家具を高く売るコツとは?出張買取を利用してお得に買取処分しよう!


「要らなくなった家具を売りたい!」
「家具を売却したいけど運べない」
「家具の買取依頼をしたけど断られた…」
あなたは、このようなお悩みを抱えていませんか?一般的に家具は、買取の難しい品物です。リサイクルショップでは、買取してもらえないことも多いでしょう。”買取査定してもらったけど買取を断られてしまった”というあなた!あなたは、業者の選び方を間違えた可能性があります。家具を買取してもらうにはコツがあるのです。そこでこの記事では、家具を確実に買取・回収してもらう方法をお伝えします。

  1. 家具の買取について
  2. 家具の買取方法とは?
  3. 特殊な家具の買取について
  4. 家具の買取業者を選ぶポイント
  5. 家具買取でよくある質問

この記事を読むことで、”家具の買取を依頼するにはどうすればいいか?”がわかります。
家具を少しでも高く売るポイントは必見です。家具を売りたくて困っている方はぜひチェックしてみてくださいね。

1.家具の買取について

家具の買取にどのようなメリットがあるのでしょうか?詳しくご紹介します。

1-1.家具の処分は大変!

自治体の粗大ごみ回収を利用する

家具の処分といえば、多くの方が自治体の粗大ごみ回収を思い浮かべるのではないでしょうか?自治体の粗大ごみ回収はもちろん、買取ではありません。お金を払って処分してもらう方法です。自治体の粗大ごみ回収は、指定された場所まで自分で家具を運搬しなければなりません。処分する家具が大型の場合非常に大変です。女性や高齢者では、搬出できないことも多いでしょう。また、引き取り日時や時間の指定もできません。忙しい人にも利用しづらい処分方法です。

ネットオークションで売却する?

最近では、不用品をネットオークションに出品する人も増えてきました。スマートフォンのアプリを使えば、簡単に出品できます。要らなくなった家具も、手軽に出品できるため、オークションで売却するのも1つの手でしょう。ただし、ネットオークションでは、家具の落札率が非常に低いと言われています。理由は、ソファーやベッド・タンスなどの家具は、送料が高くなるからです。運送会社の引っ越し便などを利用することも多く、1個につき1万円以上の送料がかかることもあるでしょう。 オークションのユーザーは、1万円以上の送料を支払うくらいなら、新品で購入したほうがいいと思うのです。また、大型家具のこん包は、運搬中に傷が付かないよう十分注意して行わなければなりません。こん包資材の調達や、運送会社の手配など非常に手間がかかります。

引っ越し業者に処分してもらう?

家具の処分を考えるタイミングで多いのは、引っ越しです。引っ越し業者では、不要になった家具を処分するサービスを行っています。しかし、処分費用が引っ越し料金に上乗せされることもあり、あまりオススメできません。最近では、買取を行う引っ越し業者も増えてきましたよね。引っ越し業者の専門はあくまでも引っ越しのため、家具の価値を正しく判断して買取するわけではありません。「まとめて〇〇円」と言うようにざっくりとした金額で提示してくることも多いのです。家具の買取を希望する場合は、引っ越し業者ではなく、家具の価値を判断できる業者に依頼すべきでしょう。

1-2. 処分に困る大型家具とは?

持ち運びできる小さな家具なら、処分もさほど困りません。しかし、ソファーやタンス・ベッド・マットレスなどの大型家具は、処分方法に困ってしまいますよね。運搬するにも、労力が必要です。大型家具の処分には、料金もかかります。お金を払い、労力を使って処分しなければならないものなのです。自治体によっては、回収・処分できる品目にも制限があります。処分ルールも地域で異なるため、解体が必要なケースもあるでしょう。そこで、家具の処分をお考えの方にオススメの方法が”家具の買取”です。

1-3.家具の処分は買取が便利

家具の買取を依頼するメリットをご紹介しましょう。

  • 要らなくなった家具をお金に換えることができる
  • 家具を搬出・運搬する必要がない
  • お金をかけずに処分できる
  • 家具のこん包も必要なし
  • 好きな時間に査定と回収に来てもらえる

処分にお金がかかるはずだった家具も、買取なら、お金を得てタダで処分することも可能です。自宅まで査定や回収に来てくれる業者を選ぶことで、搬出や運搬の必要もありません。手間や時間がかからず、便利なサービスです。

1-4.買取依頼できるもの・できないもの

便利な家具の買取ですが、どんな家具でも買取してもらえるのでしょうか?家具の買取依頼は、基本的にどんな家具でも依頼できます。しかし、実際に買取してもらえるかどうかは、査定しだいなのです。有名なデザイナー家具や人気ブランドの家具は、中古でも需要があることから買取してもらえる可能性は高いでしょう。ノーブランドでも、状態が良ければ買取してもらえます。また、依頼する業者によって査定ポイントも異なるでしょう。通販で購入した組み立て式の家具は、素人が組み立てたものです。業者や”もの”によっては買取してもらえないこともあるでしょう。ただし、IKEAの家具は、中古の需要もあるため売れる場合もあります。

1-5.古い家具や傷のある家具は?

