デザイナーズ家具の買取ニーズは高い!出張買取や高額査定のポイント


デザイナーズ家具の買い替えを検討されている方、今お使いのものは捨ててしまうのですか?デザイナーズ家具に高額な費用をかけて購入し、不要になったから捨てるというのは惜しいことでしょう。
デザイナーズ家具を手放すのは、さまざまな事情があります。引っ越し・買い替え・飽きてしまったなど。買取のニーズがあるかどうか、リサイクル方法が知りたい。その悩み、とてもよくわかります。
できるなら、高額買取してもらいたいですよね。中古家具市場が注目されているため、デザイナーズ家具を中古でも購入したいとニーズはあります。今回は、デザイナーズ家具の買取についてご紹介です。

  1. デザイナーズ家具とは? 
  2. デザイナーズ家具の買取について
  3. デザイナーズ家具の買取方法
  4. デザイナーズ家具の買取業者選び
  5. デザイナーズ家具や買取でよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、デザイナーズ家具がいかに人気があるのかを知ることができ、処分ではなく買取という方法で有効活用されるきっかけとなるでしょう。価値ある品ですから、無駄なく再利用されると嬉(うれ)しいですね。

1.デザイナーズ家具とは?

デザイナーズ家具はとても高い商品です。持っているだけで、豊かな気持ちになれる家具でもあります。高いものだと100万円以上もする品もあり、中古で探す方が増えているのです。

1-1.デザイナーズ家具の定義

デザイナーズ家具は、一般の家具とは一線を画した存在です。デザイナーの手によって設計され、曲線や直線に美しさと豊かさを表現したものであり、富の象徴とも呼べます。
大量生産されている家具とは違い、1つ1つにデザイナーの個性が表れているのです。オブジェのように楽しめるデザインの美しさとともに、機能的であることもデザイナーズ家具の魅力でしょう。

1-2.どんなブランドをデザイナーズ家具というのか? 

建築家がデザインしているブランドが多く、古美術品に該当するようなものまであります。イームズ・ヤコブセン・アイラーセン・ハウスドクター・カッシーナなどが代表的なブランドです。北欧テイストやモダンアート調のものまで、幅広いデザインがあります。

1-3.デザイナーズ家具が人気の理由

デザイナーズ家具は、時代が変わっても色あせない美しいデザインが人気の理由です。アートとして魅力を感じる方が多く、時間が経(た)つにつれ、より味わい深い色合いに変化していきます。ひとたびデザイナーズ家具の魅力にはまり、ほかには目を向けられなくなったという方もいるほど、デザインや機能は抜群に優れているのです。
材質も良質なものを使用しているため、年月が経過するごとにより深みが出てくるのが特徴でしょう。

2.デザイナーズ家具の買取について

愛着のあるデザイナーズ家具ですから、再利用してもらえるといいですよね。捨てるのも処分費用をかけなければならず、ゴミとして扱うのは忍びないことでしょう。デザイナーズ家具の買取ニーズについてご紹介します。

2-1.デザイナーズ家具の買取を利用するメリット

廃棄してゴミにするのはもったいない。高級なデザイナーズ家具ならなおさらそう思いますよね。とはいえ、不用になったら、手放す手段を考えなければなりません。

2-1-1.デザイナーズ家具を処分する

家具の回収は、自治体で粗大ゴミとして出します。サイズが多くなればなるほど処分費用は跳ね上がるため、最も処分費用が安く済む方法です。粗大ゴミとして出すためには、指定廃棄場所までの運搬を自分で行う必要があります。

2-1-2.インターネットオークションで再販する

手間はかかるものの、自分で価格設定できるメリットがあるのが、インターネットオークションです。落札者との連絡・配送ができるなら、利用して再販するのも1つの手段でしょう。特定のブランドを探している人も多く、ブランド名を明記して出品するとヒットしやすいです。探している人と売りたい人のニーズが一致し、希望する価格で譲ることができます。

