不用なベッドマットレス、捨てませんか? マットレスの処分方法

汚れ・引っ越し・故障のためベッドマットレスを買い替えることがあると思います。新しいものに買い替えると気持ちも一新されて気持ちよい睡眠ライフを送ることができるでしょう。しかし、そんなときに困るのが、古いマットレスの処分方法です。

そこでこの記事では、マットレスの処分方法についてご紹介します。

  1. ベッドマットレスの寿命は?
  2. ベッドマットレスの捨て方と注意点
  3. マットレス処分のエトセトラ
  4. 業者に依頼する際の注意点
  5. まとめ

1.ベッドマットレスの寿命は?

1-1.マットレスにも寿命がある

ベッドマットレスにもさまざまな種類がありますが、長くても10年がマットレスの寿命だと思いましょう。もちろん、使い方や保存方法で使用年数は変わってきます。

1-2.マットレスを使い続けると

人の体は平たんではありません。頭から脚までマットレスに掛かる負担の程度は違います。もちろん、負担が掛かる部分からマットレスはダメになっていくものです。では、こうしたクタクタになったマットレスを使っているとどうなるでしょうか。クタクタになったマットレスを使っていると、へこんだ部分は体を支え切るのが難しくなります。マットレスを使い込むとへこんだ部分とそうでない部分が生まれてしまいバランスが崩れてしまうのです。そのため、体が歪(ゆが)み始め肩こり・腰痛・首など体の節々にダメージを与えます。

1-3.こんなマットレスは処分・交換しよう

マットの中央がへこんでいる・体の跡があるものは買い替え時期です。また、使い過ぎてベッドマットレスのスプリングが背中に当たり出すと処分する時期だと思いましょう。ほかには、寝返りを打つときにきしむ音がすると睡眠の妨げになります。眠っているときに寝返りを打つ回数が増えたときも買い替える目安だと思いましょう。