買取可能かどうかの1つの目安は、家具を購入して何年経(た)っているかというところです。一般的に家具は、購入して10年以上経(た)っていると買取は難しいと言われています。古くて状態の悪い家具は、買取しても再販ができません。再販できなければ業者が赤字になってしまうため買取不可になるケースが多いでしょう。ただし、アンティーク家具は、年数より状態が重要視されます。

2.家具の買取方法とは?

2-1.家具を買取してくれるところ

家具を買取する業者は、リサイクルショップと不用品回収業者です。最近は、要らなくなった不用品を買取するサービスを行う業者が増え、不用品回収業者に依頼する人が急増中しています。リサイクルショップの買い取り出張査定は、大型家具が対象です。リサイクルショップは大型家具以外は基本的に持ち込み査定という姿勢を取っています。さらに、リサイクルショップの査定で、買取不可となった家具は持ち帰らなくてはなりません。そこで、需要が高まっているのが、不用品回収業者のサービスです。不用品回収業者なら、買取できなかった家具の処分も依頼することができます。

2-2.よくある家具の買取相場

家具の買取相場って気になりませんか? 自宅にある家具が一体いくらで買い取ってもらえるかは、家具の状態やメーカー、ブランドにより異なります。 以下を参考にしてみてください。

  • タンス・キャビネット 500円~
  • 有名ブランド家具 1000円~
  • 高級メーカー家具 1000円~数万円
  • ソファー 1000円~
  • 衣装ケース 500円~
  • タンスケース 500円~
  • ダイニングセット 1000円~
  • ベッド 0円~
  • マットレス 0円~

基本的に、業者が欲しいと思う商品は高額で買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。業者が欲しいと思う理由は”リセールできるかどうか?”です。ですから、”ずっと使ってなかったのに高く売れた!”ということも珍しくありません。逆に、”高かったのにこれだけ?”と思うこともあるでしょう。しかし、家具は本来処分にお金がかかるものです。わずかな金額でも引き取ってもらった方が断然お得だと思いませんか?ご自宅に買取希望の家具があれば、試しに査定してもらいましょう。

2-3.買取査定ってどんなことするの?

買取査定は、商品のブランドや状態、傷がないか?を確認します。インターネットを使い相場や人気・新品価格を検索する業者も多いです。”今、リセールしたらいくらになるか”を計算して、査定していきます。使用上の問題がないか・製造年月日なども重要です。また、家具を引き上げる際の人件費も計算しています。

2-4.こんな家具は高く売れます!

高く売れやすい家具とは?

  • 新品・未使用
  • 組み立て家具ではないもの
  • 購入価格が高い家具
  • 使用頻度が低く、状態がいいもの
  • 汚れや傷がなく、購入して5年以内
  • 大手家具販売店のもの(大塚家具・アクタス・コンラン・フランフランなど)
  • 高級ブランド(カッシーナ・デセーデ・カリモク家具・KINDELなど)
  • 伝統的な木工家具
  • アンティーク家具
  • 付属品が揃(そろ)っている

高額査定のポイント

家具を少しでも高く買取してもらうコツは、できるだけ家具をキレイな状態にしておくことが大切です。汚れやほこりはふき取り、部屋は片付けておくといいでしょう。散らかっている部屋にある家具は査定価格が低くなることもあります。注意してください。また、買取査定でも触れたように、査定をするポイントには、家具を搬出する際の人件費も含まれています。もし男手がいるご家庭なら運搬を手伝うと買取価格も高くなるでしょう。小さなものでもいいので、不用品はまとめて依頼してください。回収する不用品が多いほど、買取価格が高くなる可能性があります。

2-5.家具の回収方法

家具の販売店で”古い家具を引き取ります”と書かれたのぼりを目にしたことはありませんか?販売店が行う家具の引き取りは、販売店で新品の家具を購入した際に適用されるサービスです。購入する家具と同じ数・大きさ・種類など条件があり、引き取り家具が限られています。家具が多い・新品で購入する予定がない方は、利用できないサービスです。

2-6.家具の買取で注意したいこと

近年、全国の国民消費生活センターでは、家具の買取・回収にかんする相談が急増中です。中でも、悪質な業者による押し買いによる相談が多く報告されています。押し買いとは、売る予定のないものを無理やり買取することです。業者の強引な営業に負けてしまい、必要なものまで破格の値段で手渡してしまうといったトラブルに巻き込まれてしまいます。”不用品を無料で引き取ります”と飛び込みで営業をかけてくる業者、トラック1台で回る業者には注意しましょう。

