知らなかった! 扇風機を正しく処分する方法は? お得な捨て方教えます。

夏の暑さ対策と言えばエアコンが主流の現代ですが、扇風機もなくてはならない家電です。エアコンに比べて安い電気代で涼しさを感じることができます。しかし、扇風機が買い替えなどで要らなくなった場合、正しい処分方法をご存じでしょうか? 捨て方がわからず押し入れにしまっている方も多くいるようです。そこでこの記事では、扇風機の処分方法とリサイクルについて解説していきます。さまざまな方法をご紹介しますので、自分に合った捨て方を選択してください。

  1. 扇風機の処分について
  2. 扇風機の処分、自治体の場合
  3. 扇風機の処分、販売業者の引き取りについて
  4. 扇風機の処分、不用品回収業者の場合
  5. 扇風機の処分、リサイクルする場合
  6. 扇風機の処分、業者選びについて
  7. 扇風機の処分に関するよくある質問

要らなくなった扇風機はリサイクルすることで、お得に手間なく処分できます。大掃除や引っ越しにも役立つ情報です。ぜひ目をとおしてみてください。

1.扇風機の処分について

要らなくなった家電の処分で真っ先に思う浮かぶのは、自治体の粗大ゴミ回収ではないでしょうか? 扇風機の処分についてご案内します。

1-1.扇風機は不燃ゴミ? 粗大ゴミ?

扇風機は粗大ゴミです。粗大ゴミとは日常生活に伴い不要となった指定ゴミ袋に入らないゴミのことを言います。粗大ゴミにパソコンや特定家庭用機器は含まれません。特定家庭用機器とは家電リサイクル法対象製品のことです。エアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫などの家電リサイクル法対象製品は、自治体では回収していません。各自治体により粗大ゴミの定義は若干異なります。収集できない品目があるため、注意してください。まずはお住まいの地域の自治体ホームページなどで確認してみましょう。

1-1-1.小型家電として無料回収する自治体もある

自治体によっては扇風機を小型家電として無料回収するところもあります。現在、日本ではゴミの減量化やリサイクルを促進する動きが活発です。各自治体が事業者と連携し、小型家電をリサイクルしようとする取り組みが積極的に行われています。コンセントや電池で動く家電製品を小型家電と指定しているところが多いです。小型家電のリサイクルに取り組む自治体では、扇風機を無料で回収してくれます。

1-2.業務用、大型扇風機の処分について

業務用の扇風機は自治体では回収していません。事務所や店舗からでたゴミは、量や大きさに関係なく事業者の責任で処分しなければならないのです。業務用扇風機を処分したい場合、自ら処理施設に持ち込むか、自治体の許可を得ている収集業者へ回収してもらう方法をとりましょう。事業系ゴミの分け方・出し方についても各自治体のホームページに記載しています。確認してみてください。