加湿器はゴミに出さずにお得に処分! 高く売るために必要なこと

加湿器を処分するとき、どうしますか? ごみに出すなら、何ゴミでしょうか? 近頃はリサイクル促進のためゴミ分別のルールが複雑化しており、考えなしにゴミ出しすることは禁物です。この記事では、加湿器のさまざまな処分方法と具体的なやり方について紹介します。手持ちの加湿器に合わせ、最適な方法を選択しましょう。

  1. 加湿器が必要な理由と処分したい理由
  2. 加湿器と小型家電リサイクル法は関係ある?
  3. 自分で加湿器を処分するには
  4. 加湿器の買い替えと同時に処分したい!
  5. 加湿器を高く売る方法
  6. 加湿器の処分に関するよくある質問
  7. まとめ

この記事を読めば、いろいろな加湿器の処分方法についてメリット・デメリットがわかります。ぜひ、参考にしてください。

1.加湿器が必要な理由と捨てる理由

1-1.加湿器は選び方が難しい

日本の冬はカラカラに乾燥するのが特徴です。空気が乾燥していると風邪をひきやすくなり、肌や髪がかさついたり、唇や指がひび割れを起こしたりといったトラブルが多くなります。昔はやかんをストーブにかけて加湿していましたが、高気密の部屋にエアコンが標準設備となった今、加湿器を使う人が増えました。
加湿器の外観・仕組み・能力には多くの種類があり、家庭のリビングなどで使う大型のものから、デスクトップなどに置けるインテリア小物のような製品までさまざまです。加湿器を処分する理由は、使ってみたが気に入らないという場合も多いでしょう。

1-2.加湿器の4つの種類

加湿器の仕組みは、大きく分けると以下のようになります。

1-2-1.スチーム式

昔ながらのやかん方式に近いのが、このスチーム式です。水をヒーターで加熱して蒸気にするため、一気に加湿でき、暖かいので冬の家庭のだんらんに向いているでしょう。ただし、蒸気が熱くなるためヤケドの危険があります。消費電力が大きいことも欠点です。

1-2-2.気化式

フィルターに水を吸い上げ、風を当てて気化させます。風を送るファンの動作音がすることと、部屋が冷えてしまうことが欠点でしょう。消費電力は小さいですが、加湿能力も低めです。

1-2-3.超音波式

超音波を利用して水を霧化させ、送風機で拡散させる仕組みです。ヒーターがないため消費電力が小さく、騒音も少なくて済みます。ただし、水中の不純物が飛散して白い粉が部屋につくことがあることと、除菌機能がない場合は衛生面が心配です。

1-2-4.ハイブリッド式

スチーム式と、気化式または超音波式を組み合わせたものです。この方式では、ヤケドの危険・消費電力・加湿能力・衛生面といった弱点をすべて解消しています。製品の価格が高いことがデメリットです。

1-3.加湿器の寿命について

家電製品の寿命はだいたい5年程度と言われています。加湿器も5年が目安になるでしょう。

加湿器に多い故障は、水中の塩素が結晶化したカルキやサビの付着です。スチーム式ではヒーター部、気化式ではセンサー部などの汚れが故障につながります。超音波式では超音波発生部が傷つきやすいことが、早期に故障する原因です。

1-4.修理か買い替えか?

保証期間内に故障したときは、すぐに修理に出しましょう。保証期間が過ぎている場合は、修理の見積もりを依頼し、金額を見て判断するのが合理的です。修理費は高くつくことが多いため、よほど高額な製品でない限り買い替える可能性が高くなるでしょう。メーカーに送った製品の修理をキャンセルする場合は、返送を断り処分してもらいます。

1-5.加湿器は何ゴミ?

自治体により異なりますが、大きな物は粗大ゴミ、小さな物は不燃ゴミ、または小型家電リサイクル回収品となります。粗大ゴミになる物の大きさは30cm角以上・60cm角以上などと自治体よる差が大きいです。