3.特殊例の家具買取について

3-1.遺品整理と家具買取について

家具の買取は、遺品整理でも活用できます。遺品整理は、体力・精神面での負担が大きく、”どこから手を付けていいかわからない”というお悩みを抱えている方が多いでしょう。そこで、利用したいのが不用品回収業者による遺品整理のサービスです。不用品回収業者が請け負う遺品整理のサービスは、遺品の片付け・仕分け・清掃・不用品の処分や買取になります。遺品を一つ一つ、仕分けし片付けてくれるのです。片付けから処分まで一貫して行うため、手間と労力がかかりません。また、遺族の精神的負担も軽減されます。もちろん、遺品整理で出た不用品処分・買取だけの依頼も可能です。買取してもらえれば、遺品整理の費用や不用品の処分費用を買取価格と相殺することもできます。遺品整理で困っている方は、ぜひ業者に依頼してみてはいかがでしょうか?

3-2.オフィスや学校の家具はどうする?

オフィスや学校で不要になった、オフィス家具・デスク・イスの処分も不用品回収業者の買取を利用しましょう。要らなくなったものを買取りしてもらうだけで経費節減にもつながります。不用品回収業者が大型トラックで駆けつけてくれるため、数が多くてもまとめて処分可能です。家具だけではなく事務機具やOA機器などの買取も依頼できます。

3-3.引っ越しで不要になった家具の処分は…

引っ越しで不要になった家具を買取してもらう場合、引っ越し業者に依頼すると、二束三文で買い取られるケースも多いです。引っ越し業者は、不用品の買取専門業者ではありません。買取は、不用品回収業者やリサイクルショップへ依頼するようにしましょう。引っ越しシーズンは、業者も混雑するため引っ越しが決まった時点で早めに予約を入れておくといいでしょう。少しでも買取価格を上げるため、家具や処分したい不用品はまとめて買取依頼してください。

3-4.アンティーク家具の買取について

アンティーク家具の中でも人気があるのは、フランスやイギリス・イタリアなどヨーロッパで作られた家具です。アメリカのヴィンテージ家具も人気があります。アンティーク家具は、ホテルや飲食店・アパレルショップのインテリアとして使われることも多いです。中古市場でも、常に需要の高い家具と言えます。アンティーク家具の買取は、適正な価格で買取してもらうためにも家具専門のリサイクルショップやアンティークショップで査定してもらいましょう。アンティーク家具の買取を強化している不用品回収業者に依頼するのもオススメです。

4.家具の買取業者を選ぶポイント

4-1.こんな場合は不用品回収業者に依頼しよう!

  • 重たくて運べない
  • 大型家具
  • 捨てるのが惜しい家具
  • 状態がよくまだ使える
  • 時間も手間もかけたくない
  • お金をかけずに処分したい
  • 処分方法がわからない
  • 片付けも一緒にやってほしい
  • 処分したい家具がたくさんある

上記のような理由で家具の処分にお困りの方は、不用品回収業者の買取サービスを利用しましょう。不用品回収業者に依頼すれば、搬出や運搬の必要はありません。女性や高齢者・時間のないビジネスマンにもオススメのサービスです。買取と回収を同時に行うため、買取できなかった家具の処分も依頼できます。家具に限らず、家の不用品もまとめて回収可能です。

4-2.買取業者を選ぶポイント

自治体の許可を得ている業者

一般家庭から出る不用品を回収・買取するには、自治体の許可が必要です。自治体の許可を得ているか確認する方法は、業者のホームページでできます。会社概要の部分に古物商許可番号や産業廃棄物収集運搬業の取得許可番号が記載されているはずです。ホームページで確認できなかった場合は、直接電話で聞いてみましょう。許可のない業者に依頼すると、不法投棄などのトラブルに遭う恐れがあります。必ずチェックしてください。

地域に根付いた業者を選ぼう

最近では、不用品回収業に新規参入する業者が増えています。携帯電話1本で何でも屋として営業する業者も少なくありません。トラブルなく、満足のいくサービスを受けるためにも地域に根付いた業者を選ぶと間違いないでしょう。 地域に根付くと言うことは、きちんとした営業を行っている証拠になります。 経験豊富な業者を選べば、買取回収もスムーズです。 回収・買取事例などが掲載されている業者は期待できるでしょう。

出張費・査定・見積もり無料

買取・回収を依頼する際には、出張費・見積もりが無料の業者を選んでください。依頼するかもわからないうちから料金がかかる業者は要注意です。トラブルに巻き込まれないようにするためにも、事前に確認しておきましょう。また、見積書や領収書・買取商品の明細は必ず取るようにしてください。

