デッドスペースの活用術!狭小住宅や狭い部屋を快適にしよう

狭い部屋や住宅であってもデッドスペースを有効活用することで生活を快適にできます。
部屋を有効に使うためには、どのような場所がデッドスペースになってしまうのかを知り、適切に対処することが重要です。
デッドスペースになりがちな場所を有効利用する活用術について、簡単なDIYの方法や簡単にできる収納方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. 部屋のデッドスペースを活用する方法
  2. デッドスペースの活用術を実践しよう
  3. デッドスペースにならない家具の配置方法
  4. デッドスペースを収納にしよう!
  5. いらないものは積極的に処分しよう

1.部屋のデッドスペースを活用する方法

1-1.部屋にはデッドスペースがいっぱい?

なんとなく家具を配置して生活してしまうと部屋のデッドスペースが非常に多くなってしまう傾向にあります。
住宅というのは、それぞれに状況がことなるという個性があるのです。
狭い住宅でも、デッドスペースを有効活用するだけでも、部屋の生活スペースを大幅に拡張できます。
“なんとなく生活をするだけではデッドスペースが多くなってしまう”ということを肝に銘じるようにしましょう。
デッドスペースの上手な活用法は、デッドスペースを意識することから始まるのです。

1-2.部屋を歩いてデッドスペースを探そう!

普段は気が付かないような場所が、実はデッドスペースであることはよくあります。
家の中を簡単に歩きながらデッドスペースを探してみましょう。
“なんとなく無駄だと思うような空間”や“歩きにくい場所”というのはデッドスペースである可能性があります。
部屋の中にデッドスペースができてしまうのが“家具の配置が多い”“家具の配置方法に問題がある”
“部屋に不用品を放置している”というような原因がほとんどです。
デッドスペースが部屋に多いと感じた場合には、家具の整理や不用品の処分などを考えましょう。