2-1-3.リサイクルショップの買取を利用する

リサイクルショップの買取システムでは、家具も取り扱っています。雑貨・日用品・服などの身近なものから、デザイナーズ家具の買取まで幅広く手がけていますから、処分費用をかけずに引き取りしてもらえるのです。お住まいの近くにあるリサイクルショップに問い合わせてみるのもいいでしょう。

2-2.買取できるデザイナーズ家具とできないもの

デザイナーズ家具の中でも、ベッドは買取を避けられる傾向にあります。汚れ・臭い・シミがある場合、ほかの家具も買取できません。破損しているものは、処分費用を取られてしまいます。
年式が新しく、人気のあるブランドは買取を積極的に行っていますし、リサイクルショップごとに買取強化ブランドもあり、上手に活用してみてください。

2-3.古いものや傷のあるものはどうなる? 

デザイナーズ家具は魅力のあるものですが、残念ながら古いものや傷のあるものは価値が急落します。場合によっては買取となることもありますが、目立つ傷がある場合は価格がつきません。インターネットオークションに出すときも、年式・汚れ・傷についてはきちんと説明を添え、後々クレームに発展しないように注意してください。

2-4.中古でも人気のブランドや家具は? 

ダイニングチェア・ソファー・テーブルなどは、中古家具でも人気があります。革張りの高級ソファーは、ビンテージ商品として扱われることもあるのです。
アンティーク家具や輸入家具も、探している人が多くいます。カッシーナ・大塚家具・フリッツハンセンなどは、デザインも機能も優れていることから、中古でのニーズも高い家具です。

3.デザイナーズ家具の買取方法

リサイクルショップの多くは家具の引き取りに対応していますが、やはりデザイナーズ家具は高値で買取してもらいたいですよね。高額査定を期待する方も多いため、買取方法はぜひ知っておいてください。

3-1.デザイナーズ家具を買取してくれるのは? 

デザイナーズ家具・ブランド家具などを取り扱うリサイクルショップがいいでしょう。一般家具と同じように査定せず、経験豊富なスタッフによって、しっかり判断してもらえます。中古家具とひとまとめにされないよう、事前にデザイナーズ家具だと伝えておくと安心です。

3-2.デザイナーズ家具の買取相場

買取相場は、状態・傷・経年劣化などを考慮して判断します。ゆえに、同じ製品でも買取価格には若干の差は出てくるものです。

  • カールハンセンのチェアセット(1万2000円前後)
  • カッシーナの1人がけソファー(12万円前後)

3年程度の使用状態で買取った場合の査定額ですが、あくまでも参考価格としてください。

3-3.デザイナーズ家具の査定について

買取にあたり、デザイナーズ家具への知識が豊富で、買取実績があることを確認しましょう。査定は無料で受けられますから、必ず比べて買取先を決めてください。デザイナーズ家具を取り扱うと謳(うた)っていても、査定額にはばらつきがあるものです。

3-4.デザイナーズ家具を高額査定してもらうコツ

人気の衰えない家具もあれば、時代にはそぐわない家具もあります。流行(りゅうこう)の北欧家具などはニーズも高く、査定額にも影響するでしょう。特定のブランドを買取強化しているリサイクルショップに査定依頼を出すのも、高額査定に結びつくポイントです。
年式が新しいものも高く売るコツではあるものの、今の時代に合うスタイルであることが重要視されます。

3-5.デザイナーズ家具の査定を申し込む方法

インターネットから24時間査定申し込みが可能です。申し込みフォームより、必要な内容を記載して送信してください。なるべく早く対応が知りたいという方は、電話での問い合わせがいいでしょう。商品については、なるべく詳しく伝えておきます。事前情報が多い方が、査定時の参考になるのです。

3-6.デザイナーズ家具の買取を利用するときの注意点

デザイナーズ家具は一般家具より高額買取が期待できるため、査定額に納得できないなら思いきって断りましょう。急いで売却したいと焦る気持ちは、非常によくわかります。しかし、慌てて安い金額で折り合いをつけてしまい、売ってから後悔する方もいるのです。

4.デザイナーズ家具の買取業者選び

家具を取り扱うリサイクルショップは増えています。しかし、増える背景には、不当な利益を得ている悪質な業者もいるのです。いかに信頼できる業者を選ぶかも、デザイナーズ家具売却には必要なことでしょう。

4-1.デザイナーズ家具買取業者はどう選ぶ? 