買取に力を入れている業者

不用品回収業者の中には、家具の買取に消極的なところも多いです。また、リサイクルショップでは、取扱品目以外の品物は値段が付かないこともあります。使わなくなった家具を確実に買取してもらうためにも、買取に力を入れている業者を選びましょう。業者のホームページには、買取品目や買取ポイントを掲載しているところがあります。詳しく記載のある業者に査定を依頼すれば、高価買取も期待できるでしょう。

4-3.買取査定と買取金額について

家具の買取査定では、使用年数より定価が重視されます。あらかじめ、購入価格を調べておくとスムーズです。面倒な方は、業者がその場でインターネットを使い検索します。家具だけではなく食器も買取可能です。複数のものを査定してもらうほうが、高値で取り引きできます。ぜひ家の不用品をまとめて依頼しましょう。

4-4.申し込み方法と買取までの流れ

業者へ依頼する手順をご案内します。

  1. 業者を選ぶ
  2. 電話で依頼する
    ホームページから受け付けている業者もあります。電話の方が早いです。
  3. 見積もり・査定日の打ち合わせ
    自宅に来てほしい日時を業者と打ち合わせします。早ければ即日可能な場合もあるでしょう。
  4. 見積もり・査定
    自宅に来て、買取希望の品物を見てもらいます。査定時間は個数にもよりますが、10分から30分程度です。複数個ある場合は、査定金額に納得したものだけ買取依頼します。値段が付かなかったものの処分についても相談しましょう。
  5. 回収・買取・搬出
    見積もりや査定額に納得した品物を搬出・トラックへ積み込みします。買取の支払いは現金払いです。最後に領収書や買取書にサインして、作業終了となります。

4-6.買取を依頼するとき注意したいこと

買取業者の中には、無料・高価買取を謳(うた)いながら、トラックで回る所在不明な業者が存在します。所在地が不明・携帯電話だけの業者は、トラブルが起こったあと連絡が取れなくなることもあるでしょう。”トラックへ積み込み後、別途料金を請求する””買取金額をその場で支払わない”などのトラブルも多く報告されています。買取業者とのトラブルを避けるには、飛び込み営業で回ってくる業者を避けることです。ホームページにしっかりと所在地を記載している業者を選びましょう。

5.家具の買取でよくある質問

5-1.家具の買取を急いでいます。電話で査定してもらうことは可能ですか?

家具の買取は現物を見て判断することが大前提です。細かい傷や状態が確認できないため、電話での査定は難しいでしょう。ある程度のざっくりとした金額は出せることもあります。実際の買取価格は実物を見て判断することになるでしょう。

5-2.厨房(ちゅうぼう)機具や店舗用品・店舗で使っていた家具も買取依頼できますか?

もちろん、買取依頼可能です。中古新品問わず、買取してもらえるでしょう。厨房(ちゅうぼう)機具・店舗用品の買取を行う業者へ相談しましょう。

5-3.買取や引き取りの情報を周りに知られたくありません。どのような対応が可能ですか?

不用品回収業者には、深夜や早朝など人目に付かない時間帯での作業を依頼できます。秘密厳守で、社名の入っていないトラックや私服で作業にあたってくれるでしょう。ぜひ、業者へご相談ください。

5-4.家具以外ではどんなものが買取可能でしょうか?

業者にもよりますが、照明・生活家電・AV機器・デザイン家電・オーディオ機器・楽器・美容機器・ブランド品・食器などが買取可能です。事務所・店舗のOA機器・レジや発売機・厨房(ちゅうぼう)機器も買取依頼できます。ぜひ、不用品回収業者へご相談ください。

5-5.作業中、家に傷が付く、家財道具が破損するということはありませんか?

不用品回収業者も家具を運ぶプロです。しかし、きちんとした業者は、万が一のことも考え、損害保険に加入しています。とはいえ、ほかの家具や壁などを傷つけないよう慎重に作業を行うはずです。損害が出た部分は保険で補償されますので安心してください。

6.まとめ

いかがでしたか?この記事では、家具の買取についてご紹介しました。家具は普通に処分すれば時間とお金と手間がかかります。要らなくなった家具は、買取してもらう方法が一番楽な処分方法です。新しい家具や人気ブランドの家具は高額で買取してもらえる可能性があるでしょう。不用品回収業者の行う買取サービスは、遺品整理や引っ越し・アンティーク家具の買取にも対応可能です。”処分したいけど重たくて運べない””不要な家具がたくさんある”などでお困りの方は、不用品回収業者を活用し買取してもらいましょう。買取された家具は、リセールされます。要らなくなった家具も破棄されることなく、必要な人の手に渡るため環境にも優しく手放しがいのある処分方法です。不用品や家具を何とかしたいと思っている方はぜひ、不用品業者の買取サービスを活用してみてください。