか

  • 自治体の不燃ごみや粗大ごみの回収に出す:自分で対応できる場合に
  • 販売店に引き取ってもらう:新しいものを購入するときに回収してもらう
  • リサイクルに出す:まだ新しいが引っ越しなどで規格が合わなくなった場合などに有効
  • 回収業者に回収してもらう:他にも不用品がある場合はおすすめ

1-7.注意点、問題点

自治体の回収に出す場合は、各市町村によって回収できる品目やルールが違うので、よく確認してから処分しましょう。