業者選びのポイントとして、きちんと許可を受けていることに注目してください。処分品として回収するなら産業廃棄物収集運搬の許可、買取するなら古物商の許可を受けています。無許可で営業している業者は悪質な場合がほとんどです。査定もいい加減であることが多く、売りたい人との間でトラブルが増えています。

4-2.デザイナーズ家具の回収方法

無料査定を受け、納得できた業者と契約してください。家具の回収は、2つの選択肢から選ぶことができます。出張買取なら都合のいい日を伝え、時間調整をして回収してもらうのが一般的です。自分で運搬する持ち込み買取の場合は、自家用車などを使って店頭へ持ち込みします。

4-3.家具買取方法とそれぞれの流れ

買取には、事前の申し込みが必要です。インターネットか電話で査定依頼を出してください。査定後に契約し、出張買取か持ち込み査定かを選びます。出張買取の場合は引き取り日時を決める必要がありますが、持ち込み買取は都合のいい日を予約して運搬しましょう。
持ち込んで査定を受けることもできます。しかし、査定額に納得できない場合は引き取ることになり、事前に概算は出してもらうと安心です。

4-4.デザイナーズ家具の査定前に注意したいこと

査定を受けるときは、家具の中を空(から)にしておいてください。査定額にも影響するため、少しでもきれいに清掃をしておくといいでしょう。印象がよくなり、価格アップにつながります。付属品がある場合、添えておくようにしてください。

5.デザイナーズ家具や買取でよくある質問

家具を手放すというのは、日常的な出来事ではありませんよね。リサイクルという手段をうまく活用するためにも、疑問は解消しておきましょう。

5-1.まとめて売る方が高くなる? 

デザイナーズ家具の種類によって異なりますが、シリーズ商品となって販売されているものは、なるべくまとめて売る方が査定額も高くなります。1つだけを買取してもらうことももちろん可能ですが、高額買取を目指すならセットで売ることも検討しましょう。

5-2.購入時の金額は参考になる? 

保証書や購入時のレシートで購入金額がわかる場合、リサイクルショップに伝えておくといいでしょう。参考になる数字はできるだけ明確な方がいいですし、ブランド・商品番号などもわかる方が有利です。

5-3.持ち込み買取と出張買取ではどちらが便利? 

デザイナーズ家具はデリケートな商品です。自分で運搬して傷や汚れがついてしまうリスクが高い持ち込み買取より、専門スタッフが来てくれる出張買取の方が便利でしょう。時間の制約がある場合でも、スケジュールに合う日に来てくれます。

5-4.査定はどのくらい時間がかかる? 

商品によって幅はありますが、サイズが小さいものは10分、大きいものは30分程度かかります。申し込む際に、査定にかかる時間の目安を伝えてもらえますので、参考にしてください。

5-5.1つでも出張買取はできる? 

家具1つでも対応してもらえます。小さな家具でも問題ありません。ただし、壊れているものは買取対象とならず、処分費用が発生することがあります。事前に状態を伝えておきましょう。

6.まとめ

いかがでしたか?デザイナーズ家具は、時代を超えて人々を魅了する美しさと機能を備えた家具です。デザイナーの個性が光る家具で、中古でもほしいという人はたくさんいます。状態がいいものは処分するより、買取でリサイクルすることを考えましょう。捨てるのも費用がかかるため、ニーズがあるものは買取を利用して処分費用をかけずに手放すようにします。デザイナーズ家具の査定額に影響するため、買取実績豊富でブランド買取強化をしているリサイクルショップを選び、高額査定につなげてください。