デッドスペースの活用術!狭小住宅や狭い部屋を快適にしよう


狭い部屋や住宅であってもデッドスペースを有効活用することで生活を快適にできます。
部屋を有効に使うためには、どのような場所がデッドスペースになってしまうのかを知り、適切に対処することが重要です。
デッドスペースになりがちな場所を有効利用する活用術について、簡単なDIYの方法や簡単にできる収納方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. 部屋のデッドスペースを活用する方法
  2. デッドスペースの活用術を実践しよう
  3. デッドスペースにならない家具の配置方法
  4. デッドスペースを収納にしよう!
  5. いらないものは積極的に処分しよう

1.部屋のデッドスペースを活用する方法

1-1.部屋にはデッドスペースがいっぱい?

なんとなく家具を配置して生活してしまうと部屋のデッドスペースが非常に多くなってしまう傾向にあります。
住宅というのは、それぞれに状況がことなるという個性があるのです。
狭い住宅でも、デッドスペースを有効活用するだけでも、部屋の生活スペースを大幅に拡張できます。
“なんとなく生活をするだけではデッドスペースが多くなってしまう”ということを肝に銘じるようにしましょう。
デッドスペースの上手な活用法は、デッドスペースを意識することから始まるのです。

1-2.部屋を歩いてデッドスペースを探そう!

普段は気が付かないような場所が、実はデッドスペースであることはよくあります。
家の中を簡単に歩きながらデッドスペースを探してみましょう。
“なんとなく無駄だと思うような空間”や“歩きにくい場所”というのはデッドスペースである可能性があります。
部屋の中にデッドスペースができてしまうのが“家具の配置が多い”“家具の配置方法に問題がある”
“部屋に不用品を放置している”というような原因がほとんどです。
デッドスペースが部屋に多いと感じた場合には、家具の整理や不用品の処分などを考えましょう。

2.デッドスペースの活用術を実践しよう

2-1. 家具がデッドスペースの原因になる?

部屋にデッドスペースが生じてしまう原因の一つに“家具の配置”があります。
家具は収納に便利なのですが、部屋のインテリアの中でも非常に大きいためデッドスペースを生み出す原因になるのです。
家具の配置方法や利用方法からデッドスペースを解消する方法をご紹介しましょう。

2-2.壁面収納でデッドスペースを有効活用

家具はデッドスペースを作ってしまう大きな要因になります。
最近では、デッドスペースを作らない“壁面収納”なども注目です。
狭い部屋を有効に利用するためには壁面収納など選択肢の一つといえるでしょう。
壁面収納はデッドスペース対策に効果的なのですが、設置のための工事が必要になるというデメリットもあるので注意が必要です。

2-3.厚みのある家具は使用しない

大きい家具は容積も大きく収納力が高いメリットがあるのですが、大きすぎる家具は部屋にデッドスペースを生み出す原因になります。
家具の配置を間違えると、部屋の一部だけ突出してしまい両サイドの空間がデッドスペースになるのです。
家具によるデッドスペースを解消するためには、“厚みのある家具を使用しない”ということが大切になります。
大きな家具が邪魔な場合には、デッドスペースの原因にならない“薄型家具”に買い替えるのも良いでしょう。

2-4.余分な家具を整理してデッドスペースを活用しよう

収納に便利な家具ですが、家具が生活スペースを圧迫するのもよくあることです。
家具が多い場合には、家具を処分してデッドスペースの解消を考えてみましょう。
家具の処分には非常に大変な作業なのですが、不用品の出張買い取りサービスなどを利用することで搬出や運搬などの作業負担を軽減できます。
使用頻度の少ない家具は整理・処分することで部屋が広くなるのです。

2-5.不用品を処分してデッドスペースを解消

部屋が狭いと感じた場合には、不用なものを処分してデッドスペースを解消しましょう。
デッドスペースの原因となる不用品についてご紹介します。

2-5-1.使用しない健康器具

ダイエットや生活改善のために健康器具を利用する方も多いのですが、健康器具を収納している場所はデッドスペースの原因になります。

大型の健康器具は、収納の占有率も高く収納のデッドスペースの要因になるのです。

使用しない健康器具は中古品買い取りサービスなどを利用して処分を検討しましょう。

2-5-2.着ない服

着ない服を収納しているスペースは明らかなデッドスペースといえるでしょう。

収納を圧迫する服を処分することで収納を効率的に利用できます。

1年以上着ていない服は処分するように心がけましょう。

2-5-3.使用しない電化製品

オーディオや掃除用品は多くの収納スペースが必要になります。
使用しない電化製品を収納スペースは非常に無駄な空間なのです。
使わない電化製品は処分することで収納のデッドスペースを解消できるので処分を検討しましょう。

3.デッドスペースにならない家具の配置方法

部屋のデッドスペースの多くは家具の配置方法に原因があります。
デッドスペースにならない家具の配置方法についてご紹介しましょう。

3-1.家具周辺に無駄なスペースを残さない

部屋に家具を配置すると、家具の両サイドに大きなデッドスペースが生じてしまいます。
家具を配置する場合には家具の周辺にデッドスペースが生じてしまうのはよくあることなのです。
家具の配置によるデッドスペースを有効活用するためには、家具周辺に無駄なスペースを残さないようにするようにしましょう。

3-2.動線を考えよう!

デッドスペースは生活の動線から外れた場所にできてしまうのです。
生活で通らない場所は、デッドスペースになってしまう可能性があります。
動線から外れた場所に注意して家具を配置することがデッドスペース対策では重要です。
デッドスペースにものが増えてしまう前にきちんと対策を行いましょう。

3-3.生活で生じるデッドスペースに注意!

デッドスペースはしっかりと対策をしていても、生活とともに生じてしまう特徴があります。
生活の中で生じてしまうデッドスペースもあることを理解することも大切です。
ついついものを置いてしまう可能性がある場所には、ものを置けないように工夫しましょう。

4.デッドスペースを収納にしよう!

デッドスペースは、そのままでは無駄な空間ですが収納として利用することも可能です。
デッドスペースにサイズの合う家具を購入するのは非常に難しいのでDIYで棚を作るのも良いでしょう。
最近ではホームセンターなどで材料の購入や加工ができるため簡単にDIYを始めることができます。
DIYによって部屋のデッドスペースを解消できるアイデアを参考に自分だけの収納を作ってみましょう!

5.いらないものは積極的に処分しよう!

5-1.いらないものを置いている場所はデッドスペース

生活の中で最も部屋を圧迫してしまうのが“いらないものを置いているスペース”です。
不用品はできる限り処分することで、狭い部屋でもデッドスペースが生じにくく快適に生活を送ることができます。
狭い住宅や部屋のデッドスペース対策は、不用品の処分にあるということを覚えておきましょう。

5-2.不用品買い取りサービスで上手に処分!

不用品の処分には大きな負担になってしまいます。
特にデッドスペースの原因となる大型家具や家電は処分が難しいものの代表です。
そこで、不用品回収・買い取りサービスを利用して処分することをおすすめします。
不用品回収・買い取りサービスの出張買い取りを利用すれば、デッドスペースの原因となる大型の不用品も負担なく処分できるのです。
不用品を処分することが最も効果的なデッドスペース活用法ということを覚えておきましょう。

まとめ

デッドスペースというのは生活のスペースを圧迫する“無駄な空間”です。無駄な空間であるデッドスペースは有効活用することで、部屋を広く使用できます。デッドスペースは“部屋の大切な余剰スペース”と考えることが大切です。不用なものを処分して、部屋のデッドスペース解消を目指しましょう!