【決定版】婚礼家具の処分方法に困らない! 和・洋服・整理タンス

婚礼家具の処分を検討されている方は非常に多いでしょう。
事実、インターネットで【婚礼家具】と検索すると、入力候補に【処分】と出ます。一緒に【邪魔】というワードすらも挙がるので、今の住宅状況に婚礼家具は不必要なのかもしれません。家具屋に行けば、使い勝手に優れ、コンパクトな収納家具はたくさんありますからね。
とはいえ、婚礼家具は嫁入りにもらった思い入れのある品です。
処分する方法は人によってさまざまでしょう。
そこで、この記事では婚礼家具の処分方法を一挙にご紹介します。ぜひ、自分のニーズにあった方法を見つけてください。

  1. 婚礼家具に思い入れが深い理由
  2. 婚礼家具を処分するには?
  3. 婚礼家具を買い替える!
  4. 婚礼家具の処分を自分で! 自治体などの回収方法
  5. 婚礼家具をリサイクルに出す!
  6. 婚礼家具の処分を回収業者に頼む場合
  7. 婚礼家具の処分にかんするよくある質問
  8. まとめ

この記事を読むことで、婚礼家具の処分がスムーズに進むでしょう。ですが、方法があることに安心するだけでなく、ぜひ実際に行動へと移してくださいね。

1.婚礼家具に思い入れが深い理由

婚礼家具の処分に迷ってしまう人が多いのはなぜでしょう。この項では、婚礼家具にまつわる説明を書いていきます。

1-1.定義

新婦側の両親が「結納の品」として贈る家具を、婚礼家具と呼びます。
和服・洋服を収納する桐(きり)製のタンスが有名ですが、嫁入りする際に贈られたほかの家具も婚礼家具の仲間に含まれるでしょう。地域によって家具の種類は異なるものの、婚礼家具を購入するしきたりは日本古来の「婚礼の儀」といえます。処分されることを想定せず、家具職人が一生使えるように設計・作成しているのが特徴でしょう。

1-2.種類

和・洋服・整理タンスの3点セットが「婚礼家具」の主流です。ほかにも嫁入りを機に贈った家具はすべて婚礼家具となり、鏡台・ベッド・ソファなど種類はさまざまでしょう。
ですが、婚礼家具は等しく高級品。嫁入り道具という肩書きもあるため、処分することをためらう人が多いです。

1-3.歴史

婚礼家具の歴史は300年です。
日本で最初に「桐タンスの製造技術」を習得した内山円三という人物が、故郷の広島で「府中家具」を設立しました。のちに販売戦略の一つとして、和・洋服・整理タンスの3点セットを「婚礼家具」と銘打って販売し、多くの人に認知されたのが婚礼家具の由来です。

1-4.現状

今でも地域によっては婚礼家具を贈る風習がありますが、実状は平成の始まりまでで、昨今の住宅事情を考えると婚礼家具は必要ないとされています。
収納面では、クローゼットや移動しやすいチェストが市場に出回っていることでしょう。大型家具である婚礼家具は空間を圧迫し、引っ越すときにはなかなか融通が利きません。桐製で衣類の保管には最適なのですが、「部屋の雰囲気に合わない」とインテリアの面でも毛嫌いされがち。確かに、システムキッチンのある家に「桐タンス」は適さないでしょう。
そのため処分を検討する人が増えているのです。