ごみ屋敷を平和的に片付ける!片付けられない症候群からの脱却

年々増加傾向にあるごみ屋敷。部屋を片付けられない人や、高齢になって体が動かない人の部屋は、ごみだらけになってしまう傾向にあります。そのため、今ではごみ屋敷を掃除する業者が必要になるのです。この記事では、ごみ屋敷についてまとめました。

  1. ごみ屋敷問題とは
  2. ごみ屋敷への対応策
  3. 片付けられない症候群と遺品整理
  4. ごみ屋敷のさまざまな片付け方
  5. ごみ屋敷問題のトラブル
  6. もしかして私も「片付けられない症候群」?
  7. ごみ屋敷片付けの業者選び
  8. まとめ

この記事をチェックすれば、ごみ屋敷を簡単に解決する方法が見つかります。

1.ごみ屋敷問題とは

1-1.なぜ発生するのか

部屋がごみ屋敷になるのは、心理的にストレスを受けていることが多いものです。仕事やプライベートでつらいことがあると部屋も汚れます。特に、ためこむクセがある人はごみ屋敷になりやすいと思いましょう。

1-2.ごみ屋敷問題が増える背景

ごみ屋敷は、年々増加傾向にあります。その原因の1つが高齢社会です。高齢になって体を動かせいと部屋が汚くなります。また、独居老人は寂しくなってものをためこむ傾向があるので注意しましょう。
現代では高齢者だけでなく、ものを片付けられない人も増えている現状があるのです。

1-3.深刻化するごみ屋敷問題

ごみ屋敷は、さまざまなトラブルを招きます。異臭や建物の老朽化につながり、賃貸オーナーや近隣住民に迷惑を掛けるのです。ひどい場合は、火災などにもつながります。
ごみ屋敷問題は、処理する人がいなくなる点も問題となっているのです。独居老人の部屋がごみ屋敷だとしましょう。その方が亡くなってしまうと誰も掃除する人がいません。その費用はオーナーや国が負担することになるのです。